ドラマ・恋愛漫画感想・レビュー

漫画『アイドリバティ』感想―目指せ下剋上!熱血アイドル・ストーリー

[ページ内に広告が表示されます]

人気アイドルグループのセンターに登りつめるも脱退、芸能界を引退した主人公。しかし新しい仲間とともに、再びアイドルの道を歩みだす―!

詩原ヒロさんの漫画『アイドリバティ』。一度はステージを降りた主人公が再びアイドルの世界へ。仲間たちと「アイドル下剋上」を目指す、激アツな熱血アイドル漫画です。

アイドリバティ(5) (ヒーローズコミックス ふらっと)

連載はコミプレのWeb漫画メディア「ふらっとヒーローズ」。2024年1月現在、単行本1~5巻が刊行中。以下『アイドリバティ』の主なあらすじ・面白さ・見どころを、極力ネタバレ無しでご紹介します。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

『アイドリバティ』感想・レビュー

どんな話?主なあらすじ

大手アイドルグループ「LOLLIPOP35」のセンターだった五月メイは、突如グループを脱退、芸能界を引退してしまう。

アイドリバティ(1) (ヒーローズコミックス ふらっと)

それから5年後、一般人として地味に生活するメイ。しかし彼女に憧れる地下アイドル・不二子との出会いが、その心を揺り動かす。

「私と一緒にアイドル!やりませんか!?」

力強く語る不二子に触発され、再びアイドルとしてステージに立つことを決意するメイ。しかし曲も資金も無い彼女たち。その前途は多難で―?

無料会員登録で『70%OFF+50%OFF
+何冊でも20%OFF
』クーポン!
マンガ読むならブックライブ

セルフプロデュース・アイドル誕生!

かくして結成されたアイドルユニット「アイドリバティ」。そこには

  • 一度はアイドルに挫折するも、豊富な経験と情熱を持つメイ
  • ダンスに自信あり!メイに憧れアイドルとなった金髪長身の不二子
  • 元・ご当地アイドルにして人気動画配信者のちびっ子・三ツ目

など、個性豊かなメンバーが集結。人々に「ワクワク」を与えられるアイドルを目指し、志高く活動を開始します。

アイドリバティ(2) (ヒーローズコミックス ふらっと)

が、先立つものもなく、ほぼゼロからのスタート…。このままでは夢を届けられない!

そんな彼女たちが選んだのが、事務所に所属しない「セルフプロデュース・ユニット」。自分たちでSNSや動画配信で知名度を上げファンを獲得、クラファンを活用して活動資金を集めていくことに。

この「今風のアイドル活動」の様子が、既存のアイドル漫画とは一線を画すユニークさ。もちろん、そんなに簡単に事が運べば苦労は無い。思ったより効果が出ず、早くも解散の危機が…?

「アイドリバティ」の成長が面白い!

そこを文字通り「セルフプロデュース」していく彼女たち。それぞれの得意分野を活かし、多くのライバルに埋もれないよう、アイドルファンにアピールしていきます。

その様子が予想外にリアルで熱い…!

大人や業界人に頼らず、アイデアと努力で成果を出そうとする姿に感じる「手作りのアイドル感」が、非常に面白い!彼女たちが静かなムーブメントを起こしていく様に、引き込まれていきます。

アイドリバティ(3) (ヒーローズコミックス ふらっと)

またその過程で互いが互いの個性を認め、ひとつのアイドルグループ「アイドリバティ」として結束・成長していく姿も、大きな見どころ。

見た目も性格も特技もバラバラな彼女たちが、時にぶつかりながらも困難を乗り越え、やがてファンに応援されるアイドルとなっていく。情熱あふれるその過程が、読み手の心にグイグイと迫ってきます。

その中でも、徐々に「プロデューサー」的な役割を担っていくメイ。当初は自信を失っていた彼女が見せる、豊かな表情が魅力的です。

「アイドル下剋上」の行方は…?

そんな「アイドリバティ」は、やがてグループとして初めてステージに立つことに。それは…なんとロックバンドとの対バン!

しかもその女性ボーカルは、確かな実力を持つかなりの強敵。だけどアイドルをちょっと小馬鹿にしていて…?

そこで彼女とメイの間にトラブル勃発!この勝負、負けられない…!

さらに「アイドリバティ」の活動が活発になるほどに、降りかかってくる、避けられない「戦い」。それはやがて、メイの「謎の引退」にも関わってきて…?

アイドリバティ(4) (ヒーローズコミックス ふらっと)

しかし困難が大きければ大きいほど、比例するかのように輝く彼女たち。その眩しすぎる表情に、思わず手に汗握らずにはいられない…!

業界の最下層から成り上がっていかんとする彼女たち。果たして「アイドリバティ」の「アイドル下剋上」は成るのか?

グループの成長とともに展開される、ドラマティックなストーリーから、目が離せません。

『アイドリバティ』まとめ

以上、詩原ヒロさんの漫画『アイドリバティ』の感想・レビューでした。

安定した作画、立っているキャラクター、そしてテンポ良く進むストーリーに、ページをめくる手がとまらない!漫画としてのシンプルな面白さがあります。

また読み進めるうちに、「アイドリバティ」のメンバーを思わず応援したくなってくる、そんな描き方も非常にウマい。

「漫画」と「アイドル」、2つの側面から面白みのあるアイドル漫画です。オススメ!

アイドリバティ(1) (ヒーローズコミックス ふらっと)

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。