ホラー漫画「さんかく窓の外側は夜」―視えるものと祓うものの妖しい関係

クロフネコミックスより発売、ヤマシタトモコ氏描くホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」感想です。

ヤマシタ氏は「BUTTER!!!」のような一般向けの漫画意外に、BL系の漫画も多数手がけられていますが、本作はそちらの要素を一応、持つ漫画です。

個人的には私はBLという分野は守備範囲外でして(好みの問題です)、これまでこの「さんかく窓の外側は夜」の購入を躊躇しておりました。しかし「読んでみたい」という欲望に耐えきれずにポチッとな。

スポンサーリンク

あらすじ

青年・三角(みかど)は死んだ人間が視えてしまう体質。勤務する書店の依頼を受けた除霊師・冷川(ひやかわ)にそのことを見抜かれる。

いきなり三角の体を通して「霊をつかんでぶん投げる」冷川。自身の体を突き抜けるその除霊方法にエクスタシーを感じてしまう三角。

冷川にスカウトされ、成り行きで除霊の手伝いをすることになった三角。嫌よ嫌よも好きのうち?おっかなびっくり除霊に関わるように。

そんな中、刑事・半澤の以来で遭遇した案件で呪術師による「呪い」に遭遇。呪いに関連しているのは「非浦英莉可(ひうらえりか)」という女性のようだが…?

感想

…というのが1巻の主なストーリー。いろんな意味でおっかなびっくり読んだ「さんかく窓の外側は夜」。感想は…

めっちゃおもしろい!そして怖い!これは今まで読まずに損してたわ。

心配していたBL要素は今のところ直接的な表現はなく、どちらかというと三角と冷川のユーモラスなやり取りのネタ要素としての扱い。ヤマシタ漫画らしく彼らの掛け合いが実にユニークで笑いをさそいます。

しかし油断してるとショッキングなシーンで大ダメージ必至。「三角の視ている世界」が随所で描かれるのですが、その表現が怖い。

人の顔がねじれていたり、顔の中央に黒い穴が開いていたり。切った貼ったの直接的なグロテスクさではなく、人に不安感を与えるイメージ。淡々と話が進む中でそれらがごく自然に表示され、それゆえに予想外のショックが。ホラー映画で例えると、振り向いたシーンで#?◯!△が!みたいな。心臓に悪いです。

そしてストーリーも三角・冷川コンビに非浦とその周辺を加え、より暗い深みにはまりそうな展開。3巻巻末の予告では「冷川の過去が!」みたいなアオリでしたが、4巻が待ち遠しい。

以上、「さんかく窓の外側は夜」の感想でした。恐怖の表現と独特の空気が一度はまるとクセになる恐怖漫画。怖いもの好きの方も満足するのでは。コメディ部分と恐怖描写のバランスが実に絶妙で、今後の展開が楽しみです。

漫画データ
タイトル:さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)著者:ヤマシタトモコ出版社:リブレ発行日:2014-02-10

続刊感想

以下は続刊の感想です。進行中の内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。

第2巻

漫画データ
タイトル:さんかく窓の外側は夜 2 (クロフネコミックス)著者:ヤマシタトモコ出版社:リブレ発行日:2015-02-10

調査中に女子校で「非浦英莉可」に遭遇した三角と冷川。そして冷川は三角の体に「仕掛け」を―?徐々に板についてきた三角・冷川コンビですが、その裏で何を考えているかわからない冷川がちょっと不気味。そして少しずつあらわになる非浦英莉可の正体。彼女のフキダシは一部「黒」になるのですが、あの表現、怖いな…。

第3巻

漫画データ
タイトル:さんかく窓の外側は夜 3 (クロフネコミックス)著者:ヤマシタトモコ出版社:リブレ発行日:2016-03-10

三角と冷川は刑事・半澤の依頼で神隠し案件を調査。一方、非浦英莉可に「先生」と呼ばれる人物が街の各所に仕掛ける「貯金箱」。それらは意外なつながりを見せて…。次第にあらわになっていく悪意が恐ろしい第3巻。非浦側の怖さはもちろんですが、距離を縮めたと思った冷川と三角の間もまた、冷川の抱える「闇」によって混沌としてきた感じ。

第4巻

漫画データ
タイトル:さんかく窓の外側は夜 4 (クロフネコミックス)著者:ヤマシタトモコ出版社:リブレ発行日:2016-12-10

迎くん再登場。三角・迎コンビが遭遇する「父がおかしい」事件、ほんまにありそうで怖いな…。そして非浦に「拉致られる」三角は彼女の抱える闇を知る。そしてそして、三角くんの出生の秘密らしきものも描かれ、ますます混迷を深める第4巻。怖さも、物語の謎もますます気になります。

ヤマシタトモコさん描くオカルト・ホラー漫画「さんかく窓の外側は夜」第5巻のレビューです。霊能力者・冷川と刑事・半澤の意外な過去。その恐ろしい真実とは―?人間の怖さを感じさせてくれる、オススメのホラー漫画です。

5巻の感想はこちらからどうぞ。