漫画『ビバリウムで朝食を』感想:「街の七不思議」を巡る少女たちの不穏な冒険

「街の七不思議」の真実を知りたい少女たち。その冒険にはどこか不穏な空気がつきまとい…?

道満晴明(どうまんせいまん)さんの漫画『ビバリウムで朝食を』。コメディタッチの中にオカルトでミステリアスな雰囲気が漂う、ちょっと「ゾワゾワ」する冒険(?)漫画です。

連載は秋田書店「チャンピオンRED」。2022年7月現在、コミックス1巻が刊行中。秋田書店公式の『ビバリウムで朝食を』第1話試し読みはこちら

『ビバリウムで朝食を』感想・レビュー

あらすじ

雲雀(ひばり)市に住む小学6年生女子ヨキ・ミコト・キクリは、夏休みの自由課題で「街の七不思議」を調べることに。

しかし「7つ目の不思議」の中身がどうしてもわからない

その後、秘密基地での会合から帰宅するヨキは、道端で「謎の幽霊」から「鍵」を渡される。

それはかつて不慮の死を遂げた友人からのメッセージなのか…?

さらに秘密を追ううちに、七不思議の1つ「ノッポマン」に出会うヨキ。

現代では考えられない便利な道具を使う彼を「師匠」と慕い、「人探し」に協力することに。

やがて「謎の転校生」も現れ、不思議な冒険は加速していく、が…?

ミステリアスな夏の冒険

過去作『メランコリア』では、コメディの中に「終わりを迎える世界」の退廃的な空気を。

バビロンまでは何光年?』では、スチャラカなSFコメディの中にお下品な下ネタをふんだんに。

ポップで親しみやすい絵柄と、ゆるやかでシュールな笑いをベースに、物語のそこかしこにドッキリするような「毒」を仕込んでいる。そんな作風が特徴的な道満晴明さん。

本作『ビバリウムで朝食を』は同じくコメディ風味ながら、とにかく「空気が不穏」

小学生の他愛無い冒険、しかし次に何が起こるかわからない、どこへ連れていかれるかわからない、そんなゾワゾワするような「不安感」がつきまといます

自分が読んだ道満晴明マンガの中では、南国の不思議リゾートで起こる悲喜こもごもを描く『ヴォイニッチホテル』に近い感じ。

本作はここまでエログロ感は無いけれど、その分ミステリアス成分強め、という印象。

随所に仕込まれた『ドラえもん』パロディ(笑)

さて『ビバリウムで朝食を』の中心となるのは、少女ヨキと謎の青年(?)ノッポマン。

「自分は探偵で4人の人間を探している」というノッポマンに興味を持ち、ヨキはその助手を務めるように。

その過程でヨキは、異なる言語間での会話を可能にするこんにゃくや、壁に貼ると別の場所に通り抜けできるポスターなど、不思議な「ナイショ道具(仮)」に触れていきます。

…それって『ドラえもん』じゃん!(笑)

と思わずツッコんでしまうのですが、作者ならではのコメディセンスが相も変わらずバツグン。露骨過ぎるパロディに、噴飯必至!

新規会員は好きな電子書籍1冊が半額になる「50%OFFクーポン(値引き上限無し)」と、「おまけの割引クーポン×2」がもらえます!

不穏な空気がたまらない!

しかし物語が進むにつれ、徐々に高まる不穏な空気

全身タトゥーのワイルドなお姉さんなど、街に新たに現れる人たち。

ノッポマンと同じく不思議な「ナイショ道具」を使う彼女たちは、どうやらノッポマンが探すターゲットのようで…?

そして「街の七不思議」研究を続けるヨキは、知らず「街の暗部」へと近づき、そこで命の危険にさらされる!

そこをノッポマンに助けられるのだが、素性の知れない彼は本当に「味方」なのか…?

…といった物語のスタート。色々と謎がバラまかれ、オカルティックでミステリアスな展開へ

ゆる~い笑いの中に漂う「得体の知れない空気」は、果たしてどのように転化していくのか?続きが気になる!ところです。

新規限定『6回使える70%OFFクーポン』(1購入で最大500円引き)で最大3,000円お得!金曜日はPayPay還元コミックフライデー開催

『ビバリウムで朝食を』まとめ

以上、道満晴明さんの漫画『ビバリウムで朝食を』の感想・レビューでした。

道満晴明さんは上記でご紹介した『メランコリア』や『バビロンまでは何光年?』を読んでいただけるとわかるのですが、伏線の散りばめ方や回収が非常に上手い漫画家さん

本作『ビバリウムで朝食を』でも様々な「謎」が散りばめられているのですが、それらが結末に向かってどのように収束していくのか、今から楽しみです。

道満晴明さんの既刊はこちら。
Kindle / ブックライブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました