これは戦でござる…!―漫画「雪の峠・剣の舞」全1巻

時代劇・歴史ものの良いところ。それはいつの時代に読んでも色あせないおもしろさがあること。

というわけで今回ご紹介するのは岩明均さんの漫画単行本「雪の峠・剣の舞」。

岩明均さんと言えば「寄生獣」「ヒストリエ」「七夕の国」と数多くの長編漫画をヒットさせている漫画家さん。全1巻の漫画としては「ヘウレーカ」が有名ですが、この「雪の峠・剣の舞」も見逃せない名作。岩明均さんらしさが詰まっています。

スポンサーリンク

概要

1作の長編ではなく、「雪の峠」と「剣の舞」という中編作品を2編収録。実在した人物を主要キャラクターに据えています。

「雪の峠」全4話。関ヶ原の戦いののち、徳川家康の時代。西軍についたために出羽に追いやられた佐竹家。築城に関する老臣たちと近習・渋江内膳との静かな戦いを描く。

「剣の舞」全5話。剣豪・疋田文五郎のもとを訪れた男装の少女・ハルナ。剣の修行を志願する彼女の目的は家族の仇討ちであった。師・上泉伊勢守の考案した撓(しない・竹刀)を使って文五郎はハルナに稽古をつけるが―。

という二編。なお渋江内膳は渋江政光、疋田文五郎は疋田景忠・疋田豊五郎とも。

「雪の峠・剣の舞」感想

時代劇の魅力の一つとしてはずせないのは、やはり武士の生き方。しかし「雪の峠」では刀を置いた武士たちの静かな戦いが描かれます。

家康が世を統べる江戸時代初期、何をするにも中央の許可がいる時代。西軍についたことにより立場を悪くする佐竹藩の内部で、築城をめぐって静かに火花を散らす主君+若手家臣VS古参家老たち。

新しい時代を見据える人間と、老兵との対立。これってまんま現代の組織にも当てはまったりして、既視感を感じる方もいるかもしれません。「老害」なんて言葉がぴったりの古参家老たち。

しかしかつて戦場をかけまわった彼ら。古参家老たちにも言い分、譲れない挟持が。一方、若手家臣は「戦い方」を知らない、いやむしろ今が「戦い」そのものであることを認識できていない。

これもまた戦いなのだ―。主人公・内膳がそれに気づいた時、物語が大きく動くのですが、知恵者である内膳の戦(いくさ)が実におもしろい。考えると、実は問題は老害なのではなく、戦う術を持たない・知らない若者なのかもしれません、なんてことを考えたり。

もう一作、「剣の舞」も珠玉の出来。心身ともに傷を負い復讐を誓う少女と、ひょうひょうとした性格ながら凄腕の剣豪のつかの間の交流を、竹刀の誕生を絡めながら描いた作品。

ハルナは敵討ちを遂げることができるのか。そして文五郎は戦いに何を見出すのか。「雪の峠」とは一変、合戦の様子も描かれより時代劇らしいおもしろさを持つ、見応えのある作品です。

岩明均さんの「雪の峠・剣の舞」。「ヘウレーカ」などの作品同様、岩明均さんらしい独特の視点から描かれた時代劇漫画集です。知らない人は損してるなー、と個人的に思う作品の一つ。おもしろいのでぜひ手にとってみてください。

なお「雪の峠・剣の舞」は残念ながら現在は電子書籍化されていません。単行本はKCデラックス アフタヌーン版と講談社漫画文庫版の二種類が刊行されていますので、お好みの方をどうぞ。

漫画データ
タイトル:雪の峠・剣の舞 (講談社漫画文庫)著者:岩明 均出版社:講談社発行日:2004-10-08
漫画データ
タイトル:雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)著者:岩明 均出版社:講談社発行日:2001-03-21
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする