ドラマ・恋愛漫画感想・レビュー

漫画『音街レコード』レビュー:「レコード愛」の詰まった音楽ドラマ

[ページ内に広告が表示されます]

丸い円盤に魅せられて積み重ねた「好き」の気持ちが、やわらかく読み手に伝播していく。そんな「レコード愛」あふれる全2巻。

音街レコード A面 (青騎士コミックス)

「レコードのジャケット感」ある判型が特徴的な、音楽ドラマ・ストーリー。毛塚了一郎さんの『音街レコード』(A面+B面)のレビューです。

『音街レコード』レビュー

『音街レコード』概要

作者の毛塚了一郎さんは、KADOKAWAのコミック誌「青騎士」で、レコードにまつわる「音楽のあるドラマ」をオムニバス的に描く『音盤紀行』を連載中。

音盤紀行 1 (青騎士コミックス)

その作者の同人作品『てれぴんレコーズ』を改題出版したのが、本作『音街レコード』全2巻(A面・B面)。

中古レコード店でアルバイトをする、芸術系の女子大生・実梨(みのり)を主人公に、「レコードのある日常」的な物語が優しいタッチで綴られていきます。

音街レコード』がebookjapanの「6回使える初回限定クーポン【各巻500円OFF!】

レコードへの「好き」があふれるストーリー

販売用レコードの紹介文に悩んだり、店の裏手のベンチでポータブルプレーヤーに聞き入ったり、怪しげなレコード店に迷い込んだり…。

CDも聞くけれど、何より「音楽とレコード」が大好きな女子大生・実梨。そんな彼女が時に友人・礼子を巻き込みながら過ごす、レコード・ライフ。

音街レコード A面 (青騎士コミックス)

緻密な描き込みによって作り上げられる「街のレコード店」の風景とともに、マイペースでレコードに関わっていく実梨たちの様子に、思わずほっこり。スローな雰囲気に漂う「好き」の気持ちに引き込まれていきます。

心地よい「レコードのある風景」

デジタル全盛の昨今において、音楽を楽しむにはやや手間がかかり、見方によっては「マニアックな趣味」という側面も持つレコード。

ですがことさら蘊蓄などマニアックさを前面に押し出すことなく、また他メディアと比較するでもなく、実梨たちの柔らかな愛情によって紡がれていく「レコードのある風景」

その風景を眺めているうちに、レコードに針を落とした瞬間に訪れる、アナログ感あふれる音楽の世界に浸りたくなる…。独特の空気感がなんとも魅力的で、心地良さを感じます。

金・土・日はPayPay還元率アップ!
電子書籍ストアebookjapan

ホラー仕立てのエピソードも

そんな感じで、穏やか~に、のんびり~と物語が展開されていく『音街レコード』ですが、中にはやや毛色の異なるエピソードも。それがB面収録の『音霊ドライブ』。

怪我をした店長の代わりに、郊外のレコード・ストアに出張買取に向かう、実梨+臨時アルバイトの礼子。ロング・ドライブの末に、巨大な倉庫のような店舗に到着するが、そこで恐怖の体験を…?

音街レコード B面 (青騎士コミックス)

前・中・後編という長めのボリュームで、『音街レコード』では異色なホラー仕立てのストーリー。音楽・レコードもちゃんと絡みながら、しかし予想外に本格的な怖さ、そして読後の余韻が面白い!

『音霊ドライブ(Ghostly Drive)』というタイトルに違わない、不思議なドライブ。アナログかつレトロなレコードだからこそ味わえる物語を、楽しんでみてください。

タテヨミマンガが「待てば無料」!

『音街レコード』まとめ

以上、毛塚了一郎さんの漫画『音街レコード』のレビューでした。

レコードジャケット風の四角い判型、A面・B面というナンバリングなど、随所に工夫を凝らした本作。ちょっと懐かしさを感じる絵柄とも相まって、漫画でありながら「レコード感」を存分に感じます

またレコードストアの店内など、作中の随所で描かれる「レコードのある風景」にも注目。緻密で丁寧な描写が、読み手をレコード愛あふれる世界へ誘ってくれるでしょう。

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。