「マンガ好きのためのマンガ家インタビュー集」―漫画ファンなら読んでおきたい一冊

「また、天才に会ってしまった…」

そんな帯が印象的な漫画読本がこちら、「マンガ好きのためのマンガ家インタビュー集」というド直球なタイトルの本。一迅社より2017年7月1日に刊行されました。

表紙は「それでも町は廻っている」の石黒正数さん。赤い背景と漫画風イラスト、そしてフキダシをあしらったタイトル。このカバー、好きだなぁ。そして「マンガ好きのための…」と言われては買わないわけにはいかない!と思ってしまうのが漫画好きの性。見事(?)お買上げと相成りました。

スポンサーリンク

概要

一迅社「マンガ好きのためのマンガ家インタビュー集」は、同社より隔月刊行の雑誌「Febri(フェブリ)」に掲載のマンガ家ロングインタビュー企画を一冊の書籍にまとめたものです。

隔月刊にてお送りいたします!偶数月10日発売予定です!!

インタビューが掲載されている漫画家さんは下記の通り。

  • 石黒正数
  • 沙村広明
  • 施川ユウキ
  • 結城心一
  • 石川雅之
  • 岩原裕二
  • 弐瓶勉
  • ゆうきまさみ
  • 星野リリィ
  • 鈴木央
  • 木尾士目
  • 藤田和日郎
  • 久米田康治
  • 椎名高志
  • 赤松健
  • 高河ゆん

以上16名、掲載順で敬称略。最後の高河ゆんさんへのインタビューのみ、書籍化にあたっての録り下ろしです。

各項は作家さんへのインタビュー、代表作のレビュー(数点)、BIBLIOGRAPHY(年度別の発表作リスト)という構成になっています。

感想

まずは石黒正数さんのインタビューから読みます。インタビューは「それ町」が完結していない時のもの(Febri2013年4月10号掲載)。「それ町」「ネムルバカ」「外天楼」などの人気作品の成り立ちや、「それ町」のスタイルで影響を受けた人、どうやってトリックを思いつくのか、などなど。ファンならば気になる内容ばかり。興味深く読めました。

続いて沙村広明さんのインタビュー。「無限の住人」完結後のインタビュー。うんうん、なるほどなるほど…。と読み進めてはたと気づく。

「これは漫画家さんの作品を知っていた方が楽しく読めるのでは…?」

というのはどのインタビューもベテラン作家さんへのそれなので、どうしてもキャリアと手がけられた漫画を多少なりとも知っていた方がより理解が深まっておもしろい。

これは本書に対する批判ではなく、むしろそれだけ資料価値が高い、ということだと個人的には思います。なのでその作品を読んだことのある漫画家さんのインタビューだけ読み、それ以外のインタビューは後のお楽しみに取っておくことにしました。うん、なんかその方が楽しい(笑)。

もちろんそんなの気にしないぜ!知らない作家さんのインタビューもガンガン読むぜ!でもOK。本の読み方は自由だ!ちなみにプロのライターによる各漫画家さんの作品レビューが実に読ませる内容で、これもまた価値のある文章。うーん、こんなレビューを書いてみたい。

というわけで一部未読ではありますが「マンガ好きのためのマンガ家インタビュー集」の感想。タイトル通り「マンガ好き」なら手元に置いておきたい一冊です。読んだ中では石黒正数さんのインタビューがおもしろかったですね。歩鳥と紺先輩、そして他の作品との関連性など。ファンとして満足のインタビュー内容でした。

Febri本誌ではロングインタビューは引き続き連載されているよう(本記事作成時の最新号ではいくえみ綾さんへのインタビュー)なので、そのうち第二弾が刊行されるのでしょうか。楽しみですが、その時までには本書を全部読んでおきたいと思います。がんばって漫画読もう。

漫画データ
タイトル:マンガ好きのためのマンガ家インタビュー集著者:出版社:一迅社発行日:2017-07-01
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする