「ベランダは難攻不落のラ・フランス」―衿沢世衣子ファン必携の短編集

ポップなタッチとゆるふわな世界観で、多くの漫画ファンを虜にしている衿沢世衣子さん。

短編集「ベランダは難攻不落のラ・フランス」では、様々な媒体で発表されたその短編の数々を収録しています。

スポンサーリンク

収録作品

「ベランダは難攻不落のラ・フランス」の収録作品一覧です。()内は出版社・掲載誌などです。


  • GIRL’S SURVIVAL KIT
    (GINZA「マガジンハウス」2017年9月号)
  • リトロリフレクター
    (KADOKAWA/エンターブレイン「コミックビーム」2018年4月号)
  • 夕べの音楽
    (光村図書「飛ぶ教室」第48号 2017年1月)
  • ラ・フランス
    (秋田書店「もっと!」2014 AUTUMN)
  • 浜万年青
    (ゴミ作り「ゴミ2」2016年1月)
  • 市場にて
    (ゴミ作り「ゴミ3」2016年11月)
  • 難攻不落商店街
    (講談社「パンドラ」Vol.1 SIDE-B 2008 SPRING、講談社「パンドラ」Vol.2 SIDE-B 2008 WINTER、講談社「パンドラ」Vol.4 2009 SUMMER)
  • ベランダ
    (秋田書店「もっと!」Vol.7 2014年8月号)

このうち「夕べの音楽」は、「短日の音」を改題したもの。

また「難攻不落商店街」は「難攻不落商店街青年部」の改題で、

  • i) 集結!我らが街に忍び寄る危機
  • ii) シネマコンプレックス七変化
  • iii) 鍛錬!ピンヒールマジック

の3編から成っています。

2008年から2018年にかけて発表の衿沢世衣子漫画をまとめた、「ベランダは難攻不落のラ・フランス」。一風変わったタイトルは、短編のタイトルに由来していることがわかります。

また収録作は、様々な出版社・雑誌に渡るもの。中には「ゴミ」のようなZINE(少数発行の自主制作出版物)に掲載された作品もあり、衿沢世衣子ファンなら感涙の内容となっています。よくぞ出版してくれた。

個人的注目作

短編集「ベランダは難攻不落のラ・フランス」、衿沢世衣子ファンとしてはどの漫画も満遍なく楽しめました。その中から、個人的に特におもしろかった三編をご紹介。

リトロリフレクター

山上にある謎の建物を訪れた男子小学生。そこを管理する少女に出会って、宇宙の一端に触れる様を描いた「リトロリフレクター」。

衿沢世衣子「ベランダは難攻不落のラ・フランス」
[衿沢世衣子 著 イースト・プレス「ベランダは難攻不落のラ・フランス」より引用]

これぞボーイ・ミーツ・ガール!な一編。少年と少女のさわやかな出会いと、宇宙への憧憬をかき立てるストーリー。

少年のささやかな成長も交えながら、読み終わるとちょっと空を見上げてみたくなるような、気持ちの良い読後感。物語の「その後」も想像せずにはいられない。

ラ・フランス

祖母と同居する、小学生の妹と高校生の姉(※推測。ハーフ?)を描く「ラ・フランス」。

なぜか地下の防音室にこもりがちな姉。おしゃべりしたくて部屋に入ってしまった妹は、そこに姉の同級生男子がいるのを発見。

衿沢世衣子「ベランダは難攻不落のラ・フランス」
[衿沢世衣子 著 イースト・プレス「ベランダは難攻不落のラ・フランス」より引用]

発表会用の音楽を内緒で作る二人に、興味津々の妹だが…?というお話。

まだまだ子どもな妹と、ちょっと大人になりつつある姉。そんな姉妹のギャップが朗らかに描かれます。

妹のころころ変わる表情が、見飽きない衿沢ヒロインらしい魅力にあふれています。

ベランダ

少し足が不自由な女性。その部屋にベランダから乱入したのは、隣に住む小学生の女の子。

ある取り引きをして以来、部屋に遊びに来るようになった彼女。しかしその背中には怪我をしたような痕が…?

衿沢世衣子「ベランダは難攻不落のラ・フランス」
[衿沢世衣子 著 イースト・プレス「ベランダは難攻不落のラ・フランス」より引用]

女性と女の子の交流を描く「ベランダ」。大人から見た子供の世界と、子どもから見た大人の世界。

重なっているようで微妙にズレている。そんな空気を描いた一話。衿沢世衣子作品には珍しく、キャラクターに笑顔が少ないのも印象的。

総評

以上、「ベランダは難攻不落のラ・フランス」で個人的に気に入った3編でした。もちろん上記以外にも印象的な短編が多数。

少女と謎の女性の刹那的な邂逅を、フルカラーでファンタジックに描く「GIRL’S SURVIVAL KIT」。

夕方の子どもたちをちょっと怪しげな音楽にのせて描く「夕べの音楽」。

などなど。「浜万年青(はまおもと)」は、これまでの衿沢タッチとは一風異なる一作。驚くとともに、ちょっと笑ってしまったw。

衿沢世衣子ファンとしては、とても満足の一冊。その世界観を存分に味わえる短編集でした。

様々な年代の、様々な媒体に発表された作品群。ゆるふわなタッチから、ちょっとシュールなまで。はたまた、ティーンエイジャー向きから、大人の雰囲気を感じさせるものまで。

衿沢世衣子漫画の「いろんな顔」が見えて、またマニアックな媒体からの収録もあったりで、「よくぞこの単行本をまとめあげてくれた」というしかありません。素晴らしい。

ただそういう性質を持つ本なので、衿沢世衣子漫画の初心者向き単行本ではありません。本作収録の漫画を味わうには、ある程度ほかの作品を読んでおいた方が、より楽しめると思います。

例えば「シンプルノットローファー」「ちづかマップ」「うちのクラスの女子がヤバい」など、既存の完結作品を先に読むと、よりその素晴らしさを感じ取れるのでは。

ぜひ過去作をチェックしてみてください。どれもオススメです。

まとめ

以上、「ベランダは難攻不落のラ・フランス」のレビューでした。

何をおいても、いろんな出版社から発表された単行本を、このような形でまとめてくれた、ということには感謝しかありません。

ありがとう、イースト・プレス。

ベランダは難攻不落のラ・フランス (CUE COMICS)著者:衿沢世衣子出版社:イースト・プレス発行日:2018-10-13

コメント