「ベントラーベントラー」全3巻―ゆるい宇宙人コメディSF、からの衝撃の最終回

この記事は約4分で読めます。

一般社会に宇宙人が溶け込んだ世界。日常で起こる宇宙人絡みのトラブルをコミカルに描く、野村亮馬さんのコメディSF「ベントラーベントラー」。ゆるい笑いが魅力なのですが、最終回がなかなか衝撃的。記憶に残るSF漫画です。

1巻表紙の左側にいる女の子が、主人公・すみちゃん。やや後ろにいる怪しい生物が、本作の中心人物といっても過言ではない宇宙人・クタムくん。2008~2010年の連載で、全3巻完結済みです。

「ベントラーベントラー」レビュー

あらすじ

外星人(=宇宙人)の存在が一般化した世界。日本の首都圏民営警察外星生物警備課では、「ベントラーベントラー」(「地球外より侵入した生物及び漂着物に対する処遇を在地球外星人に仰げ」の隠語)の方針のもと、外星人に関する諸処のトラブルにあたる。

その外星警備課にて課長・三田、先輩・市河とともに働く牧原澄子(通称・すみちゃん)は、外星からの無人探査機の処理に関して、地球在住の外星人・クタムに協力を要請することに。認識票を追って彼を探すと、当のクタムは新宿のカレー屋でインド人に日本語を教えていた…。

ベントラーベントラー(1) (アフタヌーンコミックス)野村亮馬:講談社

ゆるい笑いの宇宙人コメディSF

…そんな感じで出会いを果たしたすみちゃんとクタム君。以降「ベントラーベントラー」では、外星人が絡んだ不思議な出来事に二人が関わっていく様子が描かれるのですが、その掛け合いに思わず笑いがこぼれます。

その笑いの大きな部分を占めているのが、クタム君。数カ国後を習得し漢字もかけるという高度な知能を有し、電波通信が「見え」たりする特殊技能も持つ、明らかに人類より優れた存在。

が、やたらボケたりすみちゃんをからかったり、見た目や知能に反する飄々とした軽さで、人間以上に人間くさい性質を持つ不思議な宇宙人。なんだか小憎たらしいんだけど(笑)、読んでいると憎めなくなってくるのが不思議。

そんなクタム君の相手をもっぱら務めるのが、外星課いちばんの若手であるすみちゃん。上司である三田にいいように使われつつも、持ち前のあっけらかんとした動じない性格で、なんだかんだいってクタム君といいコンビに。すっとぼけたクタム君と、彼を「カニ野郎」と罵るすみちゃんの軽妙なやり取りが、実におもしろい。

背景にある本格的なSF観

その笑いの背景に本格的なSF観が横たわっているのが、「ベントラーベントラー」の侮れないところ。随所に描かれるSF要素が、本作をきっちりSF漫画にしています。

異星の探査機の前で記念写真を撮った双子の一人が、その個体情報を知らずにコピー・復元され、研究ののちに地球へ還されて「三番目の双子」となってしまう事件の顛末を描く「世田谷トリプレッツ」(1巻収録)。

2万メートル上空に浮かぶ謎の浮遊物の影響により、直下にある東京湾周辺の重力が8分の1Gに。軽いパニック状態に…ではなく、軽いお祭り状態になってしまう出来事を描く「低重力災害警報」(2巻収録)。

宇宙人と交戦状態に入った世界線で、兵士として戦車に乗る「墨子」となってしまったことに気づくすみちゃん。そもそもの原因は外星漂流物の調査にあったようなのだが…「澄子と墨子」(3巻収録)。

などなど、作者・野村亮馬さんの持つ豊富なSF知識と描写力があってこそのSFコメディ。しかしそのSF観をくどくなり過ぎない加減でサラリと描いているのが、何ともウマイ。SF上級者から初心者まで、幅広く楽しめるつくりです。

驚愕の最終回

本格的SF描写のもとにゆるい笑いを展開するという絶妙な味わいを持つ「ベントラーベントラー」。最終3巻を読みながらゆる~い感じでチャンチャン♪なエンドを迎えるのかと思いきや…なんと最終2話で衝撃の展開が!

最終回のひとつ手前、第20回「処理係と睡眠者(スイーパーとスリーパー)」で、故郷への帰還を匂わすクタム君。一方のすみちゃんは外星課としての本分をまっとう中。が、そのすみちゃんに「ある異変」が!

…本ブログは基本ネタバレはしないので、その詳細は割愛(ネタバレ無しで読んでいただきたいし)。この続きはぜひ、本編でお楽しみください。個人的な感想を書くとすれば、このラスト2話で「ベントラーベントラー」は自分の中で忘れられないSF作品となりました。すみちゃんとクタム君のキャラクターが遺憾なく発揮された良いラストです。

描き下ろしも秀逸なSF

インパクトのある最終話で、本編はひとまず終わり。しかし3巻には描き下ろしの短編「夢みる人造人間」を収録。これがまた味わいのあるSF短編。主人公は2巻から登場した女性型人造人間・セルマ。

2巻カバー左の人物がセルマ。外星人にある目的を持って造られた彼女の劇中でのミッションは、どこにいるかわらからない造物主に会い、新たな任務を指示してもらうこと。地球人とは違う価値観から生まれる独特な行動理論がユニークなキャラクターなのですが、「ベントラーベントラー」本編ではいつの間にかドロップアウト。

「夢みる人造人間」は、気になっていたセルマの「その後」が。ボロボロの宇宙船で地球を脱出した彼女は、旅の果てについに…?というお話。外星人たちの、人間とは異なる価値観・倫理観をもとに描かれる物語は、実に独特な読後感。奇妙で充実したSFストーリーを味あわせてくれます。

まとめ

以上、野村亮馬さんの「ベントラーベントラー」全3巻のレビューでした。全3巻というコンパクトな物語ですが、衝撃的な展開を見せるラストで、記憶に残るSF作品となりました。すみちゃんとクタム君の軽妙な会話(ボケ+ツッコミとも言う)もクセになる味わいです。

野村亮馬さんは本作ののち全2巻完結の「キヌ六」、現在自主レーベルより刊行中の「第三惑星用心棒」など、魅力的なSF漫画を発表されています。どれから読んでもおもしろいので、ぜひその世界観に触れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました