「1518!(イチゴーイチハチ!)」―生徒会活動に情熱を注ぐ高校生の青春群像劇

この記事は約4分で読めます。

夢やぶれて傷つきながらも、新しい夢へ向かって歩きだす若者たち。15歳から18歳までの輝ける青春を、生徒会活動へ情熱的に注ぐ。

相田裕(あいだ・ゆう)さんの漫画「1518!(イチゴーイチハチ!)」。学生生活の縁の下の力持ちである「生徒会」に情熱を注ぐ若者たちを丁寧に描きあげる、異色の青春群像劇です。

「1518!」の連載は、週刊ビッグコミックスピリッツ。既刊6巻で以下続刊。

上は3巻のカバー。中央右は、主人公・丸山幸(まるやま・さち)。左はもう一人の主人公である烏谷公志郎(からすや・こうしろう)。背景右上のメガネの女性が、物語のキーパーソンである生徒会長です。

スポンサーリンク

「1518!(イチゴーイチハチ!)」レビュー

あらすじ

私立松栢(しょうはく)学院大学附属武蔵第一高校、通称「松武(しょうぶ)」は、県内トップの公立校を受験する学生たちの、併願校。そのモットーは、「受験で負けたが高校生活では負けない」。ゆえに、気概のある生徒が松武には集う。

その一人である新入生・丸山幸。中学時代の先輩である生徒会長に誘われ、生徒会に入ることに。テニスコート隣の建物を根城とする生徒会室には、豪放磊落な女性会長はじめ、ユニークな気質を持つ面々が集う。

幸を加えて活動を始める生徒会。会長は元担任から、男子生徒・烏谷公志郎の世話を頼まれる。ほぼ全員が運動部に入部する「情報コース」にいながら、ケガで野球から遠ざかり、クラスでただ一人部活に入っていない公志郎。

実は彼は、会長の少年野球時代の因縁の相手。そして幸が、その輝きに心を奪われた野球選手だった。

相田裕「1518!(イチゴーイチハチ!)」1巻
[相田裕 著 小学館「1518! イチゴーイチハチ!」1巻より引用]

会長に声をかけられ、生徒会の手伝いをする公志郎。しかしモヤモヤを抱え、かつての輝きは失われていた。その背中に何かを感じた会長は、公志郎に野球勝負を挑む。

「野球への未練、あたしが断ち切ってやろう」

1518! イチゴーイチハチ!(1) (ビッグコミックス)相田裕:小学館

舞台は私立高校の生徒会

以上が「1518!(イチゴーイチハチ!)」1巻中盤までの流れ。以降、会長と生徒会の仲間たちを中心に、生徒会の活動がつぶさに描かれます。

松武は「運動系の学生が属する情報コース」と、「学力上位者による特進・選抜コース」の混在する高校。運動面でも学力面でも、全体的に向上心の強い生徒が揃っています。

その中で、学校の「裏方の中心」を担う生徒会。幸や会長らメンバーは、学生としての本分を全うしながら、学生生活や学校イベントを実行・サポートしていく存在。

相田裕「1518!(イチゴーイチハチ!)」
[相田裕 著 小学館「1518! イチゴーイチハチ!」2巻より引用]

目安箱の投書から、アイスの自動販売機設置を目指す「アイス大作戦」。お祭り的な雰囲気を持つ学内行事「新歓マラソン」のサポート。生徒総会に向けた地味だけど辛い準備と「余興」の製作、など。

学校生活において重要な役割を持ちながら、一部の生徒以外はほぼ、その存在や活動を意識することのない「生徒会」。その活動内容と、属するメンバーたちの気持ちは、実に興味深いもの。

挫折と成長

そんな「影の存在」である生徒会メンバーたちが、矜持を持って成長していく様子が「1518!(イチゴーイチハチ!)」の魅力。

部活に情熱を持てず、受動的に生徒会に入った幸。ケガで選手生命の危機を迎え、成すべきことを見失っていた公志郎。そして男子との体格差に絶望し、野球の道を諦めた会長。

生徒会の活動に真剣に向き合い、仲間たちと交流していく彼・彼女ら。かつて挫折を経験しながらも、成すべきことを見つけ、再生し、そして前を向いて歩き出していく。そのプロセスが丁寧に描かれ、読者に静かな感動と情熱の心を与えてくれます。

公志郎の変化と成長

そんな「1518!」、実は人によっては少し難しい漫画かもしれません。というのは、「公立進学校の受験に失敗したが、比較的優秀な学生が通う高校の雰囲気」をどれだけ理解できるかが、物語を楽しめるカギだからです。

学生生活の経験は人それぞれなので、その雰囲気が伝わらないうちは少し「?」な部分もあるでしょう。しかし幸・公志郎・会長たちが生徒会活動に奔走する様をじっくり読み進めると、じわじわと伝わってくるものが。

その中でも印象的なのは、元・野球少年である公志郎の変化と成長。

相田裕「1518!(イチゴーイチハチ!)」
[相田裕 著 小学館「1518! イチゴーイチハチ!」3巻より引用]

1巻で生徒会に入り、2巻で新歓マラソンの旗手を務め、3巻で生徒総会の準備に奔走と、スポーツ漬けの部活時代とは全く異なる学生生活を送る彼。

しかし幸たちの温かな心に見守られながら、徐々にその内面は変化。新たに進むべき方向へと向かっていきます。

相田裕「1518!(イチゴーイチハチ!)」4巻
[相田裕 著 小学館「1518! イチゴーイチハチ!」4巻より引用]

そして4巻で、松柏生として、生徒会の一員として、野球部の応援をすることになった公志郎は…。その家族も含めた、若者の変化と成長。胸に突き刺さるものがあります。

そんな公志郎をお姉さん的な?感情で見守っていた幸。公志郎を間近で見ているうちに、その胸の内に湧き出るものが…?学園ものならではの甘酸っぱい展開も見逃せない!(笑)

まとめ

以上、生徒会メンバーの活動と成長をこれでもか!と丁寧に描く漫画、「1518!(イチゴーイチハチ!)」のレビューでした。青年誌連載ですが決してノスタルジックな空気を醸し出すものではなく、むしろ今を生きる力を読み手に与えてくれる、良質な青春漫画です。

ちなみに「1518」というキーワード。「15歳から18歳までの高校生活」を示しますが、それ以外にも作品の中で随所に現れます。どこに登場するのか?は、ぜひ本編を読んで探してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました