桑田次郎版「ウルトラセブン」―黒色と流麗な線が産む迫力と怖さ

子供の頃ヒーローものの漫画で、ものすごく怖いシーンを見たのが記憶に残っていました。

でもそれが、何の漫画だったかずっとわからなかったのですが、ようやく判明しました。

桑田次郎さんの漫画版「ウルトラセブン」です。

赤・白・黒の装幀が、美しくも強烈なインパクトを放つ電子版の表紙。

全3巻のうちの2巻に自分の記憶に残っていたシーンがありました。

ようやく胸のつかえが下りた感じ…。

スポンサーリンク

概要

「ウルトラセブン」は、1967~1968年にかけて放映された特撮テレビ番組。

そのクオリティの高さから、シリーズでも人気の一作。私も再放送をテレビで見た記憶があります。

漫画版「ウルトラセブン」は「少年マガジン」版と「月刊ぼくら」版の二つがあります。

前者は桑田次郎さん、後者は一峰大二さんによって、それぞれ描かれています。

今回読んだのは桑田次郎さんによる版。桑田次郎さんと言えば有名なのは「8マン(エイトマン)」ですね。

なお「桑田次郎」は旧ペンネームで、現在は「桑田二郎」名義とのことです。

漫画「ウルトラセブン」では作者名が「桑田次郎」となっていますので、本記事ではそれにならった表記にしています。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

収録タイトル

桑田次郎版「ウルトラセブン」の収録タイトルは以下の通りです。

第1巻

  • 姿なき挑戦者
  • 湖のひみつ
  • 金色の龍
  • 海底基地を追え!
  • 北へ還れ!

第2巻

  • 第四惑星の悪夢
  • ウルトラ警備隊西へ
  • 水中からの挑戦
  • 狙われた街

第3巻

  • 栄光は誰のために
  • 超兵器R1号
  • セブン暗殺計画
  • K団地の怪
  • 闇に光る目※
  • ノンマルトの使者※
  • たおせ!アイアンロックス※

本編は3巻収録の「K団地の怪」が実質最終回。

※印が付いている3作は特に説明がありませんが、コピー原稿のような感じで、他の13編とは体裁が異なります。

また3巻表紙のメトロン星人は、2巻収録の「狙われた街」に登場。

3巻では登場しませんのでご注意を。

っていうか2巻と3巻の表紙、逆だよね。

スポンサーリンク

「ウルトラセブン」レビュー

黒ベタが産み出す独特の迫力

昨今の漫画ではほぼ見られなくなった画風。力強さを漫画全体から感じます。

スクリーントーンを使っていないからなのでしょう。多彩な線種と黒ベタから生み出される迫力があります。

と同時に、独特の色気を感じるのが不思議ですね。

ストーリーも少年漫画なので、程よい適当さ(悪い意味ではなく)はもちろんありますが、その中にも社会的なメッセージが織り込まれ、「ウルトラセブン」らしさがあります。

一峰大二版とも共通しますが、ウルトラセブンに「眼」が描かれているのがおもしろい。

ウルトラマンに目玉を入れると変なのに、セブンに入れるとおそろしくなじみますね。不思議。

記憶に残る「怖い回」

さて私が記憶に残っていた怖い回。

2編あるのですが、一つは「水中からの挑戦」、もう一つは「狙われた街」でした。

「水中からの挑戦」では、とある村で「人が溶ける」という謎の現象が起こります。

これがもう怖くって怖くって…。

今見たらそのシーンは少しだけなのですが、トラウマ的なインパクトがありました。

「狙われた街」では、メトロン星人の仕組んだ罠により人々が凶暴化します。

序盤で少女が斧を持って両親を…ああっ!これ以上は怖くて書けない!(笑)

でも今見てもちょっと怖かったです。

これらは桑田次郎氏の「黒色」の描き方から、独特の「昏さ」が生み出されている感じ。

楳図かずお版「ウルトラマン」のバルタン星人回も、ものすごく怖かった記憶がありますが、やはりトーンを多用しない当時の画法、迫力がありますね。

まとめ

というわけで桑田次郎版「ウルトラセブン」、長年気になっていたことがわかってスッキリ!でした。

そして今読むと、古さよりもむしろ新しさを感じる漫画。

おもしろいので気になった方はぜひ読んでみてください。電子書籍版が手に入りやすいですよ。

漫画データ
タイトル:ウルトラセブン1著者:桑田 次郎出版社:グループ・ゼロ発行日:2017-02-28