漫画「紅のメリーポピンズ」全4巻―スーパーナニーは今日も逃亡中

漫画家・高口里純さんと言えば個人的には「花のあすか組!」のイメージなのですが、そんな高口さんが「ナニー」の活躍を描いた漫画がこちら。

「紅(くれない)のメリーポピンズ」全4巻。ジュールコミックスから刊行されています。これがまた滅法おもしろかった…!

ちなみに「ナニー」とは母親に変わって子育てをする女性のこと。一時的な保育を請け負うベビーシッターとは区別される職業で、ナニーが活躍するイギリスでは国家資格にもなっているそうです。

ナニー (イギリス) – Wikipedia

スポンサーリンク

あらすじ

ファミレスでさわぐ子どもたちに何かをささやき、一瞬で静かにさせてしまった赤毛の女性。子どもの母親の一人・四ツ葉優子はその女性・吏糸双葉(りいと・ふたば)に声をかける。

夫の実家が名士である優子は、一週間のパーティにしつけのなっていない娘・心奈を連れていくことが不安。双葉の力を見込み、住み込みでの対応を依頼する。

そしてパーティの日、見事な振る舞いを見せる心奈に感嘆する優子。実は双葉は世界で10人もいないと言われる「スーパーナニー」だった。

しかし何やら挙動不審な双葉。彼女はかつてナニーをしていたダナ国王女の首飾りを窃盗した容疑で、国際指名手配を受けている身だった―。

「紅のメリーポピンズ」感想

…というあらすじを読むだけで少しクスリwと来てしまう「紅のメリーポピンズ」。双葉さんの設定からしておもしろいのですが、それはのちほど詳しく。

タイトルは有名な児童文学「メリー・ポピンズ(またはメアリー・ポピンズ)」から。双葉さんの装いからして英国の雰囲気が漂います。各話の形式はスーパーナニーである彼女が行く先々で育児に関わる姿を描く、基本1話完結。

話は戻って主人公・双葉さんの設定がユニーク。イギリスと日本のハーフで独身(33歳)、メガネと口元のホクロがトレードマーク、トップレベルのナニーを養成するイギリスのノーランド・カレッジ出身、上品な佇まいで上流家庭からも信頼を置かれる子育てのスペシャリスト、護身術にも長け、窃盗容疑で国際指名手配中―。

まあ最後の窃盗容疑については、ダナ王国王女クシュリナのイタズラによるもので冤罪なんですが。確かなバックグラウンドを持ちながら決して自分をひけらかさず、老若男女問わず落ち着いた姿勢で丁寧に臨む双葉さん、実におもしろくて魅力的な主人公です。

そんな彼女は指名手配中の身ゆえ表だって行動もできず、その日暮らしでお腹をすかす毎日。たまたま出会った家庭の育児問題を解決することで糊口をしのぎます。

  • 放浪の身で空腹
  • 各家庭で育児の手腕を発揮
  • 決めゼリフ
  • 実は彼女はスーパーナニーだった!
  • はっ、追手が近くに…

というパターンで、育児漫画に「水戸黄門」と「逃亡者」をプラスしたような感じ。このギャップが何とも言えぬおかしさと爽快感を産み出します。おもしろい!

しかし「紅のメリーポピンズ」、決してコメディではなく、基本はマジメに育児に取り組んでいる漫画。双葉さんが向き合う対象は赤ちゃんから20代の「子ども」まで、家庭もごく普通の一般家庭からタレント・旧家・ヤクザ一家など様々。そこで発揮される双葉さんのナニーとしての手腕。子を持つ親として参考になることがたくさん描かれています。

私も1児の父ですが、この「紅のメリーポピンズ」を早く読んでいれば、もっと上手に育児が出来たのかも。特に赤ちゃんや幼児をこれから育てる親御さんには是非見ていただきたい内容ばかり。ご自身もお二人の子どもをお育てになった高口里純さんならではでしょうか。安心感がありますね。

そして双葉さんのキャラクター。落ち着いた物腰と微笑み、そして子どもたちに向ける愛情の眼差しと真摯な姿勢。いつまでもその活躍を見ていたい魅力があります。全4巻と読みやすい巻数なので、ぜひ手にとってご覧ください。というわけで「紅のメリーポピンズ」感想、最後は双葉さんの決めゼリフで締めさせていただきます。

「教育は環境ではございません。人ですわ」

漫画データ
タイトル:紅のメリーポピンズ : 1 (ジュールコミックス)著者:高口里純出版社:双葉社発行日:2013-10-17
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする