ホラー

オカルト・ホラー

「悪い夢のそのさき…」―読後に想像がモヤモヤ膨らむホラー短編集

かわいい絵柄で恐怖の展開、しかしシュールな笑いで独特の読後感を与えてくれる、「死人の声をきくがよい」でおなじみのうぐいす祥子さん。 その2冊めの短編集となるホラー漫画集「悪い夢のそのさき…」を読みました。 カバーでリコー...
オカルト・ホラー

「寄生獣リバーシ」1巻―物語の裏側をサスペンスフルに描く正統派スピンオフ

人間の頭部を乗っ取り人食いとなった寄生生物と、高校生・泉新一とその右腕に寄生したミギーの戦いを描く、岩明均さんの「寄生獣」。 全10巻完結の名作として、また各種映像化もされた漫画。ホラー作品としては異例の人気を誇る作品です。 ...
SF

「サマータイムレンダ」2巻ー島を覆う恐怖、加速する謎とスリル

和歌山の離島で、住民たちとひっそり入れ替わっていく「影」。ループして時間を繰り返す主人公の前には、死んだはずの義妹が…。 田中靖規さん描くSF・サスペンス・ホラー・ミステリー「サマータイムレンダ」、待望の2巻です。
オカルト・ホラー

「魔法使いの娘ニ非ズ」全7巻―恐怖と物語性が両立したオカルト・ホラー

那州雪絵さん描くオカルト・ホラー漫画「魔法使いの娘」全8巻。その主人公・初音と、パートナーとなった兵吾、二人の活躍を描く正統な続編が「魔法使いの娘ニ非ズ」。全7巻で完結済みです。 「魔法使いの娘」のおもしろさはそのままに、より...
アクション

「からくりサーカス」―人類の存亡を賭けた熱き戦いに魂をゆさぶられる全43巻

未読の方に是非オススメしたい一品。漫画「からくりサーカス」全43巻です。 作者の藤田和日郎さんは連載デビュー作「うしおととら」が大ヒット。以降「からくりサーカス」や「月光条例」「双亡亭壊すべし」など、ホラー要素を含んだアクショ...
SF

「サマータイムレンダ」―離島を侵食する「影」の恐怖を描くSFサスペンス

「ひと夏の離島サスペンス」という触れ込みの漫画「サマータイムレンダ」。読んでみると「SF+サスペンス+ホラー+ミステリー」に「青春+恋愛」をぶっこんだ、ワクワク・ドキドキの止まらない漫画だった…! 「サマータイムレンダ」の作者...
オカルト・ホラー

「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」レビュー

小学館「ビッグコミック増刊号」に連載中の「諸星大二郎劇場」掲載作品を中心に、諸星大二郎先生が2006年から2017年にかけて発表した短編が、一冊の単行本になりました。 「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」です。...
オカルト・ホラー

「私のともだち」―これは怖い!那州雪絵さん描く正統派ホラー漫画短編集

ホラー漫画で「ともだち」って、怖いイメージしかないよね(笑)。 楽しみにしていた那州雪絵さんのホラー短編集「私のともだち」を読みました。 那州雪絵さんはホラー専門の漫画家さんではありませんが、「魔法使いの娘」「魔法使いの...
オカルト・ホラー

「ホラーコミック レザレクション」―愛と勇気と恐怖が結集したCF発のホラーコミック

個人的にホラー漫画は好きなんですが、そんなに耐性の強くない方です。 だから勢い余って注文したあと、「手を出しちゃならん分野に踏み込んでしまったんじゃないか?」と少し後悔してしまいました(笑)。 こちら「ホラーコミック レ...
オカルト・ホラー

ダーク・スリラー「やわらかな鋭角」―大火災を生き延びた少女は「奇跡の子」なのか?

大火災で生き残った少女をご神体とする新興宗教団体。スキャンダルを追う週刊誌記者は、果たして「神」を見るのか―。 Comic it連載、多田基生(ただ・きせい)さんの漫画「やわらかな鋭角」1巻を読みました。 謎の宗教団体の...
オカルト・ホラー

「さんかく窓の外側は夜」全巻レビュー

ヤマシタトモコさん描くオカルト・ホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」の全巻レビューです。 「さんかく窓の外側は夜」は霊の視える主人公・三角(みかど)くんと、三角くんをスカウトした除霊師・冷川(ひやかわ)、二人がコンビを組んで除...
オカルト・ホラー

「綾辻黄泉路地図工房」1巻―失せもの探しの地図が導く不思議な世界

手にした者を求める場所へと導く「この世ならざる地図」。地図に導かれた人々は、そこで何を見、そして望むのか。 逢坂八代(おうさか・やしろ)さんの漫画「綾辻黄泉路地図工房(あやつじよみじちずこうぼう)」1巻を読みました。 連...
まとめ・おすすめ

怖おもしろい!オカルト・ホラー漫画おすすめ10選

怖いけどおもしろい!おもしろいけど怖い! そんなオカルト・ホラー漫画の中からオススメ10作をご紹介します。 口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~ 呪みちるさんの「口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~」全1巻。表題作のほか、...
オカルト・ホラー

「死人の声をきくがよい」―オカルト好きなら読むがよい

ヒロインは主人公の傍らによりそう、物言わぬ幽霊。 「死人(しびと)の声をきくがよい」は、そんな設定が斬新なオカルト・ホラー漫画です。 作者はうぐいす…あ、間違えた。ひよどり祥子(さちこ)さん。秋田書店チャンピオンREDに...
オカルト・ホラー

「報いは報い、罰は罰」上下巻―山奥の洋館で起こる恐怖の惨劇

六年は長い 目も開けられなかった赤ん坊が 報いを求めるほどに (森泉岳土「報いは報い、罰は罰」上巻P39より) 森泉岳土(もりいずみ・たけひと)さんの待望の新刊、「報いは報い、罰は罰」上下巻を読みました。 ...
オカルト・ホラー

「口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~」―都市伝説を妖しく描くホラー漫画

「スケスケメガネ伝説」「黒い清涼飲料水」「3本足の人形」…。 昭和感あふれる都市伝説をモチーフにした、独特の異彩を放つホラー漫画の数々。 呪みちる(のろい・みちる)さんのホラー漫画「口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~」を読みまし...
オカルト・ホラー

「鬼を飼う」―帝都に蠢く「奇獣」を巡る物語

昭和初期の東京。 世にも珍しい「奇獣」を扱う奇獣商と謎の少女。 そして彼らに魅入られる、一人の青年の運命―。 吉川景都さんの漫画「鬼を飼う」。吉川さんのエッセイ4コマ「子育てビフォーアフター」と同日に、待望の第3巻...
オカルト・ホラー

怪奇現象解決も市役所の仕事?―正統派ホラー漫画「ことなかれ」1巻

都市で起こる難事件・怪事件など、都市伝説にまつわる怪現象を解決するのは市役所の特殊事案課―。 そんな市役所の一部署「ことなかれ課」を描くホラー漫画、「ことなかれ」1巻を読みました。 青のような緑のような、微妙な色合いが不...
スポンサーリンク