ダーク・ファンタジー「ナラクノアドゥ」―最弱への道を進む最強の魔王

全ての魔王を倒せば人間になれる、最強の魔王。

しかし魔王をひとり倒すたびに、その力は削がれていく―。

人間になる契約を天使と交わした魔王・アドゥと、彼と行動をともにする人間たちの冒険。

山本晋さん描くダーク・ファンタジー漫画「ナラクノアドゥ」です。

スポンサーリンク

あらすじ

全十二階梯の魔王により、その圧倒的な力の前に滅亡の危機にある人類。

しかし何者かの手により、最も強力な十二位と十一位の魔王が消滅。残った10人の魔王は姿を潜め、人類はその生命を永らえる。

二人の魔王を倒した「何者か」は英雄と呼ばれ、その力にあやかろうと、国々では戦闘力の高いものに「英雄官」という公職を与えるように。

そして16年後。再び第十位の魔王・モーテムの脅威にさらされる人類。英雄官アドゥとその仲間たちがモーテムに挑むが、叶わず全滅の危機に。

そこで真の姿を見せたのは、アドゥ。


[山本晋 著 KADOKAWA「ナラクノアドゥ」1巻より引用]

彼は「十二階梯全ての魔王を倒せば人間になれる」という契約を天使と交わした、十二階梯・第十二位の位、名も無き那落(ナラク)に座する最強の魔王だった。

モーテムを倒したアドゥだが、「魔王をひとり倒すたびに人間に近づく=弱くなる」という契約に従い、またその力が弱まる。

そして仲間を失ったアドゥは、新たな仲間を探す。人間になるために―。

「ナラクノアドゥ」レビュー

以上がダーク・ファンタジー「ナラクノアドゥ」のプロローグ。

以降アドゥは、少女剣士ヨミ、英雄官ユングら、彼の秘密を知った人間たちと「契約」を交わし、人間になるために魔王を倒す戦いに挑みます。

「ナラクノアドゥ」の流れを簡単にまとめると、

  1. 12人の強い魔王がいて人類ピンチ
  2. その中の最強の魔王がアドゥ
  3. アドゥは人間になるために他の魔王を倒そうとする
  4. でも魔王を倒すたびに弱くなっていく
  5. なので強い人間の仲間が必要
  6. 秘密を知った人間たち(強い?)と契約
  7. 以降、九位以下の魔王たちとの戦いへ

という感じ。

さて「ナラクノアドゥ」は、「最強の魔王」が主人公。

ですが、その目的は魔王自身が人間になること。そして人間に近づけば近づくほど強力な力を失っていく、という設定がユニーク。

また魔王という、人間にとって異質の存在であるアドゥ。

普段は軽薄な笑みを浮かべていますが、実は人間の心がわからない。常に笑顔なのも、人に与える印象を計算しているため。


[山本晋 著 KADOKAWA「ナラクノアドゥ」1巻より引用]

仲間が死にゆく時にかけた「すまない」の言葉も、「すまないと思う気持ちがわからないのだ。だからすまない」といった感じ。

仲間を失い新たな仲間を求めるのも、全て己のため。

そんな人の心が理解できないアドゥも、しかし魔王を倒すたびに、少しずつ人の心を得るかのような仕草を見せていきます。

徐々に人にちかづく魔王は、最終的にどのような存在になるのか?

一方、アドゥと行動を共にする人間たち。彼らはアドゥと「契約」をかわし、仲間となった存在。

その一人が、少女剣士・ヨミ。剣士と言っても駆け出し、少女と言うよりは少年に近い彼女ですが、実は物語の要所要所で重要な役割を果たすキーパーソン


[山本晋 著 KADOKAWA「ナラクノアドゥ」1巻より引用]

正体を知ったヨミたち消そうとするアドゥと「取引」して仲間になったり、出生にちょっとした秘密があったり、皆があきらめる状況でも一人、気を吐いたり。

パーティの中では最弱だけど、元気で人間臭い、とにかくアドゥと正反対の存在。物語を牽引する注目の人物です。

もう一人の仲間は、英雄官のユング。彼はそこそこやる戦士なのですが、魔王であるアドゥとは力の差が。

しかし幾多の死線を乗り越え、やがてアドゥが一目置く存在に。

山本晋「ナラクノアドゥ」
[山本晋 著 KADOKAWA「ナラクノアドゥ」4巻より引用]

少しずつ人間に近づくアドゥに対し、逆に魔の力を持っていく(ように見える)ユング。

その力に、密かに脅威を感じるアドゥ。果たして二人の関係はどうなっていくのか。

そんな仲間たちとアドゥの微妙な関係が、ストーリーに独特の緊張感を与えています。

一方、世界を滅ぼさんとする魔王や、その配下である「浅層の悪魔(シャロウデーモン)」たち。普通の人間ではまったく歯が立たない、圧倒的な力を持つモンスター

しかし対峙する勇者=魔王・アドゥは、勝てば勝つほど弱くなっていくという存在。このダーク・ファンタジーならではの絶望感。


[山本晋 著 KADOKAWA「ナラクノアドゥ」2巻より引用]

またアドゥたちを取り巻くのは、キレイな人間関係だけではありません。

絶望の世界を生きる人々の生々しい人間模様が描かれるのも、本作の特徴。

死を前に欲望を剥き出しにする者。多数を救済するために少数の犠牲を厭わない者。生き延びるために魔にへつらう者。

人間の本質が随所に顕れます。

そんな人間たちを見つめるのは、今まさに人間にならんとするアドゥ。

「人間らしさ」を観察・学習しながら人間に近づいていく魔王、というのが、他のファンタジー漫画にはないユニークな構図。

果たしてアドゥは魔王たちを倒し、人間になれるのか?仲間たちと人類の運命は?

躍動感のあるキャラクター、ダークなファンタジー世界の空気感、迫力のバトルの数々など、漫画の楽しさ・スゴさが詰まっている「ナラクノアドゥ」。

作画クオリティもかなり高く、ファンタジー好きにはもちろん、漫画好きに絶対にオススメの漫画です。

ナラクノアドゥ 1 (ファミ通クリアコミックス)著者:山本 晋出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2016-05-14

コメント