漫画「解体屋ゲン」―解体は壊すだけじゃない!『こわし屋』の破壊と創造

壊すだけが解体業じゃない!壊したあとにこそ、創り上げられるものがある

職業・解体屋を主人公に据えた異色の漫画「解体屋ゲン」。筋の通った大男・ゲンとその仲間たち、建築物の解体をするプロフェッショナルの生きざまが、彼らの携わる仕事を通して熱く描かれます。

原作は星野茂樹さん、作画は石井さだよしさん。芳文社の週刊漫画TIMESに連載中で、単行本は電子書籍のみの刊行となっています。なおタイトル「解体屋」の読みは、「かいたいや」ではなく「こわしや」。「こわしやゲン」の読みだけでも覚えて帰ってください。

「解体屋ゲン」感想

「解体屋ゲン」概要

「解体屋ゲン」の主人公は、零細解体業「朝倉工務店」を営む朝倉厳(あさくら・いわお)38歳、通称ゲン。ヘルメットに汚い作業着、無精髭に突き出たお腹と、その外見からは一見粗雑な感じのする大男です。

そんなゲンは、実は日本では珍しい「爆破解体のエキスパート」。恋人を建築現場の事故で亡くすという悲しい過去を持ちながら、目指すは「日本一の解体業者」。確かな実力と大きな目標を持つ、一流の職人です。

その彼とコンビを組むヒロインは、大手企業・三友重機リースのやり手社員・大月慶子33歳。ゲンに依頼した町工場の解体案件を皮切りに以後、朝倉工務店と協力して数々の現場をこなすことに。

慶子のほかにも、物語が進むにつれ新たな仲間・協力者を得たゲンが、様々な現場やより難易度の高い解体案件に挑んでいく様子が、社会問題・時事問題、時に人情話などを絡めて描かれていきます。

バラエティ豊かな解体案件

「解体」でパッと思い浮かぶのは、都市部の建物解体や、住宅地の家屋解体などではないでしょうか。もちろんそれもゲンたちの業務の一部ですが、彼らが活躍する現場は街中だけにあらず

  • 山奥にある廃ホテルの爆破解体
  • ロープウェーの撤去作業
  • 座礁したコンテナ船に接する岩盤の水中爆破

など、ありとあらゆる場所での解体仕事が描かれます。

また純粋な解体作業以外にも、

  • 映画用の一回きりの橋脚爆破
  • 建物に仕掛けられた爆弾の解除・取り外し
  • 家屋を壊さずに移動させる「曳き家(ひきや)」案件

といった、ゲンや仲間の技術を活かした面白いエピソードがてんこ盛り。人々の困りごとをゲンや仲間たちが解決したり、といった仕事内外の人情ストーリーもあり、飽きのこないストーリーが展開されていきます。

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

難題を如何にして乗り越えるか?

そんなバラエティに富んだ案件の数々を、ゲンたちが「知恵と工夫」で解決していくのが、「解体屋ゲン」の大きな見どころ。

例えば1巻収録の「イヌワシの聖地」では、廃ホテルの爆破解体に際して「イヌワシの生態を脅かさない」という条件を付けられます。爆破するのに音も光も出すな!という、非常に無茶な話

ですが「音のしない爆破だろうがなんだろうが、やってやろうじゃねェか!!」と啖呵を切ったゲン。熟考の末「あるタイミングで爆破解体を行う」ことを思いつき、難題をクリアー。クライアントの要求に応えます。(※内容はコミックで見てね!)

爆破解体と言えば一見、力技のように見えますが、それを日本で実行するためにはいろいろと工夫が必要。現場の数だけ存在する難問を、ゲンたちがどのように乗り越えるか?が「解体屋ゲン」の面白みのひとつ。またその過程で描写される、「最先端の爆破技術を使った解体」も見ものです。

さらに物語では解体案件だけではなく、談合や下請けイジメ・手抜き工事など建設業界、ひいては社会問題にもかかわる内容も題材として取り上げられ、「お仕事マンガ」として充分な読み応えを与えてくれます。

実は「創造」に魅力のある物語

そんな「解体屋ゲン」。タイトルこそ「こわし屋」ですが、「壊す」だけではなく、壊したあとにゲンたちが創り上げていくもの、「解体のあとの創造」にその魅力の本質があります

解体作業の終了後、その場所をどのように利用・活用するか。自然内にある障害物を破壊したあと、そこからどのように自然の回復につなげるか。そんな「破壊のあとの再生」、新しいものを創り上げる道への配慮に、ハッとする気づき・面白みがあります。

そしてその創造の中で、ゲンたちがもう一つ作り上げていくものが、ファミリーとも呼べる仲間との関係

曳き家職人・ロクさん、クレーン操縦者・ヒデ、元グラドルながら各種操縦免許を持つ光など、多くの仲間を朝倉工務店(のち五友爆破株式会社)に迎え入れ、自身もやがて慶子と結婚、子どもを設けます

当初は一匹狼で仕事を続けていたゲンですが、解体を続けるうちに仲間との信頼関係を構築し、伴侶を得て父親となっていく様子が、実に温かい。

現場では解体の「その次」を見据え、そしてゲン自身も仲間との絆を紡ぎ、ファミリーを創り上げていく。物語全体でゆっくりと、しかし着実に描かれる創造に、「解体屋ゲン」ならではの魅力が詰まっています。

まとめ

以上、漫画「解体屋ゲン」の感想でした。「爆破解体」という異色の題材ながら、仕事に人間描写に手抜きなし!の濃厚な作品。環境問題や社会問題・時事問題など、解体以外の内容も非常に興味深い内容で、飽きないおもしろさがあります。

ちなみにこの「解体屋ゲン」。2002年の連載開始から通算700話を数える人気作品ながら、電子化されるまではコンビニコミック数巻以外は単行本化されていなかったという、これまた異色の経歴を持つ漫画。現在は80巻を超える電子書籍版にて、その魅力を余すことなく楽しめます(2021年6月現在)。

他にも原作者である星野茂樹さんのnoteで、「解体屋ゲン」の一部を読むことが可能。ゲンたちが萌えゲーにハマったことで話題になった、第655話「秘密の花園」も読めます。ぜひ試し読みしてみてください。

星野茂樹|note
漫画原作者星野茂樹です。現在『週刊漫画TIMES』にて「解体屋ゲン」(作画:石井さだよし)を連載中。他に『ことなかれ』(作画:オガツカヅオ)など。

なお「解体屋ゲン」は最新巻~ひとつ手前巻ぐらいまで、Amazonの定額読み放題「Kindle Unlimited」の対象となっています。単行本を全部買えない!リーズナブルに読みたい!という方はそちらもチェックしてみてください。面白いですよ!

※価格および読み放題サービスの対象については、変更になる可能性があります。サービス利用時に詳細をご確認ください。

【ブックライブ】新規会員限定【全作品50%OFFクーポン】もらえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました