「スキップとローファー」1巻―ユニークな地方出身女子高生の真っ直ぐな青春

バラ色の未来を描いて東京の高校へ進学した、地方出身の女子高生。入学初日に素敵な男子と出会い、そして◯◯を吐く。彼女のスクールライフに待ち受けるものは果たして?

ちょっと個性的な女子高生のはつらつ学園ライフを描く「スキップとローファー」1巻。作者は全1巻SF漫画「カナリアたちの舟」の高松美咲さんです。

スポンサーリンク

あらすじ

石川県のはしっこ、駅すらない田舎町から、東京の高校に進学する岩倉美津未(いわくら・みつみ)。大学法学部を首席で卒業、総務省キャリアになって定年後は地元で市長、死後は海に散骨…という完璧な人生設計を描く15歳。

実際に成績優秀で高校にも首席で入学し、新入生代表を務める美津未。意気揚々と入学式に向かうが、初めての電車通学で迷ってしまい、遅刻の危機。

高松美咲「スキップとローファー」1巻
[高松美咲 著 講談社「スキップとローファー」1巻より引用]

そんな彼女に声をかけたのは、同じ高校に入学する垢抜けたイケメン男子・志摩聡介。その手助けもあり、なんとか駅に着いた美津未。入学式に間に合うよう、ローファーを脱いで裸足で駆け出してゆく―。

スキップとローファー(1) (アフタヌーンコミックス)高松美咲:講談社

入学式で◯◯

以上が「スキップとローファー」第一話の前半。この後、新入生代表として入学式で挨拶をする美津未。無事役目を終えたあと、もろもろの悪条件が重なって胃の中身をリバース(笑)。

一躍「吐いた人」として周囲に認識され、理想の高校デビューにいきなりつまずく美津未。しかしクラス注目のさわやかイケメン・聡介に屈託なく話しかけられたことにより、周囲の空気が一変。また違う意味で耳目を集めます。

以後、美津未と聡介を中心に、多感な時期の少年少女の人間関係と成長が、ゆるやかな笑いを混じえながら描かれていきます。

人間関係に苦戦

同級生が一桁数の小さい中学出身ながら、進学校に首席で入学するほどの成績を誇り、将来のビジョンも(彼女なりに)しっかりと持っている美津未。

志し高く高校生活に臨むが、理想のイメージとは異なり初日から失敗続き。周囲との距離の取り方ももう一つピンとこない、というその在り方がおもしろい。

というか、彼女の持つ全能感と周囲とのズレが、共感性羞恥をビンビン刺激する(笑)。自分にもこんな痛々しい時期がなんかあったなぁ…なんて思い至る人も多いのでは。

しかし彼女が持ち前の前向きな心と、聡介ら同級生の手助けで、徐々に人間関係を広げていく様が心地よい。

高松美咲「スキップとローファー」1巻
[高松美咲 著 講談社「スキップとローファー」1巻より引用]

中学時代にはなかった人間関係の難しさを感じ、同級生の何気ない一言に勘ぐるような気持ちが芽生えたりもする美津未。しかし田舎の旧友の助言で、まっすぐな自分の心を取り戻す。

一人、異郷の地で静かに奮闘する彼女の姿に、「ガンバレ!」と思わずにはいられません。

15歳の交流と変化

新生活で築く新たな関係。そこに希望や不安を持っているのは美津未だけではなく、クラスメートも同様。

聡介と親しくする美津未を見て、打算的に友人になるミカ。クールビューティながら気遣いの心を持つ結月。三つ編み+メガネという地味な風貌で、人付き合いが苦手な久留米さんなど。

高松美咲「スキップとローファー」1巻
[高松美咲 著 講談社「スキップとローファー」1巻より引用]

そんな同級生たちと関わっていく美津未。彼女が不器用ながらも素直な心を見せていくことで、関係に少しずつ変化が起きていきます。

ちょっと近寄りがたい雰囲気同士でも、ふとしたきっかけで言葉を交わすうちに、自然と交流が芽生えてゆく。その過程、15歳の少年少女たちの微細な心情の表現が、実にウマイ。

大人と子どものちょうど中間地点にいる彼・彼女らが、ふとした拍子に見せる素直さと成長にほっこり。

聡介の秘密?の過去

そんな美津未の周辺が描かれながら、一方で気になるのは、ふんわりイケメン・聡介の存在。飄々と立ち回り、外見だけではない繊細な心遣いから、クラスメートたちの心を掴んでいく彼。

いるよねー!見た目だけではない落ちつき、地に足の着いた行動が周囲にも伝わり、自然と輪の中心になったり、信頼を集めていく人。

高松美咲「スキップとローファー」1巻
[高松美咲 著 講談社「スキップとローファー」1巻より引用]

そんな聡介、実は触れられたくない過去があるよう。美津未は聡介を「優しいけど、どこかさみしい感じのある不思議な人」と評しますが、その過去が起因となって彼に寂しげな影を落としているのか…?

さわやかな笑顔の下にあるせつない影が、美津未たちにどのように絡んでいくのかが、気になるところ。

まとめ

というわけで高松美咲さん描く「スキップとローファー」1巻。やや特徴的な地方出身女子高生と友人たちとの交流が丁寧に描かれ、さわやかな読後感を残す青春漫画です。

しかし1巻では、美津未が都会の高校に馴染んでいく様が丁寧に描かれましたが、なんとなく、2巻以降ではその人間関係に変化をきたす、波乱の展開が待っているような(想像ですが)。

多感な時期の少年少女たちの言動・感情。うまく回っているときは良いのですが、一つ歯車が狂えばトラブルに繋がるのは言うまでもなく。特にラストで描かれる美津未の思いは、その期待を裏返す展開の前振りのように感じます。このまま楽しい学校生活が描かれるのか、それとも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました