「まどろみバーメイド」1巻―気まぐれな屋台のバーでカクテルを

漫画「まどろみバーメイド」1巻、予想外のおもしろさでした。「パオ」名義でイラストレーターとして活躍している、早川パオさんの初コミックスです。

早川パオさんの流麗な線で描かれる、魅力的な女性バーテンダーたち。連載は芳文社週刊漫画TIMES。単行本は1巻が刊行中です。

「まどろみバーメイド」1巻レビュー

流れの女性バーテンダー

「まどろみバーメイド」の主人公は、女性バーテンダーの雪(ゆき)。その時々で営業場所を変える、屋台のバーテンダーとして活動中です。

ちなみに「バーメイド(barmaid)」女性バーテンダーの呼び方だそうです。

雪の他にも、雪と同居中の騎帆(きほ)と日代子(ひよこ)、二人のバーメイドが登場。

各話で描かれるのは、屋台に訪れるお客と雪との、カクテルを交えたやり取り。そこに時おり騎帆と日代子が絡んでくる、という1話完結形式です。

しなやかなバーメイドの美しさ

「まどろみバーメイド」、素直におもしろい!と思える漫画でした。初コミックスという感じもまったくしません。スムーズな物語の運び方で読みやすい。

第1話「スコール」では、ちょっとアルコールに詳しいオッサンから「焼酎でカクテルを」という難題をふっかけられる雪。しかし動じることなく持ち前の知識とテクニックで、オッサンをうならせるカクテルを作ります。

カッコイイ!

バーテンダーというのはスマートさを感じるお仕事ですが、バーメイドということでプラス「しなやかさ」が加わっている主人公。カクテルを作る仕草からさりげない解説まで、自然体でこなす彼女に惹きつけられます

魅力的なカクテル

雪の作るカクテルも魅力的。高い技術と柔軟な発想、女性ならではの心遣いのこもった、「作品」とも言うべきカクテルの数々が作中で登場。

実は私、アルコールには弱い人間。そんな私でも、雪のカクテルを「飲んでみたい!」と思わされます。ちなみに作中ではノンアルのカクテルも登場。お酒の飲めない方でも大丈夫(?)。

まどろむバーメイドとその仲間たち

そんな雪、仕事の合間合間でウトウトしている。どうやら慢性的に寝不足の様子

ああ、だから「まどろみバーメイド」なのか(笑)

なぜ寝不足なのか?は作中から垣間見えるのですが、なるほど、という理由が。

のほほんとした雪の仲間もユニーク。

生真面目で堅実な仕事をする騎帆、ちょっと尻軽だけど派手なパフォーマンスがウリのフレアバーテンダー・日代子といったバーメイドたち。

キャラが立っていて魅力があります。

【Cyber Mondey】Kindle unlimited読み放題が今会員登録すると2ヶ月99円!(12/11 AM1:59まで)
※キャンペーン適用条件についてはリンク先をご確認ください。

ラストは気になる展開が

というわけで漫画「まどろみバーメイド」1巻。ゲストキャラのちょっとしたドラマを交えつつも、ゆったりとした時間が流れて良い雰囲気を演出。

しかしラストでは雪の心を揺さぶる出来事が起こり、気になる展開が。

最近の漫画は1巻からの引きがウマイですね(笑)。年末には2巻が発売になるようなので、引き続き要チェックです。

まどろみバーメイド 1巻 (芳文社コミックス)著者:早川パオ出版社:芳文社発行日:2017-07-14

コメント