「違国日記」1巻―叔母と姪。二人の女性の手探り同居生活

期待して読んだら、期待をおそろしく超えるおもしろさでした。ヤマシタトモコさんの漫画「違国日記」第1巻です。

ある日突然、一つ屋根の下に住むことになった35歳の小説家と、15歳の姪。二人の女性が、不器用にお互いの距離を測りつつ、その世界が変わっていく様が、丁寧な筆致で描かれる漫画です。

スポンサーリンク

「違国日記」1巻レビュー

二人の出会い

少女小説家・高代槙生(こうだい・まきお)。折り合いの悪かった姉・実里(みのり)と、その内縁の夫の交通事故死を知り、中学三年生の娘・田汲朝(たくみ・あさ)と、幼少時以来の再会を果たします。


[ヤマシタトモコ 著 祥伝社「違国日記」1巻より引用]

呆然自失で事故に今ひとつ現実感を持てない朝。コーヒーショップで向かい合う槙生は、彼女に一つのアドバイスを送ります。

「日記を…つけはじめるといいかも知れない
この先 誰があなたに何を言って
…誰があなたに何を言わなかったか」

タイトルにも含まれている「日記」というワード。重要なポイントです。

槙生の決意

翌日、葬儀の席で朝の処遇を相談する親族たち。そこでお約束のように起こるたらい回し

醜悪な空気に業を煮やした槙生。朝に向かって毅然と告げます。

「あなたを愛せるかどうかはわからないが、わたしはあなたを決して踏みにじらない。それでもよければずっとうちに帰ってきなさい」


[ヤマシタトモコ 著 祥伝社「違国日記」1巻より引用]

朝は槙生と暮らすことを選択し、かくして歳の離れた二人の共同生活が始まります。

ここで「たらい」という漢字に関するエピソードが描かれるのですが、ヤマシタトモコさんらしいユーモアがあふれていて、「違国日記」1巻の中でも印象的なシーンです。

歳の差女性二人の同居生活

確執のあった姉の子ども、かつ、血縁で無いかもしれない姪を引き取った少女小説家。

多感な時期に両親を亡くし、右も左もわからぬままに、ほぼ面識の無い叔母のもとへ転がり込んだ少女。

そんな二人が成り行きからはじめた同居。ドタバタするでもなく、ことさら悲壮感を煽るでもなく、淡々としかし丁寧に、「違国日記」ではそんな人間模様が描かれます。

書籍の帯や紹介では「女王と子犬」のような、歪な上下関係を匂わすキャッチコピーが付けられています。が、少なくとも1巻を読んだ時点ではそんな雰囲気は感じませんでした。むしろしっとりとした人間ドラマ

お互いに距離感を測りかねている二人の女性が、ぎこちなくも少しずつその生活を形作っていく。丹念な描写の積み重ねによって世界が構築されていく様が描かれます。

槙生と朝の三年間

「違国日記」、物語の出だしは少しおもしろい構造

槙生と朝の出会いが描かれるのは、実は第2話から。第1話では高校3年生となった朝と槙生が、ごく自然に共同生活を送っている様子が描かれています。


[ヤマシタトモコ 著 祥伝社「違国日記」1巻より引用]

朝の格好や雰囲気・言動。そして槙生への態度を見ると、彼女の生活の落ち着き・充足ぶりが窺えます。彼女が日記を付けている道具がノートからスマホになっていたり、といった変化も。

変わらず仕事机に向かう槙生。一方、二人分の食事を作り、そして仕事をする槙生の傍らで眠りに付く朝。

どのような三年間を経て二人がそこに辿り着いたのか。1巻を読み終えたあとにまた1話を読むと、その過程に俄然興味が湧きます。

槙生の「エポック」

衝撃的な環境に置かれるのは朝ですが、一巻で印象的なのは、彼女を引き取ることになった35歳の少女小説家・槙生の在り方

嫌いな姉の子どもに向かって「愛せるかわからない」と言い切ったり、しかし勢いで彼女を引き取った後に自分が人見知りであったことを思い出したり(笑)。

掃除は苦手、料理も適当、職業柄ほとんど外出せずに家で仕事をこなす彼女。人嫌いなのか?と思わせられるも、実は朝に対する半端のない思慮深さを見せます。

食事に気を遣ったり、日記の書き方についてアドバイスしたり、自分と暮らすことによって与える影響を心配したり。

その接し方は人との距離感を測るのが苦手なゆえか、少しぎこちなさも。ですがふと見せる、朝への柔らかい眼差しが、彼女の本質を物語っています。そんな槙生の様子を見て、読者にもその気持ちや葛藤がズン、と心に響き、染み渡る。

そんな槙生の変化を見た友人・醍醐奈々は、この出来事は槙生にとって「エポック(起点・画期的な出来事)だ」と言います。

朝と同居することによって人生が180度変わった槙生。彼女が今後どのように変化していくのか、目を離せないおもしろさがあります。

綴られる「日記」に期待

というわけで漫画「違国日記」第1巻。繰り返し読みたくなる深み、そして読むたびに新しい発見のある、読み応えのある作品。おもしろかったです。

ヤマシタトモコさんの漫画を数多く読んでいますが、その多くの根底にあるのはユーモア。シリアスな展開が続きながら、ついクスリと笑ってしまう要素が随所にあり、本作も実にヤマシタさんらしい作品です。

エポックの起こった女性と、「異国」ではなく「違国」に来た少女。二人がこれからどんな道を歩んでいくのか。そして朝が槙生に勧められて付け始めた日記。そこにはどんな出来事が綴られていくのか。「違国日記」、続きが楽しみな作品です。

違国日記(1) (FEEL COMICS swing)著者:ヤマシタトモコ出版社:祥伝社発行日:2017-11-08

コメント