漫画「スターダストメモリーズ」―宇宙の謎と神秘を描いた星野之宣のSF短編集

星野之宣氏と言えばSF漫画「2001夜物語」が超有名ですが、その他にも数多くのSF作品を描かれています。

この「スターダストメモリーズ」もその一作。バラエティ豊かな短編SF漫画が詰まった単行本です。

スポンサーリンク

概要

SF短編集「スターダストメモリーズ」は表題作である連作「スターダストメモリーズ」全6編他、7編を収録。

  • スターダストメモリーズ
    Vol.1 詩人の旅
    Vol.2 木霊(こだま)の惑星
    Vol.3 メリー・ステラ号の謎
    Vol.4 射手座のケンタウロス
    Vol.5 鯨座の海
    Vol.6 セス・アイボリーの21日
  • ウラシマ効果
  • ウォー・オブ・ザ・ワールド
  • ターゲット
  • 大いなる回帰
  • 灼(や)ける男
  • 宇宙からのメッセージ
  • メビウス生命体

以上、全13編の収録タイトルです。

「スターダストメモリーズ」感想

星野之宣氏作品を読まれた方なら説明不要ですが、どの作品もクオリティの高いSF。全て宇宙や惑星が舞台です。「2001夜物語」のような未来への希望を描いた作品に較べると、ちょっとデッド・エンド多め?でもそこがイイ。

どれもおもしろいのですが、特に気に入った作品を抜粋して感想を。

「Vol.2 木霊の惑星」
30年前に消息を絶った探査隊の捜索のため、惑星「ジェミニⅡ」を訪れた調査隊一行が出会ったのは?未開惑星の調査のためクローン人間を使った「消耗探査隊」、そして彼らにシンクロニシティを感じた遺伝子提供者たち、という設定がおもしろい。

「Vol.4 射手座のケンタウロス」
ギリシア神話に出てくる半人半馬の名を冠された生物・ケイロン。その生命力の秘密を探る富豪たちが見たケイロンの秘密―。星野氏の別作品「コドク・エクスペリメント」をどことなく彷彿とさせる一作。グロテスクなモンスターと、その謎が秀逸。

「Vol.6 セス・アイボリーの21日」
今巻の個人的ナンバー1。とある惑星に不時着した女性。救助が来るのは21日後。しかしその惑星では生物時計の進行が早く、救助が来る前に老衰で死んでしまう。絶望した女性がとった行動は―?現実ではありえないストーリーの中に、生命の神秘、人間としての葛藤・哀しみが詰まった、これぞSF。

「メビウス生命体」
オリオン座のブラックホール観測船。採集班が拾ってきた「球体」から出てきたそれは、観測船を壊滅の危機に―。星野氏のSFパニックものは絶望感にあふれていて本当にハラハラします。そして単純な恐怖の描写に終わらず、宇宙の秘密・謎に触れるまでがSF。さすが。

というわけで一部抜粋の感想となりましたが、どの作品も読み応えのある良質のSF漫画。おもしろかったです。星野之宣氏のSFファンのみならず、SF漫画に飢えているSFファンにもオススメ。

漫画データ
タイトル:スターダストメモリーズ (幻冬舎コミックス漫画文庫)著者:星野之宣出版社:幻冬舎コミックス発行日:2008-03-24
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする