漫画「バタフライ・ストレージ」1巻―「蝶」を巡る異色のSFアクション

人が死ぬと、その魂は「蝶」になり、やがて消えてしまう―。そんな世界を舞台にしたSFアクション漫画「バタフライ・ストレージ」を読みました。

作者は安堂維子里(あんどう・いこり)さん。弊ブログでも紹介している「Silent Blue」や、「世界の合言葉は水」「水の箱庭」のような瑞々しい作品を描かれる漫画家さんですが、「バタフライ・ストレージ」はハードなSFアクション。

安堂維子里/著。蝶=魂を管理する組織「死局」の中で、妹の蝶を探すために戦う主人公を描いた近未来SFアクション!

連載は月刊COMICリュウです。

スポンサーリンク

あらすじ

人が死ぬと肉体は瞬時に朽ち果て、抜け出た魂は「蝶」となる。49日後には消滅していしまう「蝶」を、国家機関「死局」が管理する世界。

主人公・小野百士(おの・ひゃくし)は死局の特殊捕蝶班に勤務し、「蝶」保護のために危険な任務に臨む。

百士の双子の妹・千里は14年前の飛行機事故で謎の男に「蝶」を奪い取られ、意識の無いまま生き続ける。生きている以上、千里の「蝶」はどこかにいるはず。百士は千里の「蝶」を取り戻すため、死局員として男の行方を追うが―。

「バタフライ・ストレージ」感想

これは予想以上にハードなSFだった…!おもしろかったです。冒頭、「蝶」に関わる闇オークションに突入する特殊捕蝶班の面々がカッコイイ!スピーディな銃撃戦・格闘が展開されて、一気に物語に引き込まれます。安堂維子里さんのこれまでの作品からは想像できない迫力。いい意味で裏切られました。

個性的なチームもおもしろい。無骨だけど実は涙もろくポエマーでもある主人公・百士に加え、女性ながら武闘派の班長・荒井、関西弁で銃器担当・神田、近接戦闘が得意なメガネ女子・佐川、還暦間近だが実はめちゃ強な班の相談役・田中、といった死局荒井班の面々。

訓練された特殊部隊って、やっぱり魅力ありますよね。死局は警察とは異なる組織で、「蝶」を増やさないために「死ぬな、殺すな」がモットー。それゆえに銃器はゴム弾、格闘はスタン・ナックルと、非殺傷装備を使用した戦い方がユニーク。近未来的世界での活躍が光ります。

そんな死局の活動の中、一人、妹の「蝶」を取り戻すという決意を秘めた百士。影のある主人公というのは独特な鈍い輝きを放つもの。いかついだけではない、ちょっと笑える一面も持つ彼、とらえどころのない魅力があります。

「蝶」の存在が根底にある「バタフライ・ストレージ」。まずは序盤の第一巻ということもあり、その世界観を構築しつつも、百士、そして荒井班の活躍が印象に残りました。終盤では少し陰謀めいた動きもあって…?謎の男の正体、そして百士は妹を救えるのか?続きが気になるSFアクション漫画。続巻が楽しみです。

漫画データ
タイトル:バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)著者:安堂維子里出版社:徳間書店(リュウ・コミックス)発行日:2016-12-01