「第三惑星用心棒」1巻―歌うアンドロイドは陽気な用心棒

これはバツグンにおもしろいSF漫画だ…!

29世紀の地球で「用心棒」として活躍する女性型アンドロイドを描く、野村亮馬さんの「第三惑星用心棒」1巻を読みました。

作者の野村亮馬さんは「ベントラーベントラー」などのSF漫画を、講談社で連載・出版していますが、本作は自主制作漫画レーベル「馬頭図書」によるインディーズ漫画での刊行。全編フルカラーです。

「第三惑星用心棒」は、現在はAmazonのKindle版のみが配信されているようです。

MATOW BOOKS
自主制作漫画レーベル「馬頭図書」のページです。既刊「インコンニウスの城砦」「第三惑星用心棒」(いずれもキンドル出版)

↑馬頭図書のWebサイトはこちら。

スポンサーリンク

「第三惑星用心棒」1巻レビュー

世界観

「第三惑星用心棒」の舞台は西暦2882年、すでに人類の中心地ではなくなり、無政府・無国境状態の地球。

そこでは過去の世紀に紛争に投入された自動操縦のロボットたちが、「迷走兵器=ロストボーイズ」として闊歩。地球に居住する数少ない人間たちの障害となっていた。

それらを量子コンピューター「中央幹事=セントラル・コーディネーター」の命を受けて処理するのが、「用心棒=バウンサー」と呼ばれるロボットたち。

「指示動物=ポインターズ」という人造動物とコンビを組み、迷走兵器を無力化するために世界を飛び回る…というのが主な世界観です。

バウンサー・エルシー

やや殺伐としつつも牧歌的な29世紀。主人公として活躍するのは、ルナコントロールズ社製のアンドロイド・LC610C8、通称「エルシー」(「LC」だから、エルシーね)。

もともとは27世紀に月面で接客業に就いていた、女性型コンパニオン・ロボットである彼女(※本作ではロボットとアンドロイドに厳密な区別は無いよう)。

野村亮馬「第三惑星用心棒」
[野村亮馬 著 馬頭図書「第三惑星用心棒」1巻より引用]

移動は自転車、トラベルギターでの弾き語りが大好きという、一風変わったアンドロイド。オニオオハシ型のポインターズ・タミーとともに、中央幹事の指令によりロストボーイズに相対します。

なお「第三惑星用心棒」の世界では、エルシー以外にも複数のバウンサーが活動。その容姿はエルシーのような人間型とは限らず、ロボット兵士型・自走戦車型など形態はさまざまです。

陽気な用心棒と迫力のアクション

本作の魅力は、何と行っても主人公のアンドロイド・エルシーのキャラクター。

ロストボーイズの処理において過酷な戦闘を行う、という存在ながら、コンパニオン型のロボットという前身ゆえか、人々を明るく楽しませようとする存在。

野村亮馬「第三惑星用心棒」
[野村亮馬 著 馬頭図書「第三惑星用心棒」1巻より引用]

相棒のタミーとともに自転車で荒野を走り、出会った人からは曲のリクエストを受けてギターをかき鳴らす。ユーモアを持ち、常に笑顔を絶やさないその姿。見ているとついつい、口角が上がってくるような。

ちなみに高性能なアンドロイドである彼女。ひとつ苦手なものがあるのですが、それは本編を読んでお確かめください。

しかしエルシーが行う戦闘。日常の彼女の陽気さとはうって変わって、予想外にハード。

コントロールを失ったロストボーイからの、容赦ない攻撃。防御用のヘルメットを被った彼女は愛車を駆り、対象への接近を試みます。

野村亮馬「第三惑星用心棒」
[野村亮馬 著 馬頭図書「第三惑星用心棒」1巻より引用]

その姿、どことなく「究極超人あ~る」を彷彿とさせるおかしみもあるのですが、スピーディに展開される迫力のアクションに思わず引き込まれていきます。

青々とした世界で垣間見える、陽気なエルシーと戦闘中のエルシーのギャップ。「第三惑星用心棒」ならではのおもしろさです。

SF世界の提示がウマイ

そして本作のもう一つの魅力は、骨太なSF設定なのですが、それを最小限の説明で独特のSF世界を提示する、野村亮馬さんの手腕がスゴイ。

SF漫画って、作品によっては設定が複雑すぎるがゆえに、世界観への理解が追いつかない時があります。

しかし野村亮馬さんは、ストーリーやキャラクターのセリフの中にキーワードをさり気なく忍ばせることによって、エンターテインメントとしての物語のテンポを崩すことなく読者に独自の世界観を理解させるのが、実にウマイ。

氏のファンタジー作品「インコンニウスの城砦」を読んだ時も感じたのですが、物語を進めていくと自然にその方向性が見えてくるつくり。


[野村亮馬 著 馬頭図書「第三惑星用心棒」1巻より引用]

漫画としてのおもしろさを損なわず、それでいてSF世界の奥行きも含ませている。読んでいて感じるSF作品の醍醐味に、「楽しい!」と思わずにはいられません。

本作はSFということで、やはりキャラクターの設定や背景には複雑なものがあるのですが、それらは各話の終わりにあるオマケ的な補足説明で理解できるのも、わかりやすいです。

まとめ

以上、野村亮馬さんのSF漫画「第三惑星用心棒」1巻のレビューでした。

インディーズ作品ということで、一般商業誌とは一味ちがう、独特の雰囲気を持つ漫画。しかし読んでいくと、その世界の虜に。そしてエルシーの次なる活躍が待ち遠しくなる、魅力的な作品です。

なお記事作成現在、本作は「Kindle Unlimited」の読み放題対象となっています。

Kindle Unlimited公式へ>>

先述の「インコンニウスの城砦」も同じく読み放題対象。Kindle Unlimitedは初回30日間は無料で読めるので、他の漫画と一緒にお得に読みたいという方はこちらをどうぞ。もちろん単行本の購入もオススメです。

※Kindle Unlimitedの対象は都度変更される場合があります。ご利用の際は本作が対象になっているかどうかご確認ください。

コメント