漫画『ダーウィンクラブ』感想:謎多きテロの目的は?社会派クライム・サスペンス

過剰な経済格差を是正せよ!

トップと末端社員の給与格差が大きい企業に向けられた、過激なテロ。刑事は捜査の過程で、かつて父親を殺した男を発見するー

朱戸アオさんの漫画『ダーウィンクラブ』。世界的な経済問題を題材とした、社会派のクライム・サスペンスが描かれます。

『ダーウィンクラブ』は講談社の漫画雑誌「モーニング」にて連載中。2022年4月現在、コミックス1~3巻が刊行されています。

『ダーウィンクラブ』感想・レビュー

あらすじ

日々経済格差が広がる世界で、『CEOと一般従業員の年収格差が1000倍以上』に当てはまる世界的企業100社に向けて、謎の脅迫が送りつけられる。

「3年以内に差を200倍未満にしろ。さもなくば消滅させる」

それから3年。警告を受けながらも無視を続けていた企業に対し、ついに過激なテロが実行される!

手始めに標的となったのは、フロリダの民間による有人宇宙飛行の発射場と、連動する東京のイベント会場。

居合わせた人々は、ライフルを持ったテロリストたちにより、為す術もなく蹂躙されていく。

その凄惨な光景を、中継で見ていた刑事・大良(たいら)は、映像の中にかつて父親を殺した男がいることに気づくー

ダーウィンクラブ - 朱戸アオ / 第1話 犬も歩けば棒に当たる | コミックDAYS
貧富の差、人種の差、宗教の差。新自由経済が進み格差が広がる社会。そんな世界で次々狙われるGAFA的企業。世界を動かす企業を襲う「組織」。「組織」が次に狙うのは…。そして、その「組織」に父親を殺された主人公は、彼らを追い詰められるのか!?

本格的な社会派クライム・サスペンス

「世界で裕福な1%の人間が持つ富の合計は、その他約70億人が持つ富の合計の2倍以上」

GAFAに代表される超巨大企業。その経営陣たちが手にする報酬は、一般庶民からは現実味のない高額、というには桁違いなもの。

一方、末端の従業員たちは充分な給与を得ているとは言えず、その差は開くばかり。

漫画『ダーウィンクラブ』は、そんな社会的な経済格差を発端としたテロ事件と、それを追う刑事の姿を描く、本格的な社会派クライム・サスペンスです。

作者の朱戸アオさんは『インハンド』『リウーを待ちながら』など、医療系のサスペンス・ミステリーに定評のある漫画家さん

綿密な取材と緻密な構成力で、物語を作り上げていくその手腕は、本作でも健在。全編に「リアル」が漂います

父を殺された刑事の「特殊能力」

『ダーウィンクラブ』の主人公は、ちょっと間が抜けているけど、後輩には慕われる人柄である平刑事・石井大良

しかし幼少時に、自転車屋を営む父親を謎の二人組に殺された、という凄惨な過去を持つ人物。

その大良には、「一度見た顔と名前は忘れない」という特殊能力が。当時目撃した犯人の顔をテロ事件で発見、正体を追いはじめます。

が、末端のいち刑事である彼は、捜査本部の中心には入り込めない。そこを「特技」を活かして上手く立ち回り、独自に調査を進めていく、その過程に面白みがあります。

また「ただの自転車屋であった父」が、「のちに国際的なテロ事件に関わる男」に殺されたのは何故か?という謎も多いに気になるところ。

新規会員は好きな電子書籍1冊が半額になる「50%OFFクーポン(値引き上限無し)」と、「おまけの割引クーポン×2」がもらえます!

謎多きテロ組織の真の目的は…?

一方、大良の父を殺害し、テロ現場で目撃された人物・佐藤(仮名)

物語冒頭で「ヒトの進化の停滞」を憂い、大企業に警告を発した彼。その背後には、「ダーウィン」に関わりのある組織の存在が見え隠れ。

「以前パタゴニアに行きましてね」「グアナコはご覧になりましたか?」と謎の合言葉を交わすメンバーたち。

大企業をターゲットにする割にはどこか裕福なイメージがあり、ギャップも感じさせる組織、その全容はまだまだ不明。

しかし目的のためには、殺人も躊躇なく行う彼ら。そもそもその「目的」も、表面上は「経済格差への反発」なのですが、本当にそれが最終目標なのか?そこには大きな疑問が…。

そして「組織」の手は、警察内部にも。警察署内で謎の証拠紛失が起こり、それを調査していた大良の後輩刑事に危険が…?

「誰が味方で誰が敵かわからない」スリリングなサスペンス展開を見せる物語。大良は真実にたどりつき、父の仇を討てるのか…。

新規限定『6回使える70%OFFクーポン』(1購入で最大500円引き)で最大3,000円お得!金曜日はPayPay還元コミックフライデー開催

まとめ:緊迫のクライム・サスペンスにドキドキ

以上、朱戸アオさんの漫画『ダーウィンクラブ』の感想・レビューでした。

医療系のサスペンス・ミステリーで評価の高い作者ですが、本作は社会的な内容にサスペンス要素を全振り。リアリティあふれるその内容に、終始ドキドキします。

また今後の巻で、「主人公の特殊能力」と「犯人の思想」、そして経済格差という社会問題がどのように絡み合っていくのか?が大いに気になるところ。

緊迫のクライム・サスペンスの結末に、期待が高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました