個人サイトの作り方!初心者でもWordPressで簡単ブログ構築

個人がネットに向けて発信する方法としては、TwitterなどのSNSが手軽で便利。

一方、レンタルサーバー+WordPressを利用した「個人サイト」は、情報の整理やアーカイブ性に優れており、SNSとは異なるメリットがあります。

そんな「WordPressを使った個人サイトの作り方」を、「漫画感想ブログ」という個人サイト運営の経験を踏まえてご紹介。

同人サイトや趣味のブログなどを作ってみたい、だけど作り方が良くわからない…という初心者の方のご参考になれば。

個人サイトをWordPressで作る理由

個人サイトを作ってWebに公開するには、主に下記の2種類の方法があります。

  • 無料のブログサービスを利用
  • レンタルサーバーを契約して、独自ドメインを使ったWordPressブログを設置する

個人サイトはどちらの形でも始められます。できるだけお金をかけたくない、という場合は、無料ブログの利用が視野に入るでしょう。

ですが無料ブログは機能・デザインなど、基本的にそのサービスのフォーマットに則る必要があります。続けていると、自由度の高いWordPressブログへ移行するケースが多々あります。

このブログももともとは無料ブログから始めて、のちに自由度の高いWordPressブログへ移行しましたが、移行にはまあまあ手間がかかりました…。

なので今から個人サイトを始める方には、個人的には「レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPress」でのブログ開設をオススメします。

「レンタルサーバー」「WordPress」とは?

ここで「そもそもレンタルサーバーとかWordPressが良くわからない」という方のために、レンタルサーバー・WordPress・独自ドメインについて「超ざっくり」と説明をしておきます(大体わかるという方はとばしてもらっても大丈夫です)。

「レンタルサーバー」とは、レンタルサーバー各社(「エックスサーバー」「ロリポップ!」など)が提供しているサービス。契約・レンタルした「サーバー領域」にコンテンツをアップすると、Webに公開することができます。

「WordPress」とはCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)に分類されるプログラム・パッケージ。サーバー領域にインストールすると、今ご覧いただいているブログと、それを更新する管理システムが利用できます。

もう一つ、上記レンタルサーバーとWordPressとほぼワンセットとなるのが、「独自ドメイン」(このブログだと「manga-blog.net」の部分)。この「独自ドメイン」と「契約しているレンタルサーバー」を紐づけることにより、自分のブログにアクセスが来るようになります。

レンタルサーバーを契約、独自ドメインを設定、それと紐づいたサーバー領域にWordPressをインストールすると、ブログを利用した個人サイトが開設できる、というのが大きくワンセットになっています。

※独自ドメインではなく、レンタルサーバーの用意した「共通ドメイン」を利用する方法もあります。ですが基本的には独自ドメインの利用が主流であり、また個人サイトの醍醐味でもあります。

レンタルサーバー+WordPressの具体的なイメージ

上記を踏まえて、「レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPress」を利用する場合の具体的なイメージです。このブログが利用しているレンタルサーバー「エックスサーバー」を例にご紹介します。

エックスサーバーを契約すると、下記のような管理画面にログインできるようになります。

ここで設定した独自ドメインと紐づいた領域に、WordPressをインストールすると、下記のようなWordPressの管理画面が表示されます。


この管理画面からブログにログイン、新規記事を作成して投稿(公開)すると…


現在ご覧いただいているようなブログ記事のページが、Webで公開されます。

このような感じで、レンタルサーバーにインストールしたWordPressで記事を作成・公開すると、インターネットに記事ページが表示される、というのが一般的な形式です。

なお上記では「WordPressのインストール」からご紹介しましたが、実際はレンタルサーバー各社で「WordPressクイックスタート」的な機能が提供されています。

これを利用すると、レンタルサーバーの申込時に

  • レンタルサーバー契約
  • 独自ドメインの取得・設定
  • 独自SSL設定
  • WordPressインストール

がワンステップ、数十分~小一時間で完了、WordPressを使った個人サイトをすぐに開始することができます。

好みに応じて外観(テーマ)のカスタマイズをすることもありますが、基本はこれだけ。ブログコンテンツを増やしながら、同時に細かい部分を充実させていく、という手順がオススメです。

レンタルサーバーの年間運用コストは?

ではレンタルサーバーで個人サイトを運用する場合のコストは、どれぐらいかかるのか?

基本的に費用がかかるのは、「レンタルサーバーの料金」「独自ドメインの年間費用」です(WordPressの利用は無料です)。以下、その詳細について。

「レンタルサーバーの料金」について

個人的にこれまでに複数社のレンタルサーバーを利用してきましたが、基本的には「月額1,000円前後(12ヶ月契約の場合)のプラン」が、サーバーとしてのパフォーマンス的にも費用的にも、バランスが良いです。

月額500円程度のプランだと「WordPressの表示が遅い」など、パフォーマンス的な不安があります。逆に月額1,000円を大きく超えるプランは高機能ですが、個人サイト運用としては、オーバースペック。

なので個人サイト、特に初心者の場合は、各サービスで提供されている「月額1,000円前後のプラン」を目安に、レンタルサーバー・プランを選択すると良いでしょう。

「独自ドメインの年間費用」について

次に独自ドメインの年間費用。これは「どの種類のドメインを選ぶか」によって変わり、最安の「.com」で年間約1,300円ぐらいかかります。

ですが最近はレンタルサーバー各社で、「サーバーの利用中はドメイン1個の費用が無料」といった契約方式を取ることが多くなっています。なので実質、独自ドメインの費用は「0円」と考えても良いでしょう。

なおレンタルサーバーには複数の個人サイトを設置できますが、独自ドメインを設定する場合は、追加した分の独自ドメイン費用が必要になります。また独自ドメインを無料で使うために、条件が存在する場合(「○ヶ月以上の契約」など)があります。

個人サイトの年間運用コストは?

以上を加味、レンタルサーバーの月額料金を仮に「1,000円」として個人サイトの年間運用コストを算出すると、

  • 月額料金1,000円×12=13,200円(※12ヶ月契約の場合)
  • 独自ドメイン費用=0円(1個無料の場合)
  • 消費税

といったところ。これ以外にレンタルサーバーによっては初期費用(大体3,000円ぐらい)が必要になる場合があります。

こうやってみると「月額1,000円程度でネットに自分の公開スペースを持てる」というのは、かなりリーズナブル。お小遣いの範囲(笑)運用可能です。

レンタルサーバーの選択肢・オススメは?

次にレンタルサーバーの選び方について。

前項の通り、個人サイトでは「月額料金1,000円前後(12ヶ月契約)のプラン」を提供しているレンタルサーバーが、運用コスト的にも性能的にも丁度よいパフォーマンスがあります。

上記のようなプランを提供しているレンタルサーバーとしては、主に下記のようなものがあります。記載の月額料金は記事作成時のもので、いずれも「税込+12ヶ月契約の場合」。また初期費用は必要ありません。

この中で個人的にオススメしたいのは、やはりこのブログで利用している「エックスサーバー」。実際にアクセスしていただいてお分かりになると思いますが、ブログの表示がとてもスムーズです。

「エックスサーバー(Xserver)」は、エックスサーバー株式会社運営のレンタルサーバー。「運用サイト数230万件」の実績があり、私もこのブログをエックスサーバーで長期間運用しています

公式サイト:エックスサーバー

エックスサーバーは初期費用無料、「スタンダード」プランの月額料金が税込1,100円(12ヶ月契約の場合)、独自ドメイン1個無料(※12ヶ月契約+自動更新の場合)で、個人サイトとしては丁度よい感じ。

契約時に利用できる「WordPressクイックスタート」機能によって、「レンタルサーバー契約」「独自ドメインの取得・設定」「独自SSL設定」「WordPressインストール」が一括で完了。独自ドメインを使ったWordPressテーマが数十分~小一時間程度で始められます

またWordPressクイックスタートでも申込時に、本ブログでも利用している無料のWordPressテーマ「Cocoon」のインストールが可能。通常はインストール完了後に手動で行うテーマ設定が「申込みと同時」にできます。

ほか、エックスサーバーをオススメする理由の一つが、「わかりやすい管理画面」

エックスサーバーでは、独自にカスタマイズされた日本語ベースの管理画面を採用。レンタルサーバーやWordPressブログの各種設定がわかりやすく、個人サイトの運用がしやすい作りになっています。

公式サイト:エックスサーバー

【エックスサーバー期間限定】
初回利用料金が最大30%OFF!春のおトク割キャンペーン実施中 3/3 12時まで

公式サイト:エックスサーバー

なお同人コンテンツなど「成人向け要素」が含まれる個人サイトには、エックスサーバーと同系列のレンタルサーバー「シン・レンタルサーバー」がオススメ

公式サイト:シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーをベースに最新技術を先んじて導入する、といった性格のレンタルサーバー。エックスサーバーと異なり、アダルトコンテンツの公開も許可されています。

初期費用無し、月額料金880円(ベーシック12ヶ月契約の場合)、独自ドメイン1個無料で、個人サイトとしてリーズナブルな使用感あり。「WordPressクイックスタート」も利用可能です(テーマ「Cocoon」のインストール機能は無し)。個人サイトの内容に応じて、選択してみてください。

公式サイト:シン・レンタルサーバー

【シン・レンタルサーバー・キャンペーン】
月額385円より!利用料金最大50%OFFキャンペーン】4/6 12時まで
公式サイト:シン・レンタルサーバー

『個人サイトの作り方』まとめ

以上、「WordPressを使った個人サイトの作り方」でした。

最近のレンタルサーバーは「WordPressクイックスタート」のような機能の導入で、始めるまでのハードルがグッと下がりました。驚くほど簡単に個人サイトが作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

なおエックスサーバーとシン・レンタルサーバーで導入されている「WordPressクイックスタート」の詳細は、エックスサーバーの公式コンテンツでも紹介されています。ご覧いただくと、WordPressの開設手順についてより理解できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました