「恋情デスペラード」―女剣士の魅力が爆発するサムライ・ウェスタン漫画

この記事は約2分で読めます。

イケメン大好きな、ナイスバディの女性剣士。その目的は「日本一の夫を探すこと」

アントンシクさんのサムライウェスタン漫画「恋情デスペラード」全6巻です。

西部劇+時代劇風な世界を、主人公・紋子(もんこ)が所狭しと暴れまわる冒険活劇。少年誌の王道漫画的なおもしろさを持つ作品です。

「恋情デスペラード」感想

「恋情デスペラード」の舞台は、時代劇と西部劇をミックスしたオリジナル世界

長ドスと、右腕の義手に仕込んだ鐵手甲(ガントレット)を武器とする、旅の渡世人・紋子の活躍が描かれます。

紋子の目的は、日本一の夫にめぐりあうこと。彼女は行く先々で「いけ面(イケメン)」にハートを射抜かれ、彼らの抱えるトラブルに関わることに。

イケメンたちと相思相愛になり、あわよくば夫婦関係に…!と夢想(妄想)する紋子ですが、男たちにはお約束のように問題が。

実は悪党だったり、妻子持ちだったり、その他もろもろ。その度に紋子は涙を飲んで次のイケメンを探す、というのが物語の基本線。

本来であれば少年・青年が担うであろう役割(女に惚れては振られる男、みたいな)を、女である紋子が背負っている、というのが「恋情デスペラード」のユニークさです。

恋情デスペラード(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)アントンシク:小学館

この漫画の魅力は、とにかく「紋子というキャラクター」の造詣そのもの

キュートな容貌にムッチリ体型。言葉遣いは「あっし」「ござんす」。大食漢で惚れっぽい性格。実は男女のあれこれには、とんと初心(うぶ)だったり。

しかし一度剣を抜けば、容赦の無い強さを見せつける凄腕の剣士。次にどんな活躍をしてくれるのだろう?と期待せずにはいられない主人公です。

そんな紋子には、将軍家に関わるある秘密を持っている、というミステリアスな設定も。

世を統治する将軍の弟である、アーサー・トクガワJrとの因縁で「賞金首」となっている彼女。2巻以降、将軍家の刺客や、その首を狙う人間たちに狙われ、苛烈な戦いを繰り広げていきます。

道中、化け狸・柴の凹松(しばのぼこまつ)を仲間(=ツッコミ役)とした紋子は、果たしてどのようにピンチをくぐり抜けていくのか?そして日本一の伴侶を手に入れることができるのか?

…というのが、物語全体の見どころ。惚れて、戦って、恋破れて、傷心でまた旅立つ。お約束とも言える基本フォーマットがテンポ良く展開されていきます。

最終6巻はやや駆け足な展開ながらも、紋子の最後の戦いをあますところなく楽しめました。もっともっと、紋子の笑顔、そしてその活躍を見てみたい!と思わせてくれる、迫力のチャンバラ・ストーリー全6巻です。

最近の漫画はちょっと物足りないなぁ…という方に、ぜひオススメしたい一作。アントンシクさんの高すぎる画力と、独自の和洋折衷な世界観も読み応えがありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました