実録エッセイ漫画「僕が私になるために」―タイで男性から女性になった作者の体験記

これはスゴイ漫画だ…!講談社・モーニングKCから発売されている「僕が私になるために」。

本作は性同一性障害である作者・平沢ゆうな氏自身が、タイで性別適合手術を受ける過程とその後を描いた漫画。

僕が私になるために/平沢ゆうな - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

講談社のWEB漫画サイト「モアイ」でもその一部が試し読みできます。

スポンサーリンク

概要

「性同一性障害(性別違和)」とは、簡単に言うと「生物学的性別と性自認が一致せず、自らの性別に持続的な違和感を持つ状態」のことです(本書冒頭より)。

作者・平沢ゆうな氏は社会人になってから性同一性障害(SID)の治療を開始、約2年半後に身体的にも肉体的にも女性への性別移行を果たします。

本作で中心的に描かれるのは、平沢氏がタイで性別適合手術(SRS)を受けた時のお話。その分野で実績のあるタイに2015年2月に渡航。以後、約1ヶ月に渡る施術・治療の様子をコミカライズ。のち、帰国してから戸籍変更する経緯も少しだけ描写があります。

「僕が私になるために」感想

私は性同一性障害ではありませんが、漫画「僕が私になるために」、大変興味深く読ませていただきました。おもしろかったです。

一番印象深い…というか脳裏に焼き付いたのは、ナニがナニに変わる過程。episode3で詳細に説明があります。

といっても、手術そのものの描写は少しだけ。魔封波(byドラゴンボール)に捉えられたかのように麻酔がかかっていたので、眠っている間に全て終わっていたそうです。

なので説明は代替え品で。厚揚げ・ソーセージ・うずらの卵入り巾着による実演が(笑)。これが男性ならば「んひいぃぃぃぃぃっ!」ってなる内容で、下腹部が「ひゅんっ」てなりますね。

私も割りと深めに泌尿器科のお世話になったことがあり、そこそこ痛い話も持ってるのですが、もうそんなもんの比じゃないですね。勉強になりました。あともう一つ、かなり「痛い」お話があるのですが、それは本編を読んでのお楽しみ☆

しかし手術は長い入院期間の中では一瞬。やはり気になるのはタイの病院の様子。私はタイって行ったことないんですが、暑い・陽気・アバウト、という印象。そんなイメージにたがわない、明るく陽気なタイの病院スタッフがまたおもしろい。

でも漫画では少しおもしろおかしく描かれていますが、やはり大手術。タイで施術を受ける方は、マジメな日本とはまたカルチャーの違う、現地の空気に救われているような雰囲気も感じます。

そんな漫画「僕が私になるために」。全編を読んで感じたのは、知識・理解って大事だな、ということ。やはり男性が女性に、またはその逆に、って本人以上に周囲の人間の頭が追いつかないことがあると思います。でも性同一性障害の方の悩み・苦しみから転換・その後を、知る、理解する。まずはそれが大事なんじゃないかと。私も本書を読んで、今までのおぼろげな理解が前進した気がします。

本書あとがきで書かれていますが、平沢氏はこの漫画を描くにあたり「私からは何も伝えないようにしよう」というスタンスに行き着かれたそうです。確かにデリケートなテーマながら、驚くほど主張は控えめで、ただ淡々と、だけど明るく、経験を描かれているという印象です。

だから読者もまずは気楽に内容を楽しむ、そんな気持ちで本書を手にとってみてはいかがでしょうか。実際におもしろいので、楽しく読めること間違い無し。そして読み終わったあと、きっと心に残ること・考えることがあると思いますよ。

なお本書が紹介されているモーニングのサイトでは、「【僕が私になるためにextra】 性の境界線」としてこれまた興味深いノンフィクションが描かれています。単行本未収録なので、気になった方はこちらもチェックしてみてください。

男性から女性になる過程を描く実録エッセイ! 性同一性障害(GID)の作者が性別適合手術(SRS)を受けるためにタイへと旅立った! しかし女性への道のりは想像以上に“痛かった”!!

漫画データ
タイトル:僕が私になるために (モーニングコミックス)著者:平沢ゆうな出版社:講談社発行日:2016-06-23