「IPPO」全5巻完結―若き靴職人は「いい靴」を追い求めて

オーダーメイドの革靴って作ったことありますか?私はあまり革靴を履く機会の無い人間なのですが、そんな私でも自分に合わせた、自分だけの靴が欲しい!と思ってしまう漫画に出会いました。

オーダーメイドの靴を作る若き職人・一条歩を描いた漫画、えすとえむ氏の「IPPO(イッポ)」です。2017年2月刊行の5巻で完結。スタイリッシュな雰囲気・世界観が印象的な漫画です。

スポンサーリンク

あらすじ

イタリア人の靴職人フィリッポ・ジェルリーニを祖父に持つ一条歩(いちじょうあゆむ)・22歳。12歳の時から祖父のブランド「ジェルリーニ」の下で修行を積んだ彼は、かつてフィリッポが東京で構えていた店舗を新たにビスポーク(注文靴)専門店「IPPO」として開店する。

一足30万円より、客の希望に合わせてつくるフルオーダーの靴。IPPOを訪れる人々は、生活必需品でありながら贅沢品でもあるビスポークに、それぞれの夢と希望を重ねる。祖父の思いを胸に、確かな技術と創意工夫でそれに応える歩。

いい靴とは
美しくあるべきだ
強く 歩きやすくあるべきだ
そして…

「IPPO」感想

「職人」を描いた漫画は数多くありますが、イタリア由来の注文靴職人を描いているだけあって泥臭さよりはオシャレ感の漂う作品。ですが嫌味な感じはまったくなく、洗練された雰囲気が心地いい。

22歳という若さながら、30万円以上の注文靴(ビスポークシューズ)を時に対話を交えながら、プライドを持って作り上げる歩。足元におさまる完成した革靴の感触に満足の笑みを浮かべる顧客。そしてそれを微笑ましく見つめる歩。いい雰囲気。読み手の頬もついゆるみます。

1巻の1・2話ラストで注文者が最後に靴を履く構図。注文者がスッと立って足元の靴を眺めるのですが、靴を細かに描いていないのに「いい靴」であることが伝わる描写。うまいですね。

そんな「よい靴職人」である歩ですが、客のオーダーに応えすぎる八方美人的なスタンスゆえか、時に同業者から「IPPOの靴は美しくない」「ポリシーがないのか」と反発されることも。「いい靴とは何なのか?IPPOの目指すものは何か?」

ネタバレになるので細かくは書きませんが、最終5巻では歩が自身の血縁に靴をつくる様子が描かれます。そして歩が出した「いい靴」に対する答えが素敵なんだなぁ…。静かな感動。全5巻、読んで良かった!と思える漫画でした。革靴を履く人も履かない人も、きっと満足のいく読後感を味わえると思います。おすすめ。

漫画データ
タイトル:IPPO 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)著者:えすとえむ出版社:集英社発行日:2012-12-10