SF漫画「Silent Blue」―水の底の真実を求めて

「水」をテーマとした作品を多数手がけておられる漫画家・安堂維子里(あんどう・いこり)氏の漫画「Silent Blue(サイレントブルー)」を読みました。

全1巻完結済み。舞台は現代ですが、ジャンルとしてはSF・ファンタジー?私が安堂氏の世界に初めて触れた漫画は「世界の合言葉は水」。描かれるシーンの瑞々しさに感銘を受けたのを覚えています。この「Silent Blue」はどんな水の世界を見せてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

あらすじ

20年前、とある街に隕石が落下した。その後、落下跡に雨が20日間降り注いでできた湖、「二十日湖(はつかこ)」。

移動カフェを営む女性・あおこはウェットスーツに身を包み、素潜りで湖に潜る。4歳の時、街に住んでいたあおこだが、当時の記憶が無くなっていた。

深く、もっと深く潜れば失われた「何か」を取り戻せるかもしれない。今日も湖に潜るあおこ。やがて彼女は同じく湖の秘密を探る保険会社員・青木と出会い、彼の協力を得て湖の底を目指す―。

「Silent Blue」感想

いやー、隠れた名作ってまだまだあるんやなぁ…(しみじみ)。1本の映画・ドラマを見終わったような満足感。良かったです。

湖の底に向かって真っ直ぐ潜るあおこ。次第に光りが届かなくなって、視界に入ってくるのはかつて街だったもの。

「モノなのか思い出なのか場所なのかわからないけど
なにかすごく大切なことがあった気がする
みつければ納得できると思う」

あおこの純粋な気持ちと、水の底深くにただ横たわるかつて街だったもの。モノクロの漫画なのに、不思議と蒼い景色が広がるようで、不思議な感覚です。

人間というものは呼吸をしないと生きていけないわけで。水の、その深くを目指す時、それは「限りある時間」と切り離せません。

刹那とも言えるその時間の中で、あおこが見た真実。暗い水の底で輝くきらめきがいつまでも心に残ります。

さてそんな「Silent Blue」。その魅力は「水の表現」にもあります。

P66・67の見開きで潜水するあおこの足元から生まれる泡。その一つ一つがかつて街に住んでいた人々の生活をあらわしていたり。P116であおこと青木がカウンターをはさんで湖の話をする、その背景イメージが湖の底だったり。

描かれる水のイメージ、ハッとするような表現の美しさがあります(イメージの美しさを文章で表現することのなんともどかしいことか!)。

またヒロイン・あおこの表情がすごく魅力的。マジメな顔、驚く顔、そしてはじけるような笑顔。あおこの豊かな表情を見ていると、つられて読み手も同じ顔しちゃいますね(笑)。

というわけで安堂維子里氏描く漫画「Silent Blue」の感想でした。全1巻完結がさびしいぐらいの良い漫画です。さわやかな感動をどうぞ。

漫画データ
タイトル:Silent Blue (FEEL COMICS)著者:安堂維子里出版社:祥伝社発行日:2012-07-06