クレカ無しでも電子書籍マンガは買える!ストア別:クレジットカード無しで漫画を買う方法

電子書籍というと「購入にクレジットカード(クレカ)が必要」と思われがち。ですが実際は「クレカ無し」でも電子書籍が買えるように、クレカ決済以外の購入方法も各ストアで用意されています。

本記事では「ストア別のクレカを使わない決済・支払い方法」や、「クレカ無しの具体的な決済方法例」をご紹介。下記の方法を利用すれば、クレカを持っていない人・作れない人でも、お好みのストアで電子書籍漫画が読めるでしょう。

なおdocomo・au・SoftBankなど携帯電話会社による決済サービスはクレジットカードと紐付いていることが多いので、本記事では割愛します。

ストア別:クレカ無しの支払い方法

各電子書籍ストアで用意されている、クレカを使わない決済方法です。プリペイドカード・電子マネーの具体的な利用例については、次項でご紹介しています。

ブックライブ(BookLive!)

  • 電子マネー(WebMoney、BitCash、モバイルSuica、楽天Edy、Google Pay)
  • BookLive!プリペイドカード
  • スマホ決済(LINE Pay、PayPay)
  • Tポイント

ブックライブ(BookLive!)では楽天Edy・WebMoney(ウェブマネー)・Bitcash・モバイルSuicaといった電子マネーや、PayPay・LINE Pay・Google Payといったキャッシュレス決済が電子書籍購入に利用できます。

プリペイドカードは専用のBookLive!プリペイドカードが利用可能。各種コンビニ・スーパーや、三省堂系列書店などで取り扱われています。ほか、Tポイントも使えます。

ブックライブは新規入会でもらえる「50%OFFクーポン」のほか、日替わりの「クーポンガチャ」による安定した値引きが魅力の電子書籍ストア。漫画がとても読みやすく、個人的に一番利用しています。無料マンガも多数用意されているので、ぜひ使い心地を試してみてください。

【ブックライブ(BookLive!)】

ブックライブでは他にもいろいろな支払い方法が用意されています。>>ブックライブの支払い方法一覧

ebookjapan

  • PayPay
  • 電子マネー(WebMoney、BitCash)
  • Tポイント

漫画ジャンルが充実している電子書籍ストア、ebookjapan(イーブックジャパン)。クレカ以外の支払い方法としては、PayPay残高での支払いが便利。大型キャンペーンと連動したポイントバックも頻繁に行われています。

ほか、WebMoney・BitCashなどの電子マネーも利用可能。WebMoneyは使ってみると意外と手軽で便利。コンビニ等で購入できるのも良いですね。

【ebookjapan】

なおebookjapanでは、アダルト作品の支払いは「クレジットカードのみ」となっています。ご注意を。

DMMブックス

  • DMMポイント(DMMプリペイドカード、BitCash、PayPay、メルペイほかでチャージ可能)
  • PayPal
  • Paidy(後払いサービス)

漫画・一般書籍ほか、成人向けコンテンツがとても、とても!充実している(笑)【DMMブックス】(成人部門はFANZA)。クレカ以外の決済方法として、DMMの各種サービスで貯まる「DMMポイント」を、書籍の購入に充てることが可能です。

そのDMMポイントのチャージには、各種コンビニやスーパー等の取扱店で購入できる「DMMプリペイドカード」や、BitCash、PayPay、メルペイ、楽天Pay、モバイルSuicaなどが利用可能。銀行振込・コンビニ店頭支払いも使えます。

その他「Paypal(ペイパル)」や後払いサービス「Paidy」にも対応。クレカの登録やプリペイドの購入無しに、電子書籍を購入することができます。

【DMMブックス】

ちなみにDMMブックスは一般書籍のセールのほかに、成人向けコンテンツの値引きセール(半額など)をバンバンやってます。先行配信・限定配信も多く、そっち方面で要チェックなストアです。

【DMMブックス スーパーセール開催中!】
7/22以前に配信されたほぼ全作品が、【付与上限無制限】で【50%ポイント還元】!【DMMブックス】

Amazon(Kindle)

  • Amazonギフト券

AmazonのKindle電子書籍ではクレカ決済の他に、コンビニ払いやATM・ネットバンキングでの支払い方法などが用意されています。

ですがKindle書籍をはじめとした、デジタルコンテンツの決済には利用できません。Kindle漫画をクレカ無しで読むには、「Amazonギフト券のチャージ」という方法を使います。

Amazonギフト券はコンビニ・家電量販店での購入のほか、Amazonサイトでも購入することが可能。チャージタイプのAmazonギフト券ならばコンビニ・ATMで支払いができ、直接Amazonアカウントにポイントが加算されて便利。
>>チャージタイプ Amazonギフト券

【Amazon Kindleトップ】

Renta!

  • WebMoney、BitCash、モバイルSuica
  • PayPal
  • Mobile Edy、Cyber Edy、PayPay・LINE Pay・Amazon Pay
  • コンビニ支払い

ポイント購入制の電子書籍ストア・Renta!(レンタ)。あらかじめ購入したポイントで、電子書籍をレンタルするシステムです(「無期限レンタル」という形式が実質、購入にあたります)。

ポイント購入の支払いは、BitCash、WebMoney、楽天Edy(Mobile Edy / Cyber Edy)といった電子マネーの他、Paypalなどの電子決済にも対応。またコンビニでの直接支払いなど、豊富な決済方法が用意されています。

Paypalは使ってみると、意外に便利な支払い方法。その他、PayPay・LINE Pay・Amazon Payなどのキャッシュレス決済、Yahoo!ウォレットからのPayPay残高・Tポイント利用もできます。

【Renta!(レンタ)】

コミックシーモア

  • PayPay、LINE Pay、Apple Pay、楽天ペイ
  • 電子マネー(WebMoney、楽天Edy、BitCash、NET CASH)
  • d払い、PayPal、Yahoo!ウォレット

NTTソルマーレ運営の電子書籍ストア・コミックシーモア。PayPay、LINE Payといったキャッシュレス決済、PayPal、各種電子マネーなどの支払い方法に対応しています。

またNTT系列の電子書籍ストアということで、「d払い」が使えるのも特徴です。

なおコミックシーモアには「月額コース」が用意されていますが、それには上記の支払い方法が使えないので注意(クレカやキャリア決済が必要)。またPayPalでは成人向け作品や一部作品の購入ができないなど、制限があります。詳しくは公式サイトよりご確認ください。

【コミックシーモア】

クレカ無しの決済方法例

クレジットカード無しで電子書籍ストアの決済を行う方法の具体例です。下記では「プリペイドカード」と「電子マネー」を利用した決済方法をご紹介します。

プリペイドカード使用例

電子書籍ストアの決済用プリペイドカードは、下記のようなストアで各サービス専用のカードが用意されており、コンビニ・スーパー・家電量販店・書店などで購入できます。

本記事ではブックライブでのプリペイドカード利用例をご紹介します。

上記は実際のブックライブ専用プリペイドカード。2,000円・3,000円・5,000円のプリペイドカードが用意されています。購入したら、裏側にある銀色のスクラッチ部分を削ります。

ブックライブの「プリペイドカード入力」画面に、カードに記載された番号を入力。画面の指示に従って登録を完了させます。

登録が完了すると購入したポイントがマイページに反映され、電子書籍の決済に利用することができます。ブックライブポイントでの支払いは、他の決済方法(PayPayや電子マネーなど)との併用も可能です。

なお上記はブックライブの例ですが、プリペイドが用意されている他の電子書籍ストアでも「プリペイド購入→ストアに登録(ポイントに変換)」という流れは概ね同様です。

電子マネー使用例

次に電子マネーの使用例です。下記は「WebMoney(ウェブマネー)」を利用した決済方法です。

こちらはコンビニで購入したWebMoneyのマルチプリペイド。1,500ポイントから10,000ポイントまで、希望ポイント数をレジで指定するバリアブルタイプです。なおWebMoneyは、マルチコピー機やLoppiなどで購入できるタイプも用意されています。

WebMoneyがユニークなのは、会員登録をしなくても利用できるところ。「プリペイド番号ごと」に残高を記録する仕組みで、WebMoneyサイトの「残高照会」に番号を入力すると、番号に紐付いたポイントが表示されます。

なおタブレットPCでWebMoneyサイトにアクセスした時「このページは動作していません」と出る場合は、ブラウザ(画像はChrome)のメニューから「PC版サイト」にチェックを入れてみてください。

話を戻して、具体的にWebMoneyを使った決済について。WebMoney支払いに対応している電子書籍ストアならば、決済方法の項目に「WebMoney」が表示されるので、それを選択します。

上記はブックライブの例。「決済方法」の項目から「WebMoney」を選択します。

WebMoneyを選択した状態で「購入」すると、WebMoneyサイトへ移動。プリペイド番号を入力して支払いをすると、電子書籍の購入が確定します。

こちらはebookjapan(イーブックジャパン)の例。決済画面の支払い方法から、WebMoneyを選びます。なお画面のような選択肢が表示されない場合は、「PayPay」「Tポイント」項目からチェックを外したり、「ほかのお支払い方法へ」のリンクをタップしてみてください。

電子マネーの残高が不足していたら?

決済時に電子マネーの残高が不足していた場合、どのような処理になるのか?ということも参考までに記載しておきます。以下はブックライブ+WebMoneyの例です。

ブックライブの購入画面でWebMoneyを選択し「購入を完了する」に進んだ時。WebMoneyの残高が購入金額より少ない場合は、「プリペイド残高が不足しております。」というメッセージが表示されます。

もし別のWebMoneyカードがある場合は、追加で利用が可能です。他の決済方法を選択したい場合は、画面下部にある「キャンセル」をクリックすると、決済処理が中止されてブックライブの購入画面に戻ってきます。

まとめ

以上「電子書籍ストアでクレカ無しで漫画を購入する方法」でした。

デジタルコンテンツはなんとなく、「クレジットカードがないと買えない!読めない!」と思いがちですが、各サイトの支払い方法を見ると、クレカ以外の支払い方法にも対応していることがわかります。使い方に合った決済方法を探してみてください。

電子書籍ストアの使い心地としては、個人的には「ブックライブ(BookLive!)」がオススメ。環境を選ばず読みやすいストアです。無料作品コーナー激安作品コーナーも常設されているので、試し読みなどチェックしてみてください。

【ブックライブ(BookLive!)】

なお本記事に記載の内容は、記事作成時のものです。ストアによっては提供内容が変更になる場合もありますので、最新の情報については各ストアにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました