漫画「海月と私」全4巻―ほっこり旅館ものと思いきや、まさかの…

いや、これは隠れた名作漫画だと思うのですよ。麻生みことさんの「海月と私」全4巻。

青空のもと、爽やかに仕事をする板さんと女性。しかしそこにはちょっとした秘密が…?

スポンサーリンク

あらすじ

元板前の主人公(旦那さん)は、父の遺した海沿いの民宿「とびうお荘」を継ぐ。そう遠くない廃業を考えるが、まだ予約がいくつか入っている現在。老齢の仲居が死去したため、短期の仲居を募集することに。

そこにやってきたのは若く美しく人柄よく、そして素性の知れない女・岩松梢(いわまつ・こずえ)。若すぎることを理由に一度は断る旦那さんだが、やり手な梢にのせられ成り行きで仲居採用することに。

仲居としての有能さ、そして人を引きつける魅力を持つ梢。彼女のおかげで民宿も何とか回転し、とびうお荘にとって大事な存在に。しかし何やら訳ありな梢。旦那さんの心には次第にある疑念が沸いてきて―。

「海月と私」感想

物語は基本的に一話完結。元板前の「旦那さん」とわけあり美人仲居・梢のコンビを中心に、泊り客たちとのコミカルかつ人情味あふれるエピソードが描かれます。

…って、これだけならよくあるほっこり旅館モノ漫画ですよね。この「海月と私」は仲居・岩松梢のミステリアスな顔におもしろさがあります。気立ても愛想もよく、男性客も軽くいなし、仕事もできる優秀な彼女。

おっかなびっくりしつつも梢に気を許していく旦那さん。彼の気持ちについ読者もつい同調し、ほんわかエピソードで「えがったえがった」と満足感にひたる。

しかし旦那さんは梢のささいな挙動、そしてパソコンの検索履歴からとある疑念が徐々にふくらみ…?物語の各所でちょっとずつ描かれる梢の「謎」に読者も我に返り、梢の素性が気になって仕方がなくなる。

そして怒濤の展開を見せる最終第4巻。果たして梢の正体は?旦那さんはどこまで転がされるのか?(笑)男と女のラブゲーム(古い)も期待しがちですが、そんな読者の期待をスルッといなすのもまた「海月と私」の醍醐味。おもしろいです。

読み終わった後で全編を見返すとなるほどな伏線もあってまた趣深い。「海月と私」、ほっこり、そしてちょっとサスペンス風味のおすすめ漫画です。

漫画データ
タイトル:海月と私(1) (アフタヌーンコミックス)著者:麻生みこと出版社:講談社発行日:2013-08-07