「Jドリーム 飛翔編」―ワールドユースの頂点を目指すリアルなサッカー漫画

この記事は約5分で読めます。

これまでに読んだスポーツ漫画の中で、個人的にナンバー1の作品。塀内夏子さんのサッカー漫画「Jドリーム」。3シリーズあるのですが、その中で「飛翔編」が一番好きです。

「飛翔編」は、プロサッカーの世界を描く「Jドリーム」において、若手中心のユース大会を描いたシリーズ。主人公・赤星鷹と仲間たちの若さ、そして彼らが結束し世界の頂点を目指す姿が魅力のスポーツ漫画です。

「Jドリーム 飛翔編」は、もとは講談社より少年マガジンコミックス全10巻が刊行されていた作品。現在は電子書籍レーベル「電書バト」より、電子書籍版全5巻が刊行。リーズナブルな価格で楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

「Jドリーム 飛翔編」レビュー

「Jドリーム」シリーズについて

「飛翔編」紹介の前に、「Jドリーム」全体について。

Jドリームは、週刊少年マガジンに1993年から1999年にかけて連載された、塀内夏子さんのサッカー漫画。若き天才サッカープレイヤー・赤星鷹を中心に、Jリーグを舞台にしたリーグ戦、そしてワールドカップに臨むA代表(全日本チーム)の戦いが描かれます。

シリーズは、「Jドリーム」「Jドリーム 飛翔編」「Jドリーム 完全燃焼編」の三部作。そのうち「飛翔編」では、若きサッカー選手たちがワールドユース日本代表として集い、世界の頂点を目指してフレッシュな戦いを繰り広げます。

シリーズ共通の主人公・赤星鷹は、とび職出身のプロサッカープレイヤー。天才的なバランス感覚とボールコントロールを持ち、浦和レッズに入団、のちに若干16歳でA代表に選ばれます

Jドリーム 飛翔編 1巻著者:塀内夏子出版社:電書バト発行日:2002-09-12

「飛翔編」に集う鷹と仲間たち

年上でもタメ口の実力主義、いろんな意味で常識破り(≒常識が無いとも言う)の鷹。「Jドリーム」では大人に囲まれて、基本「少年」的なポジションでした。

しかしこの「飛翔編」では一転、同世代の選手たちとチームメイトに。前作とは異なる人間関係の中心に置かれます。

前作「Jドリーム」のラスト、代表戦を終えたあとに行方不明となった鷹。その後、スペインで鳶の仕事をしていた(笑)ところを、ワールドユース本大会出場を決めた日本ユース代表に招集されます。

そこには予選大会を引っ張ったFW・迫丸、海外帰りの屈強なDF・立浪、アルゼンチン出身の日系GK・浜本(シン)、そして鷹がスカウトした俊足の高校生・中居らが集結。


[塀内夏子 著 電書バト「Jドリーム 飛翔編」1巻より引用]

過酷な試合を重ね、世界の頂点を目指していくユースメンバー達。孤高の存在・鷹が異なる関係性の中で成長していく姿がおもしろい。

また鷹だけではなく、それぞれ個性を持つチームメイトがそれに負けじと切磋琢磨していく様子。A代表とはまた違う、緊張感の中にある爽やかさが印象的。

世界の強豪とのリアルな戦い

「飛翔編」で登場するライバルチームは、スウェーデン・アルゼンチン・イタリアといった、世界の強豪。選手たちもトップリーグで活躍するプロばかり。

「Jドリーム」では、必殺技も超人的な選手も登場しません。それゆえに際立つ、リアルなサッカーの世界

屈強な世界の猛者相手に、戦術やテクニック、そしてチームプレイを武器に戦う、日本代表。スポーツ漫画に定評のある、塀内夏子作品ならではの読み応え。迫力・スピード感のあるサッカーが楽しめます。

