恐怖

オカルト・ホラー

「悪い夢のそのさき…」―読後に想像がモヤモヤ膨らむホラー短編集

かわいい絵柄で恐怖の展開、しかしシュールな笑いで独特の読後感を与えてくれる、「死人の声をきくがよい」でおなじみのうぐいす祥子さん。 その2冊めの短編集となるホラー漫画集「悪い夢のそのさき…」を読みました。 カバーでリコー...
オカルト・ホラー

「私のともだち」―これは怖い!那州雪絵さん描く正統派ホラー漫画短編集

ホラー漫画で「ともだち」って、怖いイメージしかないよね(笑)。 楽しみにしていた、那州雪絵さんのホラー短編集「私のともだち」を読みました。 那州雪絵さんはホラー専門の漫画家さんではありませんが、「魔法使いの娘」「魔法使い...
ミステリー・サスペンス

「血の轍」―恐ろしくも美しい。息子を溺愛する母の狂気

遅ればせながら2017年話題の一作、押見修造さんの「血の轍(ちのわだち)」1巻を読みました。 …なんやこれ。スゴイやないか。怖いやないか。 というわけで、もうすぐ2巻も発売されようかという「血の轍」。息子を溺愛する母親の...
オカルト・ホラー

「モンキーピーク」全巻レビュー

志名坂高次さん原作、粂田晃宏さん作画のパニックホラー漫画「モンキーピーク」の全巻レビューです。 極力ネタバレは避けていますが、内容に触れる部分がありますのでご注意ください。また下記記事で「モンキーピーク」の概要を紹介しておりま...
オカルト・ホラー

「ホラーコミック レザレクション」―愛と勇気と恐怖が結集したCF発のホラーコミック

個人的にホラー漫画は好きなんですが、そんなに耐性の強くない方です。 だから勢い余って注文したあと、「手を出しちゃならん分野に踏み込んでしまったんじゃないか?」と少し後悔してしまいました(笑)。 こちら「ホラーコミック レ...
オカルト・ホラー

「さんかく窓の外側は夜」全巻レビュー

ヤマシタトモコさん描くオカルト・ホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」の全巻レビューです。 「さんかく窓の外側は夜」は霊の視える主人公・三角(みかど)くんと、三角くんをスカウトした除霊師・冷川(ひやかわ)、二人がコンビを組んで除...
オカルト・ホラー

「報いは報い、罰は罰」上下巻―山奥の洋館で起こる恐怖の惨劇

六年は長い 目も開けられなかった赤ん坊が 報いを求めるほどに (森泉岳土「報いは報い、罰は罰」上巻P39より) 森泉岳土(もりいずみ・たけひと)さんの待望の新刊、「報いは報い、罰は罰」上下巻を読みました。 ...
SF

「隣町のカタストロフ」1巻―足元に広がる虚空の恐怖

当たり前にあった足もとが、謎の天変地異で突然無くなってしまったら―? そんな不思議な、いや恐ろしい現象を描いた漫画が「隣町のカタストロフ」です。 作者は「走馬灯株式会社」などを描かれている菅原敬太さん。 こ...
ミステリー・サスペンス

「悪魔を憐れむ歌」1巻―悲鳴と共に轟くは悪魔の嗤い

「悪魔を憐れむ歌(あくまをあわれむうた)」と聞いて、何を思い浮かべますか? デンゼル・ワシントン主演の映画、ガンズ・アンド・ローゼスの楽曲、さらに遡ってローリング・ストーンズのオリジナル。 いろいろありますね。私はまず頭に浮かぶ...
アクション

「邪眼は月輪に飛ぶ」全1巻―世界の破滅を照らす悪魔の眼

死をもたらす、悪魔の眼を持つ鳥。その前に人々は為す術もなく倒れ、滅亡へと近づく世界。 そんな人類の脅威に立ち向かうは、仮面の老マタギ―。 藤田和日郎さんと言えば「うしおととら」「からくりサーカス」など、少年誌での長期連載...
オカルト・ホラー

「魔犬 ラヴクラフト傑作集」―異世界の扉を開く闇の門

魔界の入り口。それは傍らに立つ人間を引き寄せずにはいられないもの―。 田辺剛さん描くホラー短編集「魔犬」。 ホラー小説の雄・ラブクラフトの描いた作品を漫画化したものです。 私はホラー小説もホラー漫画も好きですが、ラ...
オカルト・ホラー

「モンキーピーク」―自然の密室で猿に襲われるパニックホラー

最近は「生き残りをかけたサバイバル」とか「限定空間からの脱出」的な漫画が多いですね。いわゆる「ソリッドシチュエーション」もの。やはり世界観を絞れるというのは話を作りやすいのでしょうか。 本記事でご紹介する「モンキーピーク」は、そんなソ...
オカルト・ホラー

「ゴールデンゴールド」―離島を侵食する異形は神か悪魔か

離島の少女が海辺で拾った不気味な人形は、人々の欲望を飲み込みやがて島を侵食していく―。 堀尾省太さん描く漫画「ゴールデンゴールド」。 耳たぶが垂れた、福々しさと禍々しさが同居したような何とも言えない容貌の「フクノカミ」。...
オカルト・ホラー

不老不死に終わりは来るのか。高橋留美子「人魚の森」シリーズ

「人魚」、というと何を想像しますか? 昔読んだ絵本の「人魚姫」?それともリトル・マーメイドのアリエル? わりとファンタジックなイメージを持つ方も多いであろう、半人・半魚の人魚。 しかし美しい歌声で、ひきつけた船を難破させる...
オカルト・ホラー

「猫で語る怪異」なら、怖い話が苦手でも安心して読め…る?

朝日新聞出版HONKOWAコミックスより発売されている漫画、「猫で語る怪異」1巻を読みました。 作者はTONOさん。「チキタ★GUGU」の作者さんですね。 「アデライトの花」という漫画が気になっていて、作者であるTONO...
オカルト・ホラー

「さんかく窓の外側は夜」―視えるものと祓うものの妖しい関係

「この世ならざるもの」が視えてしまう青年は、除霊のたびにエクスタシーを感じて…? ヤマシタトモコさん描くオカルト・ホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」を読みました。単行本はクロフネコミックスより、5巻まで発売されています。 ...
スポンサーリンク