アクション・格闘技漫画ドラマ・恋愛漫画感想・レビュー

漫画『GROUNDLESS』感想―「架空世界の戦場群像劇」描く本格ミリタリー!

[ページ内に広告が表示されます]

戦乱で愛する家族を奪われた女性は、狙撃銃を手に取り復讐を誓う―。

影待蛍太さんの漫画『GROUNDLESS(グランドレス)』。女性スナイパーの復讐劇を起点に、架空の国家における苛烈な内乱を描く、本格ミリタリー漫画です。

GROUNDLESS : 3-死神の瞳- (アクションコミックス)

オリジナルはWeb発表の『GROUNDLESS』。作者サイトに記載の「架空世界の戦場群像劇」という言葉が、作品の本質を良くあらわしています。2023年11月現在、双葉社よりコミックス1~11巻が刊行中。

『GROUNDLESS』感想・レビュー

どんな話?主なあらすじ

島国アリストリアの中で、武器産業により自治を確立している街・ダシア。武器商の妻・ソフィアは将校の裏切りで夫と左眼を失い、幼い娘も奪われる。

復讐を誓い、狙撃銃を手にダシア自警団に志願したソフィア。折しも不安定な情勢から、ダシアは解放軍と交戦状態に。

果たして彼女は将校を撃ち、家族の仇を取れるのか…?

…以上が『GROUNDLESS(グランドレス)』1巻の2/3までで描かれる、悲劇の女性スナイパー・ソフィアの復讐劇。以降、彼女が属するダシア自警団を中心に、アリストリアを舞台とした戦場群像劇が展開されていきます。

漫画が読みやすい【ブックライブ
新規限定+おまけクーポン
全1巻から長編までお得!

「戦場のスナイパー」の強烈な存在感

『GROUNDLESS』の世界観は、実際の歴史に例えると第一次世界大戦ぐらい。戦車や航空機も存在しますが、小銃携行の歩兵が戦闘の中心。

その中で腕のいい狙撃兵(スナイパー)の存在は、戦局を左右する大きな要素。遠距離からの攻撃で敵の行動を制限すると同時に、味方の行動を活発化させていきます。

GROUNDLESS : 2-第三穀倉地域接収作戦- (アクションコミックス)

ダシア自警団の中でその役割を担うのが、長身の狙撃銃を手にするソフィア。1巻では超正確な狙撃能力で次々とヘッドショットを決め、一気に戦場の主役に。

続く2~3巻で描かれる「穀倉地接収作戦」でも、敵に待ち伏せされ絶体絶命のピンチに陥った自警団を、夜間のスナイプで救っていきます。

GROUNDLESS : 6-豚の鉄槌- (アクションコミックス)

観測手とともに狙いを付け、ひとり、またひとりと確実に頭を撃ち抜いていくソフィア。その迫真の狙撃描写が、実にリアルで迫力あり。

そして彼女が活躍すればするほど感じる高揚感、そして恐怖…。「戦場における狙撃手の驚異」が強烈に脳に焼き付きます。

※非常に凄惨な描写もあるので注意。

島を舞台にした「戦場群像劇」

そして『GROUNDLESS』は巻を重ねるにつれ、「戦場群像劇」へと変容。ダシアのみならず、島の独立を目指す「開放軍」や、島を守る「島軍」の兵士たちにもスポットが当たるように。

GROUNDLESS : 4-夕陽の見えぬ街- (アクションコミックス)
  • 仲間と故郷の弟のために、自らの体を武器に戦車隊で地位を築いていく島軍の戦車長・レジーナ
  • 穀倉地帯で恋人をソフィアに射殺され、復讐を誓う解放軍兵士・マリカ
  • 驚異的な戦闘能力でダシア自警団を苦しめる天才狙撃兵・リドリー
  • 『大陸統治論』を著したがために担ぎ上げられた反体制派の盟主・リビンダ

など、それぞれの思惑・立場で、アリストリア島内の戦闘に参加した人々の描写が。

しかし、すでに個人の力では如何ともし難い過酷な戦争の、一つの歯車となっていく…。

GROUNDLESS : 8-あなたが砂に埋もれぬように- (アクションコミックス)

そんな多様・複雑な登場人物の一人ひとりに「それぞれの戦場」があり、それを戦史の中に組み込み大きな歴史を描いていくのが、『GROUNDLESS』の面白み。

「正義VS悪」という単純な図式に留まらない広い視点での戦場に、読みながら引き込まれていきます。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

隻眼の狙撃兵が行き着く場所は…?

そんな物語の中でやはり目を離せないのが、隻眼の女性狙撃手・ソフィア。復讐を果たし一度は戦列を離れるも、自警団に復帰。驚異的な狙撃能力でダシア自警団の要となっていきます。

GROUNDLESS : 7-兵士は笑ってはいけないのか- (アクションコミックス)

しかし街のため、仲間のために引き金を引けば引くほど、血塗られていくその手。相棒の観測手・モンドに支えられながらも、敵兵士たちから恐れられ憎まれ、その精神は徐々に張り詰めていく…。

そして戦いが終焉を迎える時、戦争という抗えない渦に巻き込まれた彼女の、心の行きつく先は果たして…?

『GROUNDLESS』まとめ

以上、影待蛍太さんの漫画『GROUNDLESS』感想・レビューでした。

巻を重ねてますます盛り上がってきた『GROUNDLESS』。読み始めると一気読み必至!のミリタリー・ドラマです。

まずは1巻の復讐劇、そして2~3巻で描かれる「穀倉地の戦い」をどうぞ。緊迫感あふれすぎる迫真の戦いを読み終えた時、心は戦場から抜け出せなくなっている…!

GROUNDLESS : 1-隻眼の狙撃兵- (アクションコミックス)

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。