「バタフライ・ストレージ」全4巻―人の魂が蝶となる世界の戦いを描くハードSF

生命の終焉を迎えた人間。その肉体は瞬時に朽ち果て、魂は「蝶」となる世界。

テロリストに妹の蝶を奪われた青年は、それを取り戻すことができるのか―。

独特のSF設定と迫力のアクションでSFファンを虜にした、安堂維子里さんの漫画「バタフライ・ストレージ」。全4巻でひとまずの完結となりました。

スポンサーリンク

「バタフライ・ストレージ」全4巻レビュー

概要

本ブログでも何度か紹介していますが、未見の方のために、バタフライ・ストレージの世界観をざっくりと。

  • 人は死ぬとその肉体は瞬時に朽ち果て、魂は「蝶」となる
  • 蝶は何もしなければ49日で消滅する
  • その蝶を保護・管理するのが、国家機関「死局」(警察組織とは別)
  • 帳は「バタフライサーバ」と呼ばれる、巨大なストレージに収容
  • 蝶は生前の記憶を有し、遺族との面会も可能(ただし記憶は更新されない)
  • 蝶の記憶はビッグデータとして活用され、重大な意思決定「大会議」に用いられる
  • そんな蝶を密売したり、また国家が占有することに反対する組織も存在

というのが、物語のバックグラウンド。

安堂維子里「バタフライ・ストレージ」1巻
[安堂維子里 著 徳間書店「バタフライ・ストレージ」1巻より引用]

その中で主体となるのは、「死局補蝶課特殊補蝶班」に属する部隊員たち。

「死ぬな・殺すな」をモットーに、蝶の回収・保護を目的として活動します。

主人公・百士の戦い

その特殊補蝶班の隊員として活動するのが、主人公の百士。

彼と妹の千里は、14年前に起こった飛行機事故の生存者。

事故現場で蝶を捕獲している一団の中にいた、ボスらしき人物。顔のキズと刀を持つその男に、蝶を「喰われた」千里。

彼女の蝶を取り戻すために、死局員としてその行方を追います。

安堂維子里「バタフライ・ストレージ」1巻
[安堂維子里 著 徳間書店「バタフライ・ストレージ」1巻より引用]

人付き合いが苦手で、仲間たちからもシスコンと勘違いされがちな百士。

涙もろく、コミカルな一面も見せますが、「特殊症例」らしき妹を死局からも隠すため、孤独な戦いを続けます。

誰が味方で、誰が敵か。油断のできない環境の中で、果たして百士は妹の蝶を取り戻すことができるのか、というのが物語の中心軸となります。

唯一無二のSF世界観

百士や、それぞれ事情を抱えた特殊補蝶班の面々。彼らの活躍など、「バタフライ・ストレージ」の見どころ・魅力は多々あります。

その中でこの漫画が唯一無二の輝きを放つ大きな要素は、その世界観。

「人間が死ぬとその魂は蝶になる」という、読み手の世界とは異なる法則が存在する世界。

一見ファンタジー風味ですがその過程には、実は「人類は150年前に一度滅びかけている」という事実が。

そこで人類滅亡を防ぐべく確立されたのが、「バタフライ・ストレージ」というシステム。

故人の知識と経験のパッケージである蝶を保管し、その連携による集合知により新しい世界を築き上げる仕組みです。

安堂維子里「バタフライ・ストレージ」2巻
[安堂維子里 著 徳間書店「バタフライ・ストレージ」2巻より引用]

人類を救い、より高みへと導くのが、「蝶」という存在。しかし蝶を守る人もいれば、その逆の立場を取る人間もいる。

百士たちの戦いと、人類全体に関わる策謀と争い。ミクロとマクロのおもしろさがあります。蝶という存在があるからこそ起こりうる、ストーリーのギミックにも注目。

迫力のアクション

その世界にがっしりと根を下ろした、特殊補蝶班の蝶を守る戦い。

彼らが繰り広げる迫力のアクション・シーンもまた、「バタフライ・ストレージ」の大きな魅力。

百士はもちろん、長身マッチョな女性班長・荒井、格闘のエキスパートにしてドSなメガネ女子・佐川、還暦目前なのに最強に強いオッサン・田中など、ユニークなメンツが揃う特殊補蝶班。

安堂維子里「バタフライ・ストレージ」2巻
[安堂維子里 著 徳間書店「バタフライ・ストレージ」2巻より引用]

「死ぬな・殺すな」を守り、警察とも軍隊とも異なる存在である彼ら。

銃や刀、忍者が使うような武器を駆使し、スピード感あふれる戦いを展開していきます。

そして4巻では、ついに最終決戦を迎える百士と「傷の男」。

無数の蝶と、人々の思惑が錯綜する中で繰り広げられる、百士の最後の戦い。その結末は―。

第一部・完

と、そんな独特の世界観とアクションを見せてくれる「バタフライ・ストレージ」。実は「第一部・完」という形式になっています。

これは決して予定されていたものではなく、掲載誌である「COMICリュウ」のWEB移行など、さまざまな事情が絡んでいるよう。

妹の蝶を取り戻す、という百士の戦いには一応のケリがついていますが、物語全体としては多くの謎や、未回収の伏線を残しています。

安堂維子里「バタフライ・ストレージ」3巻
[安堂維子里 著 徳間書店「バタフライ・ストレージ」3巻より引用]

全4巻を通して読んだ感想としては、4巻終盤の怒濤の展開もあり、一つの物語を読み終えたという満足感があります。

ですが、まだまだ「バタフライ・ストレージ」の深淵を覗いてみたい…!というのも正直な気持ち。

そして4巻巻末では「PART Ⅰ the END.」の文字と、見慣れない人物の背中。そして「TO BE CONTINUED」が。

作者の安堂維子里さんは、「バタフライ・ストレージ」の世界を拡げる方法を模索中とのこと。

それがどのような形になるかはまだわかりませんが、いちファンとして期待して待ちたいと思います。

まとめ

以上、暫定的ですが完結となったSF漫画「バタフライ・ストレージ」全4巻のレビューでした。

個人的にはアクションはもちろん、「生命が終わると肉体は朽ち、その魂は蝶となる」という独特のSF世界観を構築していることに、大きな魅力を感じています。

また新たな、「蝶のいる世界の物語」を読めることを期待して。

↓追記あり。「バタフライ・ストレージ」の新たな展開が発表されました!

バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)著者:安堂維子里出版社:徳間書店(リュウ・コミックス)発行日:2016-12-01

追記

4巻発売から数週間、「バタフライ・ストレージ」に新展開!

なんと月刊誌ヤングキングアワーズにて、『死局特殊蝶犯罪対策室「特蝶」』の連載が開始!

刀を構えるメガネ美女は誰なんだ!そして「バタフライ・ストレージ」との関連性は?

徳間書店から少年画報社に移籍し、まさかの新連載。新たなる「蝶がいる世界の物語」に期待!

コメント