「ゴルゴ13」191巻―ゴルゴの窮地と宇宙でのスナイプ

あ、ゴルゴが宇宙へ行ってる!

という表紙が気になって久しぶりの購入。さいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」。191巻です。

って、何気に「191」ってスゴイね!

通常は3話収録の多いゴルゴ13コミックですが、191巻は「1万キロの狙撃」と「流星雨の彼方で」の2本を収録。

それぞれ100ページ強で読み応えのあるストーリー。以下、2編の感想を。

ゴルゴ13(191) (コミックス単行本)さいとう・たかを:小学館
スポンサーリンク

1万キロの狙撃

リビアの指導者を追う米軍の無人機攻撃部隊「サイレント・サンダー」は、誤ってゴルゴ13の乗る乗用車を無人爆撃機で誤爆してしまう。


[さいとう・たかを 著 リイド社「ゴルゴ13」191巻より引用]

重傷を負いながらも、一命は取り留めたゴルゴ。個人的にゴルゴと因縁を持つ指揮官は、独断でゴルゴにとどめを刺すべく、無人爆撃機でゴルゴを追い詰める。

現地女性を銃で脅し、彼女の運転する車で病院を目指すゴルゴ。しかし情報網を駆使したサイレント・サンダーはゴルゴの進路をことごとく阻み―。


ゴルゴはこれまでにも数々の苦境を経験していますが、その中でもベスト5には確実に入るであろう窮地に陥ります。

なんせ、爆撃の影響で腹に鉄パイプが刺さっている!そのせいか、見せる表情もかなり苦しく、弱々しいもの。

しかし生への異様な執着を見せるゴルゴ。決して諦めずに、自分の置かれている状況を冷静に分析しながら、生き残りの道を探る。


[さいとう・たかを 著 リイド社「ゴルゴ13」191巻より引用]

そんなゴルゴの超人性と、無人爆撃機の恐ろしさ、そして最新医療(※当時。本作は2012年作)の組み合わせと意外性のある結末がおもしろい。

でも何と言っても、弱々しいゴルゴが本作の一番の見どころ、とも言えます。

流星雨の彼方で

旧ソ連時代に打ち上げられ、放置されたまま宇宙を漂うキラー衛星。その操作パスワードが偶然発見され、アルカイダ系テロリストの手に渡る。


[さいとう・たかを 著 リイド社「ゴルゴ13」191巻より引用]

テロリストの標的は、国際宇宙ステーション「ISS」。それを阻止するために米国は、キラー衛星の狙撃をゴルゴに依頼。

そして彼が乗るのは、日本のHTV。果たしてゴルゴは、相対速度時速6万kmでランデブーするキラー衛星を破壊することができるのか―。


なんとゴルゴが宇宙空間でスナイプを!と言っても、実はゴルゴが宇宙へ行くのは今作が初めてではありません(自分の知る限りでは、過去に1度あり)。

しかし今作がユニークなのは、ゴルゴが乗る宇宙船が「日本製」であるということ。スペースシャトル時代の終焉を迎えて開発された、無人機だが有人機にも転用可能な日本製HTV。


[さいとう・たかを 著 リイド社「ゴルゴ13」191巻より引用]

それにゴルゴが乗る、ということは、非公式だが日本初の有人宇宙飛行が達成したということに。こういう、「歴史の裏で起こっていた実は…」みたいなエピソードがおもしろい。

宇宙空間でゴルゴが行う高度なスナイプ、そして宇宙ならではの予想外のハプニングにも注目。

まとめ

以上、「ゴルゴ13」191巻のレビューでした。通常よりややボリュームのあるエピソード2編。充実の読み応えでした。

それにしてもゴルゴ13のいいところは、どの巻から読んでもおもしろい!ということ。そしていよいよ200巻まであと少し。今後も期待です。

コメント