仲間、そして敵との絆

試合と共に描かれるのは、鷹と仲間たちの絆

病気の母を残して大会に臨む迫丸、亡き兄の想いを抱いてもう一つの祖国・アルゼンチンと戦うシンなど、それぞれの背景を背負ったチームメイト。

それまで同世代の仲間を持たなかった鷹が、彼らとぶつかりあいながらも一つにまとまり、ワールドカップA代表への気持ちを高めていきます。

またもう一人の主人公とも言える、中居の成長も見もの。鷹の舎弟的な存在だった彼が自らのアイデンティティーを得て、やがてサッカープレイヤーとして独り立ちする様子、心に残ります。


[塀内夏子 著 電書バト「Jドリーム 飛翔編」4巻より引用]

そして仲間だけではなく、敵チーム選手との間にも友情が

特にイタリア代表で、セリエAのトップチームでも活躍するロッシ。言葉は通じないけれど、サッカーを通して認めあっていく鷹とロッシの姿。スポーツマンらしいさわやかさを感じさせてくれます。

必見の番外編

サッカー漫画「Jドリーム 飛翔編」。ワールドユースを描く本編はもちろんですが、実は番外編がおもしろい

番外編はいくつかあるのですが、特にオススメなのは、連載終了後に描かれた「会いたい気持ち」「恋のドンキホーテ」の2編(いずれも5巻収録)。

ワールドユース終了後、Jリーグで伸び悩むシンと中居。気分転換のため、レアル・マドリードに移籍した鷹に会いに一路スペインへ。その道中、トラブルに遭いながらも二人が心を通わせていく「会いたい気持ち」。


[塀内夏子 著 電書バト「Jドリーム 飛翔編」5巻より引用]

田舎のアマチュアチーム「ラ・マンチャ」に所属していた鷹。Bリーグ落ちしそうなチームを救うために、中居・シンを助っ人に迎えて、得失点差マイナス15をひっくり返そうとする様子が、シンの恋模様をまじえて描かれる「恋のドンキホーテ」。

鷹・シン・中居を中心に描かれる番外編2編。激しい戦いを描く本編とはまた違う、ドラマティックな内容が印象的なストーリー。

ワールドユースで結ばれた絆なくしてはありえない話だなぁ、なんて思いながら読むと、彼らがたどってきた道が浮かんで、胸の中に広がるさわやかな気持ち。心地よい読後感があります。

日本代表を描くリアルなサッカー

というわけで「Jドリーム 飛翔編」。若者らしい爽やかさと、世界とのシビアな戦いが描かれるサッカー漫画。塀内夏子さんならではのリアルなスポーツ描写は、手に汗握るおもしろさと迫力があります。

そして「飛翔編」前後の無印「Jドリーム」と「完全燃焼編」で描かれるのは、ワールドカップを目指すA代表の戦い。

プロ選手として、国を背負った代表として、過酷な戦いに挑むサッカー戦士たちの姿。テレビで見るだけではわからない、迫真の思いが伝わります。

また恩師である女性教師・竹中先生と鷹の交流も、感涙モノ。サッカー以外の人間ドラマにも見どころの多い作品。今もなお色褪せない、サッカー漫画の名作です。

そんな「Jドリーム」シリーズ、現在は電子書籍が「伝書バト」レーベルより刊行中。「Jドリーム」(無印)全7巻、「Jドリーム 飛翔編」全5巻、「Jドリーム 完全燃焼編」全4巻が、いずれも300円台というお手頃価格で楽しめます。

またKindle Unlimitedでも全巻が読み放題対象となっています。一気読みしたい!という方はそちらもチェックしてみてください。

※Kindle Unlimitedは対象作品が変わる場合があります。「Jドリーム」が対象作品になっているかどうか、ご利用の前にご確認ください。

Jドリーム 飛翔編 1巻著者:塀内夏子出版社:電書バト発行日:2002-09-12

コメント

タイトルとURLをコピーしました