「寿エンパイア」―ハワイ育ちの寿司ボーイが挑む、本格寿司職人の世界

この記事は約4分で読めます。

育ちはハワイ・握りは我流の寿司ボーイは、日本の巨大老舗寿司店で修行をすることに。そこはかつて母が働き、そして逃げ出した場所だった―。

ハワイから来た寿司青年を描く漫画、せきやてつじさんの「寿エンパイア」。裏少年サンデーコミックスより1~2巻が刊行中で、以下続刊。連載している小学館のマンガアプリ「マンガワン」でも無料で読めます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

「寿エンパイア」レビュー

あらすじ

創業160年の老舗寿司店・崋山に就職予定の鶴岡朝里は、旅行で訪れたハワイで寿司を握る松田湧吾・アービングに出会う。

「日本もトーキョーも知らないけど、ウマい寿司は知ってるよ」と言う彼の見事な包丁さばきと、手の中でシャリを回転させる独特の握り方、そして華やかな寿司に魅せられた朝里。「この男の子が日本に来たらどんなお寿司を握るんだろう?」

その朝里の撮った動画を見た祖父・竹部は、彼こそが崋山の4代目・華山剣蔵が探す人物だと気づく。湧吾は、剣蔵とかつての恋人・松田美咲との子供だった。凄い寿司を握る職人に会いたいと望む湧吾は、竹部の誘いを受け一路、東京の崋山本店へ向かう―。

寿エンパイア(1) (裏少年サンデーコミックス)せきやてつじ:小学館

寿司職人の道

主にネット動画と回転寿司のバイトで寿司の腕を磨いた湧吾。その胸には、凄腕の寿司職人だった亡き母の握りへ思いと、そして「世の中には凄い寿司を握る奴が沢山いる」という母の言葉が。

日本に行けば全ての答えがあるはず、考える湧吾。アメリカ人である義父の制止を振り切り、本格的な寿司の世界を目指して竹部と共に東京の崋山本店へ。そこで彼を迎えたのは、母の師匠である4代目・華山剣蔵。

剣蔵がもしかして本当の父親かも知れない、と考える湧吾は、しかし彼の握った寿司を食し、その凄みに絶句。「俺が今まで握ってきた寿司は何だったんだ?」

剣蔵に頼み込み、短期修行の許可を取り付けた湧吾。かくして寿司の本場・日本での職人修業がスタート!

跡目争いと、母の謎

…となったのは良いのですが、剣蔵の義理の息子で5代目になるやもしれない寿司職人・雅から、お約束のように早速の嫌がらせが。

この雅がなかなか凄いヤツ(&イヤなヤツw)。剣蔵の妻の連れ子で、剣蔵をして「人を狂わせる魔性の寿司」を握ると言わしめる、崋山でもトップクラスの若き職人。だけでなく絶世のイケメンで、第一話では濃厚なS○Xも披露(笑)。絵に描いたようなライバルです。

その雅から「剣蔵の実子では?」と目をつけられる湧吾。雅の配下の先輩職人たちから、これでもか!とキツイ仕打ちを受けます。折しも剣蔵の体調に絡み、崋山の跡目争いが勃発。さて、湧吾はその中でどのようなポジションを気づいていくのか?というのが「寿エンパイア」の一つの見どころ。

そしてもう一つ気になるのは、母・美咲が崋山から姿を消した経緯。独特のスタイルで寿司を握る、凄腕の職人として働いていた彼女は、20年前に店に火を放ち失踪(これは湧吾の知らぬこと)。剣蔵の求めるその真相や如何に?という謎要素も気になるところです。

寿司バトル

崋山での修行中、過酷なイジメに遭う湧吾。凄い寿司を握るために日本に来たのに、包丁を触ることさえ許されない。ツライ…!

そんな状況に転機をもたらしたのが、同僚である藤原(コーちゃん)。雅の命を受けて湧吾に嫌がらせをする先輩を見返すために、二人一組で出場する寿司コンテンスト「若獅子杯」への出場を持ちかけます。

一見チャラいけど、確かな実力と寿司への情熱を持つ藤原を信頼し、コンビを組んだ湧吾。かくして若獅子杯へ参戦!

そこで展開される、寿司バトルが熱い!予選を突破したあとは、1回戦につき一種類の寿司を審査員に出して評価してもらう形式。派手過ぎず、地味過ぎず、しかし寿司の華やかさが伝わる戦いがおもしろい。

さらにそこに集う、若き寿司職人たちのバックグラウンドも、読ませるもの。有名寿司店の看板を背負う跡継ぎだったり、男尊女卑が根強い世界で一流の職人を目指す女性だったり。湧吾たちはもちろん、様々な立場で寿司に情熱を傾ける人々の思いが、ビシバシ伝わってきます。

その中で異彩を放つのは、母ゆずりの湧吾の独特な握り方。手のひらの中で寿司飯をシュルシュルと回転させ、右手を高く掲げてからの、相手の眼前に寿司を下ろすスタイル。「エンジョイ!」寿司を楽しめ!と言わんばかりのその姿。輝きを感じます。

王道展開のおもしろさ

そんな感じの「寿エンパイア」、読んでみると分かるのですが、これが職人漫画の王道とも言える展開のオンパレード。ブラック過ぎる現場の上下関係。跡目争いから生まれる嫌がらせ。先輩からのきついイビリ。からの寿司コンテスト展開。内容だけ見ると、特に目新しさはない、実にベタな展開。

が、そのベタさこそがおもしろい、「寿エンパイア」の熱い魅力。湧吾たちの前に立ちはだかる困難、そしてそれを乗り越える様。作者・せきやてつじさんの類まれなる力強い画力と相まって、ページを捲る手にも思わず力が入ってしまいます。

この次はこんな感じの話が来るんじゃないか、と、これまでの漫画経験から「わかっていても」、その想像を超える迫力、そして衝撃を読み手に打ち付けてくる作品。ベタな展開もおそらく計算の上で描かれているんじゃないでしょうか。熱い展開と画力に、知らずしらず惹きつけられていきます。

まとめ

以上、せきやてつじさんの寿司漫画「寿エンパイア」のレビューでした。ハワイ育ちの寿司ボーイの成長を、その母の謎を絡めて描く本格作品。絶妙な画力から生み出される迫力の寿司世界、今後の展開が楽しみです。

なお連載中のマンガアプリ「マンガワン」では、各話の見せ場にパートカラーが採用されています。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

アプリ連載ならではの迫力あるシーンが楽しめる趣向。無料で読めるので、未読の方はこちらもチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました