漫画「きみ諦めることなかれ」全1巻―芸人とイケメンアイドルの気になる恋の行方

御徒町鳩(おかちまち・はと)さんの全1巻完結漫画「きみ諦めることなかれ」を読みました。

私、御徒町鳩さんの描くキャラクターが好きなんですよね。「ファンタジー」とか大好きです。カバーではイケメン男子がややぽっちゃり目・太眉が特徴的な女の子に迫っていますが、この「きみ諦めることなかれ」ではどんな恋模様が描かれるのか―。

スポンサーリンク

あらすじ

4人組アイドルグループ「WARP(ワープ)」のメンバー・隼人。幼い頃に大好きだったのはお笑い系の子役・のぶちゃん。隼人は彼女に会うために芸能界に入ることを志す。

そして高校生になった隼人はお笑い芸人となったのぶちゃん=小川のぶ子とクラスメートに。「笑い」を通じて親交を深める二人。

しかし友達という関係に我慢ができない隼人は、勢いでのぶ子に告白をしてしまう。しかし恋愛に免疫のないのぶ子の反応は…?

「きみ諦めることなかれ」レビュー

イケメンアイドル男子とお笑い芸人女子の恋愛をコミカルに描いた漫画「きみ諦めることなかれ」。「芸人」という設定なのでかわいらしさはあっても決して美人ではない、というヒロインの書き方が絶妙。

漫画の不美人(設定上の)というのは「実は美人だった」とか「マンガの表現上、どうしても美人に見える」といったことが多いのですが、のぶ子のビジュアルは実際のタレントさんで言えばイモトアヤコさんや柳原可奈子さん、といったイメージでしょうか。芸人でありながらかわいさを感じさせます。

そんなのぶ子だけに、イケメンアイドルとの対比が鮮明に。彼女が可愛くて、好きで好きで仕方がない、という隼人の姿とよいコントラストを産み出されています。おもしろい。

物語は3話までは隼人とのぶ子、そして二人の友達で同じく芸能人である女の子、それぞれをメインに微妙な恋模様が描かれます。

しかし中盤以降はアイドルグループ「WARP」の4人が中心となった「アイドルの恋愛」がメインに。隼人とのぶ子のコミカルだけどマジメな恋愛を期待していたのですが、のぶ子の登場が減ってしまったのでちょっと肩透かしな感じ?

ただこの「アイドルの恋愛」というのも興味深いテーマなんですよね。最近も大物アイドルグループで衝撃的な事件がありましたが、アイドルは恋愛をしてはいけないのか?というのはなかなか難しい問題。

個人的には「アイドルは恋愛をしてもいいし、ファンももう少し寛容な方がいいのでは」と思います。海外のアイドルは若くして結婚したりしますしね。

でもそれは外野の勝手な意見だし、実際にアイドルを一生懸命応援しているファンの「夢を壊さないで」という気持ちもわかります。難しい問題だ…。

そんなアイドルの恋愛にも作中で一定の答えが出されていて、個人的にはすっきりとした読後感。ラストも前フリが効いていて良い、です。

本作は2010年に連載が始まって単行本化されたのが2017年と、全1巻の漫画としてはスパン長め。途中掲載誌の休刊などもあったようで、それらが全体の構成に若干影響をしたのかもしれません。

しかし芸能界を舞台にした恋愛、なかなか読ませるものがありました。芸人とアイドルの恋愛、アイドルが恋愛することの是非、おもしろいテーマなので、それぞれをもっと掘り下げた漫画を読んでみたいですね。御徒町鳩さんの次回作に期待です。

ところでのぶ子が猿の気ぐるみで恥ずかしがる姿は萌える…!

漫画データ
タイトル:きみ諦めることなかれ (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)著者:御徒町鳩出版社:集英社発行日:2017-07-19