漫画『るなしい』2巻ショート・レビュー

意志強ナツ子さんの漫画『るなしい』2巻のショート・レビュー。

祖母の鍼灸院で、「火神の子」として信者ビジネスに加担する女子高生”るな”。彼女に影響を受けた陽キャ男子・ケンショーと仲良くなり、3ヶ月間の「ビジネス勝負」をすることに。

“るな”とその祖母に影響を受けたケンショーは頭をひねり、校内で独自に「ワンコインお悩み相談」を開始。順調に業績を伸ばしていく。

その彼のビジネスを「正しい」と認める”るな”も、行動を開始。それは人間の心理を巧みに利用したもので…?

【ブックライブ】
『ブルーロック』『東京卍リベンジャーズ』が5/31まで【新規会員限定で80%OFF!

見た目・行動力と己の魅力を活かしたケンショーのビジネス。それなりに上手く行くのだが、「信者ビジネス」で生きてきた祖母ゆずりのテクニックを活かし、”るな”がその少し上を行く、という構図が面白い。

が、学校内で行われる彼らの行為は、そのビジネスにお金を払う同級生たちも含め、どこか既視感のあるもの。「自己実現」という甘いワードを絡めて展開されるそれら、否が応でも現実社会を想起させ、薄ら寒いものが…。

しかしビジネスに関しては一日の長がある”るな”。ケンショーとは格が違う…と思いきや、そのバランスが危うくなる出来事が。そして2巻ラストでは予想外の展開へ。

『るなしい』1巻冒頭より”るな”が刑務所に入ることは確定しているのだが、さてそこにどう繋がっていくのか?が気になりすぎる!引き方。次巻も期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました