さらば愛しき葬式探偵―漫画「葬式探偵モズ」シリーズ

吉川景都さんのちょっと風変わりなミステリー漫画「葬式探偵モズ」。2017年5月刊行(電子版は6月)の「モズ 葬式探偵の帰還」をもってシリーズ完結となりました。

カバー左が「葬式探偵」こと百舌一郎教授、右がその助手(自称)・原田都。凸凹コンビが葬式にまつわる難事件を解決します。

スポンサーリンク

概要

「葬式探偵モズ」シリーズはもともと角川書店の「コミック怪」に連載されていた漫画で、単行本1巻もKADOKAWAレーベルより発売されていました。

しかし「コミック怪」の休刊により集英社「オフィスユー」へ移籍。若干の設定変更を加え、以降「モズ 葬式探偵の挨拶」「モズ 葬式探偵の憂鬱」と刊行。最新刊「モズ 葬式探偵の帰還」でシリーズ完結となった作品です。

大学の民俗学教授で全国各地の葬儀・風習を研究している百舌一郎と、とある事件をきっかけに百舌先生と親しくなった学生・原田都。二人が全国各地のお葬式で起こる事件の謎を解決する、というミステリー漫画です。

なおKADOKAWA版と集英社版は舞台となる年代が変更されていますが、基本は同一線上にあるもの。なので読まれる場合はKADOKAWA「葬式探偵モズ(1)」よりどうぞ(同タイトルの2巻以降はありません)。

また集英社オフィスユー版は「モズ 葬式探偵の挨拶」「モズ 葬式探偵の憂鬱」「モズ 葬式探偵の帰還」がそれぞれ1・2・3巻にあたり、「モズ 葬式探偵の挨拶」にはKADOKAWA版で単行本化されなかった話も収録されています。

「葬式探偵モズ」シリーズ感想

小柄で無表情、年がら年中黒いスーツを着込んだ少し風変わりな教授・百舌一郎というキャラクターがユニーク。その助手として百舌とともに事件に巻き込まれる都も良いワトソン役。

「地方の葬式」に目がない百舌。普段はやる気のない素振りながら、変わった土地で葬式が行われると聞くやいなや即出発。訪れた先々で様々な事件が起こる、という趣向。そしてその土地々々ならではの風習やしきたりが事件解決のカギとなる、というのがこの「葬式探偵」シリーズのおもしろいところ。

私も経験がありますが、お葬式って地方によって本当に変わるんですよね。知らない地域のお葬式に参列すると、「え、何それ。やり方がわからん!」なんてこともしばしば。いろいろ理由があって形式が決まってきたのでしょうが、実に奥深さがあります。

「葬式探偵モズ」シリーズではそんな地方独特の葬儀模様も、百舌先生が作中で丁寧に解説。各巻のあとがきによると、本作に登場の風習は一部編集はあるものの、基本的に実在。それだけに作者の吉川景都さん、「モズ」は事件と葬式が同時に進むので毎回ネームが大変だったそうです。

現場がお葬式なので進行上「人の死」は必然。時にはちょっと怖い話もあったりするのですが、そこは吉川景都さんならではのカラッとした絵柄もあいまって、意外と楽しく読めます(不謹慎?)。そして最終巻「モズ 葬式探偵の帰還」ではこれまで描かれなかった「都の秘密」についてとうとう真実が!シリーズをずっと読んで来た読者も、ようやく胸のつかえが取れたのではないでしょうか。

残念ながら「葬式探偵モズ」シリーズは一区切りを迎えたわけですが、吉川景都さんは現在WEB漫画メディア「くらげバンチ」にて「子育てビフォーアフター」を連載中。

新潮社「コミック@バンチ」編集部がお届けするWEBマンガサイトです。毎週金曜日更新!登録不要!完全無料!シビれるマンガをお届けします。

「子供を産む前と後で180度かわった世界観」をテーマに描かれる子育てあるある、これまたおもしろいエッセイ漫画でオススメ。またヤングキング連載「鬼を飼う」も要注目の怪奇あやかし漫画です。「葬式探偵モズ」シリーズとあわせてお楽しみください。

漫画データ
タイトル:葬式探偵モズ(1) (カドカワデジタルコミックス)著者:吉川 景都出版社:KADOKAWA / 角川書店発行日:2014-04-26
漫画データ
タイトル:モズ〜葬式探偵の挨拶〜 (マーガレットコミックスDIGITAL)著者:吉川景都出版社:集英社発行日:2014-11-25
漫画データ
タイトル:モズ~葬式探偵の憂鬱~ (マーガレットコミックスDIGITAL)著者:吉川景都出版社:集英社発行日:2016-04-22
漫画データ
タイトル:モズ~葬式探偵の帰還~ (マーガレットコミックスDIGITAL)著者:吉川景都出版社:集英社発行日: