SF漫画「AIの遺電子」―ヒューマノイドはバラ色の夢を見るか

山田胡瓜さんのSF漫画「AIの遺電子」1~6巻までを読みました。タイトルの「AI」は「エーアイ」ではなく「アイ」と読みます。

連載は週間少年チャンピオンで、作者の山田胡瓜さんはIT記者から漫画家になられたという異色の作家さん。「AIの遺電子」以前に「バイナリ畑でつかまえて」を発表されています。

【漫画】山田胡瓜「バイナリ畑でつかまえて」全話感想

↑弊ブログの紹介記事はこちら。

スポンサーリンク

概要

「AIの遺電子」は、国民の1割が外見は人間、頭脳はAIの「ヒューマノイド」と共に暮らす世界が舞台。基本一話完結形式のSF漫画です。

メインキャラクターは人間の医師・須堂光と、それをサポートするヒューマノイドの看護士・リサ。須堂は人間やAIの診察・治療を行う一方、「モッガディート」という裏の名前で非合法な治療依頼を受けることも。

二人を軸に各話は展開されるのですが、必ずしも彼らが主体というわけではなく、ヒューマノイドやその他AIを含む人々の出来事が都度描かれる形式。同一世界で展開されるオムニバス的な雰囲気を持つ作品です。

「AIの遺電子」1~6巻レビュー

「AIの遺電子」では人間とヒューマノイドが結婚したり、養子を迎えて家族を構成したり、といったことが「あたりまえ」のこととして描かれます。またAIが極度に発達しないようある種の制限を受けている、という前提。

ジャンルとしてはSF漫画なのですが、あえて厳密な設定をその世界に課していないタイプ。少年誌での掲載ということもあるでしょうが、SF作品なら疑問を持つであろう深い部分には触れずに、前提とした世界で起こる「もしも」が各話で描かれます。

自由に記憶や性格を改変できたなら?愛する人について選択肢を迫られたなら?外見や体の能力を優秀なパーツに変えられたなら?若返って青春をやり直せたなら?人間とAIが共存する世界の働き方は?そして人間・AI・ロボットの境目とは何か…?

オチはいい話だったり泣ける話だったり、ちょっとゾッとする話だったり。そこから突きつけられるのは、「人間らしさ」とは?そもそも人間とは?「生きる」とはどういうことか?など、人間の本質に関わる内容。

各話のラストは明確な答えの提示がなかったり、唐突に終わったかのような印象を受けるものも。そのため読後にモヤモヤが残ることもしばしば。しかしそのモヤモヤ感こそがこの「AIの遺電子」のおもしろさ。

読後にそのモヤモヤに対して「自分だったらどうするだろう?」と考えずにはいられない。読者が作品の内容を振り返り、「答え」を考えてはじめて完結するのが「AIの遺電子」の形。これは結末がくっきりはっきりわかった方が良い、という人には合わない可能性もあります。

しかしその雰囲気を物語と一体になって楽しめるのであればこの漫画、何度も繰り返し読みたくなる魅力に満ち溢れた作品といえるでしょう。もちろん私は興味深く読むことができました。ある意味「読者参加型」のような側面のある漫画ですね。

ちなみに作中において人間とヒューマノイドは「目」の描かれ方によって区別可能。また主人公・須堂光が裏の依頼を受ける時のみ「モッガディート」と呼ばれるなど、細かな描写に工夫があっておもしろい。

AIは現代の生活においても陰に日向に活躍する存在となってきました。わかりやすいところでは将棋や囲碁のプログラムなどが良い例でしょうか。ヒューマノイドと共存する世界、ひょっとするとそう遠くない未来なのかもしれません。

そんな来るべき世界を描いたかのようなこの漫画が、少年誌であるチャンピオン誌に連載されて単行本も6巻まで刊行されているということを高く評価したい。大人だけではなく、想像力豊かな子どもたちにも読んで欲しい作品です。

余談ですがこちらは6巻の表紙。こういう「踊りませんか?」みたいな雰囲気、好きだなぁ。

漫画データ
タイトル:AIの遺電子 1 (少年チャンピオン・コミックス)著者:山田胡瓜出版社:秋田書店発行日:2016-04-08
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする