「EVIL~光と影のタペストリー~」全3巻―スポーツ漫画の巨匠が描くサスペンス

「塀内夏子」という名前を聞けば、多くの方はスポーツ漫画を想起されるのではないでしょうか。古くは「オフサイド」「Jドリーム」、近年は「イカロスの山」や「コラソン」といったタイトルの数々。

私も塀内氏の描く漫画は「Jドリーム(無印・飛翔編・完全燃焼編)」「Boy Meets Girl〜マウンドの少女〜」や「塀内夏子短編集」に収録されている「42.195のダフネ」「いつも心に筋肉を」などが大好き。スポーツとそれを取り巻くリアルな環境、そして登場人物たちの熱いぶつかり合いが描かれる塀内漫画。いつも読み応えがあります。

そんな塀内先生がサスペンス漫画を描いていた!その作品がこちら。

「EVIL~光と影のタペストリー~」です。佐藤秀峰氏主催の「マンガonウェブ」に連載されていた漫画が全3巻の電子書籍として2017年4月1日に発売。本記事作成時点では電子版のみの刊行のようです。

というわけで「EVIL~光と影のタペストリー~」全3巻を早速読んでみました。なお「EVIL」は「エビル」ではなく「イーブル」です。

スポンサーリンク

あらすじ

アツトとみずきは都立M高校3年生。絶滅寸前の美術部員である二人は共に美大への進学を志す。

そんな二人はある日、類まれなる絵画の才能を持つエイジに出会う。同じく高校3年生であるエイジとアツト・みずきは意気投合。アトリエで共にイーゼルを並べる仲に。

時を同じくして東京郊外で連続殺人事件が発生。遺体はいずれも頭部を切断されていた。警察は防犯カメラに映る若い男を追う。

そしてエイジの元に、幼き頃に生き別れた兄・レイジがあらわれる。彼らは14年前に起きたとある事件の当事者だった。再会を喜ぶエイジ。しかしレイジにはどこか影があり―。

感想

謎解き主体のミステリーではなく、サスペンスですね。塀内夏子作品と殺人事件の組み合わせ。いろいろな意味でドキドキしました。おもしろかったです。

印象的だったのは高校生3人を描いたまばゆい「光」、それと対比的なエイジ・レイジ兄弟にまとわりつく狂おしいほどの「闇」。二つのコントラストが絡み合い、人間ドラマをくっきり浮かび上がらせる様がとても印象的。

塀内先生がテーマの一つに挙げられている「絵をかくということ」(あとがき参照)。幼少の闇を抱えながらも天才的なセンスを発揮するエイジ。漫画家を目指し、彼に負けじと筆を磨くアツト。東大を狙える頭脳を持つ反面、絵の才能は無いにもかかわらずこよなく絵画を愛するみずき。この三人が真剣に絵に向き合い、そして一つのものを作り上げようとする姿。まぶしいぐらいの輝きが素晴らしい。

それが輝けば輝くほど、昏く、重くのしかかるのが兄弟の闇。幼少時に受けた凄惨なまでの仕打ちと、そこに起因していると思わしき猟奇的な連続殺人。スポーツを題材とした漫画とはまたひと味ちがう、ドラマティックな展開が描かれます。

強いて気になったことを挙げるとすれば、警察関連の描写の軽さ、でしょうか。テーマ的におそらく青年以上をターゲットにしていると思われるので、もう少し重みがあると説得力が増したのでは。またオカルト描写もちょっと唐突感があったでしょうか。

それらも踏まえて、全体的には満足の読後感。塀内漫画の新境地を見せていただきました。あとがきを読むと、作品ができあがるまでにいろいろとご苦労があったご様子。商業漫画の難しさとウェブ漫画の可能性、一人の漫画読みとして興味深い内容でした。

まとめ

以上、塀内夏子氏えがくサスペンス「EVIL~光と影のタペストリー~」全3巻の感想でした。上でオカルト描写に付いて少し触れましたが、描き方自体はすごく恐怖感があり、ベテラン作家さんならではの迫力がありました。次回作はぜひ!ホラー・オカルト漫画にチャレンジしていただきたいところ。

漫画データ
タイトル:EVIL~光と影のタペストリー~ 1巻著者:塀内夏子出版社:電書バト発行日:2017-04-01