「兄の嫁と暮らしています。」―兄嫁と義妹をつなぐ心の絆

大切な人を失った義理の姉妹。明るく、楽しくも、どこか漂うせつなさ―。

くずしろさんの描く漫画「兄の嫁と暮らしています。」。

7月25日に待望のコミックス第3巻が発売されました。

いつも楽しみにしている漫画の一つ。

発売日に速攻読みましたが、満足の読後感。安定感あっていいですね。

というわけで1~3巻を読んでのレビュー。

スポンサーリンク

概要

主人公は高校生の志乃と小学校教師の希(のぞみ)。

二人を結びつけていたのは志乃の兄であり、希の夫であった大志(たいし)。

ですが大志は仕事中に突然死してしまいます。

志乃にはすでに両親もいない、という状況で、彼女との同居を躊躇なく選ぶ希。

「他人だけど家族」。

そんな兄嫁と義妹の同居生活が、「兄の嫁と暮らしています。」ではゆっくり、やさしく描かれます。

連載はスクウェア・エニックスより刊行のヤングガンガン。単行本は現在1~3巻まで発売、以下続刊。

下記より1~3話及び最新話が試し読みできます。

『兄の嫁と暮らしています。』
この世界はきっと、悪い事ばかりじゃない。(ガンガンONLINE)

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「兄の嫁と暮らしています。」レビュー

ユーモラスなやりとり

1・2巻と良い雰囲気で巻を重ねた「兄の嫁と暮らしています。」。

3巻も引き続き全巻までの空気そのままに、なおも安定のクオリティ。おもしろいです。

まず引き込まれるのは軽妙でユーモラスな会話。

今時女子高生の志乃、なんでもできる有能さを持ちながら天然な希、そして志乃の友人たち。

彼女たちが軽いノリで繰り出す言葉のジャブが、読者のボディにジワジワ来ます。

作者のくずしろさんは4コマ漫画も描かれているのですが、4コマ的なテンポなのでしょうか。

軽妙なやり取りが心地よくって、つい笑ってしまいますね。クセになるおもしろさ。

物語の根底にある「悲しみ」

しかし物語の根底に常に流れるのは、兄を、そして夫を失った、二人の女性の悲しみ。

日常の笑いの中に垣間見える、何気ない行動や出来事の中に潜む寂しさ・やるせなさの描写が秀逸で、キュッと胸を締め上げるような感覚を覚えます。

「笑ったあとにふと気づく、一抹のさみしさ」みたいな表現が実にウマイ。

セリフで多くは語らないけれど、表情や目線・仕草でキャラクターの心情を類推させる、いや類推せざるを得ない描き方。

ページを、コマを何度も読み返したくなるその魅力。漫画読みとしてはたまらないおもしろさがあります。

義理の姉妹、その絶妙な距離感

そして志乃と希の距離感の描き方が絶妙。

戸籍上は姉妹だけど、血のつながりはなく、同居の必然性もない二人(同義的なものは別にして)。

「一緒に住もう」という希に甘えるだが、本心では希に幸せになって欲しいと願う志乃。

一方、望んでする彼女との同居だが、それは志乃に亡き人への面影を重ねるがゆえを自覚する希。

そんな二人が日々の暮らしを重ねる中で、傷を癒やしながらまた新たな絆をつくり、少しずつ心の距離を縮めていく。

その様子がゆっくり、あせらず、丁寧に描かれていて、実に読ませます。

笑った後、残り香のようにほどよく切なさが残る読後感を味あわせてくれる「兄の嫁と暮らしています。」、実に稀有な漫画です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、漫画「兄の嫁と暮らしています。」1~3巻のレビューでした。

くずしろさんは百合漫画(女性同士の恋愛を描いた漫画)も手がけられており、本作も百合系統に属するという評価を時折見かけます。

「兄の嫁と暮らしています。」も女性二人が主人公ですが、個人的には百合漫画とはちょっと違うのではないかと感じます(あまり詳しくないけど)。

なので、そっち方面を期待して読むと少し肩透かしを食うかも?

逆に一般漫画の部類に入る方だと思うので、多くの人が楽しめる作品です。

ぜひ読んで、その絶妙な空気に浸ってください。

漫画データ
タイトル:兄の嫁と暮らしています。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)著者:くずしろ出版社:スクウェア・エニックス発行日:2016-07-25