「ザ・ファブル」全巻レビュー―表と闇の狭間に生きる伝説の殺し屋

仕事を休んで、一年間大阪で普通に暮らせ―。

そんな変わった命令を受けた伝説の殺し屋を描いた漫画が、描く「ザ・ファブル」。

これがバツグンにおもしろい!

作者は南勝久さんで、講談社ヤングマガジンに連載中。

単行本も10巻を超えて刊行され、人気の漫画です。

本記事前半では漫画「ザ・ファブル」の紹介と感想を、後半では刊行されている全巻のレビューをお伝えします。

スポンサーリンク

あらすじ

超人的な能力を持つ伝説の殺し屋。裏社会に生きる彼は、「寓話」という意味を持つ「ファブル」と呼ばれていた。

東京で大きな仕事を終えたファブル。相棒の女と共にボスから命令を受ける。

「一年間、大阪で誰も殺さずに一般人として平和に暮らせ」

プロとして成長するために、知らない土地で初めての事を経験しろ。バイトするもよし、友達や恋人を作るもよし。普通に生きる人間を学べ。

ボスの命に従い、二人は「佐藤明」と「佐藤洋子」という兄妹として大阪へ。

取引のある組のはからいで生活をはじめる。

しかし彼の素性に疑問を抱く組幹部は、ファブルの周辺に探りを入れはじめ―。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「ザ・ファブル」レビュー

伝説の殺し屋が送る日常

プロスポーツや芸術家など、どんなジャンルにもいる天才。それは裏社会にも存在する。

プロとして突出した能力を持つ殺し屋・ファブルと、その相棒である女性。

二人が稼業を一年間休業し、大阪で過ごす様子を描く漫画が「ザ・ファブル」です。

1巻冒頭、目出し帽をかぶり、超人的な身体能力でターゲットの組関係者を次々と始末していくファブル。

相棒の待つ車に乗るやいなやテレビを見始め、好きなお笑い芸人のネタに爆笑する。

そんな二人のボスは、「今年は仕事をやりすぎたので一年ほど休業してもぐる」と告げる。

取り分5千万を渡された二人は、兄妹という設定で一路大阪へ―、という出だし。

のっけから掴みどころのない、ファブルというキャラクターに引き込まれます。

ファブルのユニークなキャラクター

この「ザ・ファブル」、何と言ってもファブル=佐藤明のキャラクターがユニーク。

幼少より過酷なの訓練を受け、眉一つ動かさずにターゲットを仕留めるプロ。一重でややタレ目。

基本的に無表情…なのですが、「ジャッカル富岡」というお笑い芸人の大ファン。彼の映像を見ると大爆笑。

仕事の時は無慈悲で冷徹。淡々と任務をこなす「プロ」であるファブル。

一般人とはそもそも感覚・感情のポイントが異なるよう。

ですが人間的な感情が無いかというとそうでもなく、時おり独特の感情を示すことも。

そして平穏に暮らすために、一般の感覚を身につけようと「努力」する。

消した人間の数は軽く数十名を超えますが、殺人に快楽を覚えるシリアルキラーではなく、あくまでもプロ。

無益な殺生はしない…という、何ともとらえどころのないキャラクターです。

妹・洋子も強烈

そんな兄・ファブルに負けず劣らず強烈なキャラクター性を持つのが、「妹」という設定の洋子。

年齢は20代前半?ファブルのサポート役で美人、そして酒豪な彼女。

飲み屋で言い寄ってきた男たちを酔い潰して、情けない様子を見て爆笑する、というこれまた特異な趣味を持ちます。

裏社会に生きる彼女も、その生い立ちには悲しい過去があり、それが劇中で少しずつ明かされていきます。

が、そんなことはどうでもいいぐらい、彼女の飲みバトルがおもしろい(笑)。

ファブルが緊迫感のある闘いをしている裏で行われる、洋子のバーでの闘い。毎回爆笑します。

そして気になるのは彼女の真の実力。

洋子自身は殺し屋なのか?洋子は強いのか?

11巻にてその一端が明かされます。要注目。

この二人が「一年普通に暮らそう」と努力する様が、コミカルで実におもしろい。

普通の感覚を持つ洋子はともかく、「殺しのスペシャリスト」として育てられたファブル。

世の中には知らないことだらけ。

それを天性・天才的なセンスで乗り越えていく様から目が離せません。

真黒組との関わり

平穏に暮らせとの命令で大阪に来たファブルたち。

仕事でつながりのある真黒組に住居を提供され、そこで一般人としての生活をスタートします。

が、ファブルたちが「伝説の殺し屋ではないのか」、との噂は隠しようもなく、組の人間との軋轢が否応もなく展開。

特に若頭は、ファブルたちが来たことにより起こる揉め事を懸念。

部下に命じてファブルの周辺を探らせますが、やがて緊張が高まり―?

その性質ゆえ、普通に生活することもままならないファブルたち。

彼らが望むと望まざるとに関わらず、裏社会との接触は避けられない。

コミカルさと表裏一体になった緊張感があります。

時給800円の殺し屋

そんなファブルは揉め事が一段落したあと、若頭の勧めから一般人としてアルバイトを始めることに。

能力はあるのですが、その特異な性格ゆえに、なかなか仕事が決まらないファブル。

偶然顔見知りになった女性・ミサキの紹介で決まったのは、彼女も働く小さいデザイン会社の雑用係。

その時給は800円なり。

不平不満を言うこともなく淡々と働き、ユニークな感性を発揮して。会社でも意外な活躍を見せていくファブル。

その様子もまた趣があって、殺伐としたシーンとは対照的なおもしろさ。

迫力のアクション

しかし、裏社会の超人を世の中が放っておけない。

ボスの命令もあり、ファブル自身は決して揉め事を起こそうとしないのですが、「強い」という、それだけで事件に巻き込まれていくファブル。

やがてミサキの会社でも不穏な事件が起こり―。

そして否応無しに展開されるアクションが勃発。

そこで披露される、ファブルの暗殺者としての独特の戦闘方法。

ただのドンパチではないおもしろさがあります。

日常パートとのギャップも手伝い、息を呑む迫力。

「静」と「動」が絡み合い、より物語に深みを産み出します。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで「ザ・ファブル」、一度読み始めたら止まらない、独特の魅力を持つ漫画。

表紙が怖い…と敬遠していた方も、ページをめくればそのおもしろさにやみつきになること請け合いです。

そしてそのおもしろさの源は、「オモテとウラの狭間感」。

裏社会に生きる超人が、突然日の当たる場所に身を置く。

表社会で一見普通に生活しながらも、一歩、足を斜めに向けると待っているのは日常としての裏社会。

「殺し屋が普通の生活を送ろうとする」というギャップから生じる笑いと、その裏に常に漂う殺伐さが、表裏一体となり生み出す独特の緊張感。

クルクルと回るコインがどちらに倒れるかわからない、先の読めないおもしろさがあります。

「ザ・ファブル」、読んで絶対損の無い、オススメの漫画です。

「ザ・ファブル」全巻レビュー

以降、漫画「ザ・ファブル」1巻ごとの簡易レビューです。極力ネタバレは避けていますが、内容に触れる部分がありますのでご注意ください。

1巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2015-03-06

ボスの命により、一年間休業する伝説の殺し屋・ファブルとその相棒。

兄・明と妹・洋子として向かう先は大阪。

しかし、世話になる組の若頭に早速目をつけられ―。

物語のスタート。冒頭で発揮されるファブルの圧倒的な強さと、妹・洋子とのコミカルなやり取りが目を引きます。

2巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(2) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2015-06-05

ボスの新たな命令により、ペットを飼おうとするファブルと洋子。

一方、「ファブル」という存在そのものに懐疑的な真黒組の若頭・海老原は、その実力を知るためにファブルに闘いを強いる―。

コミカルな前半から一転、息を呑む後半の展開。

一触即発状態となったファブルと海老原の駆け引きに、高まる緊迫感。

3巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(3) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2015-09-04

求職活動を始めるファブル。

失敗が続くが、顔見知りとなった近所の女性・ミサキの伝手でデザイン会社勤務が決定。

そして海老原の舎弟・小島が出所。武闘派の小島が新たな火種に―。

時給800円で働く伝説の殺し屋(笑)。

しかし超人は何をやっても超人なのか。意外とうまくいって?

