「ほしとんで」―個性豊かな人々が集う、芸術学部俳句ゼミの青春

タイトルが「ほんとしんで」に見えるとは、作者・本田さんの自虐的な弁。

正しくは「ほしとんで」。

芸術学部の俳句ゼミに集まった、ちょっと癖のある学生と結構癖のある先生が繰り広げる、俳句コメディ。

これが予想外に本格的な内容で、おもしろい…!

作者の本田さんは、「ガイコツ書店員 本田さん」の本田さん。以下、1巻のレビューです。

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)著者:本田出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2018-10-15

スポンサーリンク

あらすじ

戦後ながらく有名人および変人を排出し続ける、国内屈指の名(迷?)学部「八島大学芸術学部」。通称「やし芸」。

文章表現が趣味で一切の覇気から解き離れている新入生・尾崎流星は、ゼミの割当で俳句ゼミに所属することに。

本田「ほしとんで」
[本田 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「ほしとんで」1巻より引用]

そこには講師の坂本はじめ、チェコと日本のハーフ、漫画家志望のオタク、小説好きのこじらせ女子、赤ちゃん連れのお母さん学生など、個性豊かな面々が集う。

ほとんどが俳句初心者の中、毎回の授業で自己表現と批評の目にさらされながら、流星たちは徐々に俳句の奥深さに触れて―?

濃いメンツの俳句ゼミ

漫画「ほしとんで」1巻。少し変わった俳句ゼミに入った主人公の流星くんが、濃いゼミ仲間とともに俳句の世界に入門。

文系芸術学科の独特な文化を混じえながら、俳句に触れる生徒たちを通して、俳句の魅力が語られていきます。

といっても堅苦しいものではなく、基本的にはゆるい笑いのある雰囲気。文化系コメディ感のある漫画です。

私は「俳句」と言えば、国語の授業で習った程度の知識しか持ち合わせていない人間。五・七・五の定形や、季語を入れなければいけない、ぐらいのルールしか知りません。

が、「ほしとんで」を読んで、俳句の世界にグッと興味が湧きました。講師・坂本先生の俳句授業、これが実に興味深く、おもしろい!

魅力的な俳句の授業

序盤の授業で、坂本先生から提示された2つの季語。

  • 山笑ふ
  • 猫の恋
本田「ほしとんで」
[本田 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「ほしとんで」1巻より引用]

さて、これはいつの季節の言葉で、どんな状態を言っているのか?恥ずかしながら、私はわかりませんでした。が、先生の説明を聞いて納得(詳しくは本文で)。

「夏」とか「雪」とかは季節をあらわす語としてわかりやすいですが、こういう「擬人化された言葉」が季語にあたるとは。この授業で、俳句の世界にグッと引き込まれました。おもしろい。

ちなみにこういった季語は、「歳時記」に収録されているとのこと。これは素直に教養として読んでみたくなりました。

増補版 いちばんわかりやすい俳句歳時記著者:辻桃子出版社:主婦の友社発行日:2016-10-13

また別の授業では、「や」「かな」「けり」(「切字」と言う)と初夏の季語を使った俳句を作る、という課題が。

その中で、生徒の一人が作ってきた俳句の一つがこちら。

「母の日や 揃いのメガネケースかな」

素人目には洗練さはなくとも、まあまあの俳句かな、と思います。が、これは俳句の流れを切る役割をもつ切字が重複するのは、あまり好ましくないそう。

本田「ほしとんで」
[本田 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「ほしとんで」1巻より引用]

なるほどね~。如何に自分が俳句というものを知らないか、をひしひしと感じました。

そして生徒が作ってきた俳句を、坂本先生が問題点を指摘、より良い俳句にしていくのですが、その内容が的確過ぎて、まるで自分が授業を受けているかのようなヴァーチャル感。

生徒の感動=読者の感動に直結していて、素直におもしろく、また俳句に興味が湧いてきました。漫画と俳句、2つのおもしろさを同時に受け取り、新鮮な読後感がありました。

文化系芸術学科のおもしろみ

そんな俳句の授業の中で浮き彫りになってくる、文系芸術学科の生徒ならではの性質にもまた、おかしみが。

それぞれ創作に関わる身ながら、内面を表に出すことで受けるダメージを恐れていたり、そんな「ちょっとこじらせた気難しさ」が描かれ、笑いを生み出します。

また坂本先生はじめ癖のある教授たちなど、高校とも一般社会とも異なる、大学ならではの独特な空気。読みながら大学に通っているかのような、「学び舎の雰囲気」にどっぷりと浸ることができます。

そして1巻で感銘を受けたのは、坂本先生のこの言葉。

本田「ほしとんで」
[本田 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「ほしとんで」1巻より引用]

そう、知ると楽しいのです。本田さんの「ほしとんで」1巻。まさに知る楽しみを教えてくれた漫画でした。いや~、教養って大事やね…。

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)著者:本田出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2018-10-15

コメント