面白い漫画の探し方!まだ見ぬ作品に効率良く出会う方法

「面白い漫画を読みたいんだけど、探し方がわからない!」

というのは、多くの漫画ファン共通の悩みなのではないでしょうか。そこで漫画好きの管理人が考える「面白い漫画の探し方」をまとめてみました。

効率よく面白い漫画を探したい、読む漫画ジャンルの幅を広げてみたい、という人にもオススメです。

「面白い漫画」を探す方法

「面白い漫画」に出会うために、出来るだけ多くの漫画を読みたい!でも時間的・金銭的な制限があるから、全ての漫画を読むことはできない…。


【フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)より】

だからこそ効率良く漫画に触れたいところ。そこで個人的に行き着いた考えが、

  1. 世の中にどんな漫画があるのか(情報)を知る
  2. 実際に興味の向いた漫画に触れる(読む)

という2段階。

まずは「漫画の存在」をできるだけ多く知る。そして興味の湧いた本に触れて(試し読みをして)、そして面白ければ買う。

こんな流れを作ると、面白い漫画に行き着きやすくなると考えます。以下、そのための具体的な方法です。

どんな漫画があるのかを知る(1)

まず「知る」の手順。これは例えばSNSやブログ等で、漫画情報を発信している人をフォローするのが良いでしょう。

漫画家さんを直接フォローすると観測範囲が狭くなりますし、出版社もちょっと偏りがあります(※別にフォローしてもいいんですよ)。

それよりは、漫画好きが発信した情報の方が、幅広いジャンルの漫画をカバーできます

ところで「漫画の虎」という面白いブログがあるんですけどね…

話が逸れました。

どんな漫画があるのかを知る(2)

漫画を「知る」ためのもう一つの方法は、電子書籍ストアのレコメンド(おすすめ)の活用

電子書籍ストアにアクセスすると、閲覧履歴などからオススメの漫画が表示されますが、その精度が高いのがAmazonのKindle。レコメンドでKindleに勝るストアは無い、と言ってもいいでしょう。

Kindleにアクセスしたら、とりあえず自分の好きな漫画のページに行ってみてください。するとページの下の方に関連商品やおすすめタイトル(レコメンド)が表示されるので、自分の知らない漫画をクリックしてみましょう。

そのページでも出てくるレコメンドをさらにクリック…を繰り返していくと「あ、これおもしろそう」と、興味が向く漫画に出会えます。

が、この方法にも限界があり、いずれ同じところをグルグル回る、というループに陥ります。そうしたら次の段階。今度は「興味の無い漫画」や「普段読まないジャンル」の書影をクリックしてみてください。

普段は少年漫画しか読まないけど、少女漫画や女性向け漫画をチェックしたり、シリアスな漫画が好きだけど、あえてコメディをチェックしてみたり。この手順も同様に続けていくと、自分の観測外の漫画・ジャンルと意外な出会いがあります。

漫画に触れる・読む

興味の湧いた漫画を見つけたら、早速読んでみよう!

…と言っても、全部買ってたらキリがありません。しかし現在は「電子書籍」という便利なものがある!

「電子書籍がこれまでの読書体験を変えたもの」の一つに、「試し読みが簡単にできるようになったこと」があります。購入前に内容に触れることで、面白い本に出会う確率がグッと高まりました。

ということで、試し読みをガンガンしましょう。試し読みはタダ!です。電子書籍では通常の試し読み以外にも、以下のような無料本が用意されています。

  • 無料(1冊を0円でもらえる)
  • 期間限定無料
  • 試し読み増量

特に完全無料でもらえる漫画は、もらっておくに越したことはありません。「あ、あの漫画を読みたくなったな」という時に最初の数巻を持っていたら、購入のハードルがグッと下がります。

さて試し読みについては、レコメンドでも触れたKindleの無料漫画が便利ですが、電子書籍ユーザーに一度さわって欲しいのがブックライブ(BookLive!)」。

ブックライブは「新刊」「セール作品」「無料作品」「キャンペーン」などの情報が整理されていて、とても「漫画が見つけやすい電子書籍ストア」です。


ブックライブ:無料作品コーナー(少年・青年マンガ)

またブックライブは他の電子書籍ストアに較べて、検索機能が圧倒的に高機能。

除外設定や絞り込みの条件設定が豊富で、漫画が探しやすくなっています。ほかにもストアのレ反応が良く、ストレスなく読書・試し読みができるのも、オススメのポイントです。

ブックライブの新規会員登録でもらえる『全作品50%OFFクーポン』は【電子書籍1冊が値引き上限無しで半額】になるので、高額書籍への利用がお得!ほか『おまけクーポン×2』ももらえます。

なお試し読みは同じ書籍でも、ストアによって試し読みできるページ数が異なる場合があります。メインで使っているストアの試し読みページが少ない場合は、別のストアもチェックしてみてください。

新規限定『6回使える70%OFFクーポン』(1購入で最大500円引き)で最大3,000円お得!金曜日はPayPay還元コミックフライデー開催

漫画の紹介本・ガイド本を見る

さて最後に、上記以外にも漫画の知識を仕入れる方法があります。

それは「面白い漫画をまとめた紹介本・案内本・ガイド本」を読むこと。一流の漫画読みの書評や、現在・過去の人気漫画を知ることができます。

まずは年末の風物詩、「このマンガがすごい!」。

この中で一番役に立つのはランキング…ではなく、ランキングの後に掲載される「選者や漫画関係者がオススメする漫画」。観測範囲外のマニアックな漫画を知ることができ、大層役立ちます。

個人的に「このマンガがすごい!」より好きなのが、カルチャー誌「フリースタイル」。

年末の特集「このマンガを読め!」は、マニアックな漫画が多数紹介されていて、読み応えがあります。

ほか、収録タイトルが少し渋めですが、中野晴行さんの「まんがのソムリエ」、ブルボン小林さんの「マンガホニャララ」シリーズも、面白い漫画コラムです。

いずれも漫画愛の詰まった内容で、読み物としても楽しめる漫画紹介書籍です。

まとめ

以上、「面白い漫画の探し方」でした。基本は「より多くの漫画に触れる」ですが、慣れてくると「面白そうな漫画を探す嗅覚」が鍛えられてきます。いろいろなツールを利用して、「面白い漫画に出会える機会」を増やしてみてください。

コメント

  1. 加藤 より:

    個人的にはKindleよりBookLiveの方が
    特集や感情タグなどの検索機能が充実してる

    あと自分は電子派だけど本屋にいって
    隅から隅までタイトルが面白そうなの
    探してる

    • ネットタイガーネットタイガー より:

      コメントありがとうございます。ブックライブやebookjapanなど最近はタグが付くストアがありますね。自分はあまり見てなかったのですが、確かに興味に合う漫画が見つかりそう。今度チェックしてみます!

タイトルとURLをコピーしました