ファブル自身を作り上げたであろう、幼少時の描写も興味深いです。

4巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(4) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2015-12-04

海老原の忠告を無視して、独自に風俗を始めようとする小島。

かつてグラドルをしていたミサキにもその触手が。

一方無色の洋子は行きつけのバーで、ヒマつぶしのために新たな獲物を物色…。

不穏な空気が高まる一方で描かれる洋子の闘いw。

マスターも交えた駆け引きに爆笑必死。

5巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(5) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2016-03-04

小島と、風俗関係を取り仕切る真黒組・砂川との緊張感は高まる一方。

持病で入院中の海老原は、小島を案じてファブルに協力を依頼する。

しかし砂川は遂にプロを使い、小島を排除することを決意―。

比較的コミカル色の薄い巻。組内部の張り詰めた空気が、やがて来る爆発を予兆させます。

裏社会に暗躍する超人としての力を見せるファブルにも注目。

6巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(6) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2016-06-06

遂に小島と砂川の対立が表面化。倉庫で会合する二人は一触即発の状態に。

そしてファブルはミサキを救出するために倉庫へ。

一方、入院中の海老原の下にファブルのボスがあらわれる。その目的は―。

1巻冒頭以来のアクション。ファブルの「本業」に釘付け。

とともに、準備をお手伝いする洋子の役回りがおもしろい。

そしてボスがなぜファブルを休業させたか?が明らかに。

7巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(7) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2016-09-06

砂川VS小島の抗争に決着の時が。そしてファブルは「日常」に戻る。

なまる体を鍛えるために山ごもりの準備をするファブル。

彼に憧れる真黒組組員・クロは洋子から話を聞きつけ、同行を志願するが…?

小島編終結。裏社会の「けじめ」が生々しい。

そして大アクションを「散歩程度」と言い切るファブルは、「平和やなぁ…」とつぶやきながらサンマを焼く。

このギャップが「ザ・ファブル」らしい。

8巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(8) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2016-12-06

ファブルとクロの二人は、最低限の荷物のみで山奥へ。

目的はただ「山で過ごすこと」。

ファブルのたくましさに圧倒されるクロ。しかし山には危険も?

一方、街では洋子の新たな闘いが。かつて知り合った河合くんとバーで勝負!

山ごもり編突入の8巻。これまでの街中の風景とは一転、大自然の描写が新鮮。

そしてある意味、「ザ・ファブル」で一番おもしろい巻(笑)。

ごくナチュラルにサバイバルするファブルの様子に、彼のルーツが垣間見えます。

っていうか、ファブル優しいね。

そして洋子VS河合。バーのマスターの実況がおもろすぎる(笑)。

9巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(9) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2017-03-06

ファブルの街に、興信所を隠れ蓑に過保護な子どもを食い物にする宇津帆一味がやってくる。

彼らの次のターゲットは、デザイン事務所の同僚で、ミサキを盗撮している貝沼。

一方、ファブルは公園で車椅子の女性・ヒナコに出会う。

彼女はかつて、ファブルの仕事現場に居合わせた人物だった。

ウツボ編突入。金儲けのために周到な準備を進める「悪」かつ非ヤクザの宇津帆たち。

そしてミサキに歪な愛情を向ける貝沼。

再び一般の生活に戻ったファブルの周辺に、犯罪のニオイが?といった第9巻。

ところで9巻のカバー、ファブルの表と裏の顔をあらわしているようでおもしろい。

10巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(10) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2017-06-06

社長やミサキに少しずつ認められ、デザイン事務所での仕事を楽しむファブル。

そして盗撮動画をネタに、貝沼親子へ揺さぶりをかけ始める宇津帆一味。

何もかもうまくいかない貝沼。精神の限界が近づいて―?

じわじわと侵食するように貝沼にせまる宇津帆たちと、絵に描いたようにはめられていく貝沼の様子がおそろしい。

ファブルの描くイラストや、洋子の過去にも注目。

11巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(11) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2017-09-06

遂に暴走し、事務所から逃走した貝沼を追うファブル。だが貝沼は宇津帆一味に拉致される。

そしてファブルのことが気になる一味の殺し屋・鈴木は、真黒住宅の洋子のもとへ―。

「ザ・ファブル」を読んできたなら、誰しもが気になる疑問。

果たして洋子は強いのか?

これまでもその力の一端を示しながら、ベールに包まれていた彼女の実力。

今巻でようやく明かされることに。これは興奮せざるを得ない!

12巻

漫画データ
タイトル:ザ・ファブル(12) (ヤングマガジンコミックス)著者:南勝久出版社:講談社発行日:2017-12-06

遂に表面化する、ファブルVS宇津帆・鈴木。宇津帆たちを追跡した洋子の身にピンチが?

そしてファブルを両親の仇と教えられたヒナは、ファブルを撃つのか?

ウツボ編も遂に佳境に。正直、こういう展開になるとは全く予想していなかった…。

ウツボ編スタート時のある道具が伏線になっていて、ウマイ構成。12巻全部、緊迫の展開で一気読みでした。