押見修造

ミステリー・サスペンス

「血の轍」―恐ろしくも美しい。息子を溺愛する母の狂気

押見修造さんの「血の轍(ちのわだち)」、1巻のレビューです。 …なんやこれ。スゴイやないか。怖いやないか。 「血の轍」は小学館ビッグコミックスペリオール連載、息子を溺愛する母親の狂気を描くサスペンス漫画です。
ドラマ

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」―スムーズな発音ができない少女の心の叫び

全1巻完結ながら、何度読んでも心の奥底を刺激される漫画。押見修造氏の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」です。 この漫画はできれば予備知識無しで読んで欲しいところですが、読む前にもう少し詳しい内容知りたい、という方は以...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました