「メガロポリス・ノックダウン」―ゲーマー小学生は犯罪都市の夢を見るか

いまやオンラインで対人プレイができるゲームも当たり前になりましたね。私はゲームは好きなのですが、オンラインゲームのプレイ体験は「スプラトゥーン」や「マリオカート」ぐらい。そちら方面にはトンと疎い人間です。

それらオンラインゲームの中には内容の過激性ゆえか、年齢制限のかかっているものもあるようです。

田澤類さんの漫画「メガロポリス・ノックダウン」は、そんな18歳未満お断りのゲームに小学生女子がはまったら…というお話。

スポンサーリンク

あらすじ

小学5年生の鋭美はテレビで見たクライムアクションゲーム(犯罪によって裏社会で名を上げていくジャンル)特集に魅せられ、ゲーム機の購入を決意。親に隠れて部屋の収納スペースにゲームを設置し、18歳未満プレイ禁止の大人気オンラインゲーム「メガロポリス・ノックダウン(通称「メガノク」「MKD」)」のプレイ開始に成功する。

しかしそこは初心者お断りの世界。オンラインプレイの第一歩でいきなり銃撃されたり、やっと入ったチームもプレイヤーレベルの低さからまともに取り合ってもらえない始末。ド素人が生きていくには辛すぎるメガノクで生き延びるために、鋭美はパートナーを見つけることを決意。同じような低レベルプレイヤーとフレンドになる。

そのフレンドは、実はHDDのクラッシュによりメガノクをやり直しているベテランプレイヤー・守(漫画家・30歳)。彼は鋭美が子どもであることにうすうす気づき「ヤバイ」と感じつつも、彼女のプレイヤーとしての成長が気になってフレンドを切れない。守は鋭美がレベル20になったら「袂を分かつ」と決意するがそんな彼の葛藤も露知らず、鋭美は今日もメガノクにログインする―。

感想

レーティング問題など商業漫画としては扱いにくい題材がゆえ、女子高生を主人公にした洋ゲ―あるある日記ならOK…に納得しなかった田澤氏。Webでの自主発表に切り替えるなどの経緯を経てようやく単行本となった作品です(あとがきより)。

女子小学生 meets 暴力ゲーム!! 強盗、殺人、カーチェイスに警官隊との銃撃戦! 現実では不可能な犯罪行為がなんでもできちゃう『メガロポリス・ノックダウン』、通称『メガノク』は世界中で大ヒットの“クライムアクション”ゲーム(オンライン対応・18禁指定)。 そんなハードでバイオレンスなゲームの世界に魅せられてしまい、...

現在はコミックウォーカーサイト等で試し読みができます。読むとわかりますが、スクリーントーンなどは少なめ。おそらく作者お一人、または少人数で作画されていると類推します(違ってたらごめんなさい)。

が、読み進めていくとそんなことは気にならないぐらいおもしろい!絵も読みやすく、各話の構成も無理がない。物語にぐいぐい引き込まれます。

この「メガノク」の魅力は多々あるのですが、その最たるものは主人公・鋭美のメガノクに対するおそるべき執着心。小学生ながらゲームをやるためにあの手この手と知恵を働かせる鋭美がおもしろすぎる。3D酔いを克服するために一輪車に挑戦したり、殺伐としたゲーム世界で生き残るために仲間を探そう!と思いついたり、フレンドに子どもであることがバレないように嘘プロフィールを用意したり…。学校でも成績は良いようですが、その実力が悪知恵にいかんなく注ぎ込まれます(笑)。

もう一つはパートナーとなった守の立ち位置。未成年と知りつつも鋭美への興味(※変な意味ではない)から、つい彼女とプレイしてしまう。しかしそこは熟練プレイヤー。ゲーマーとしてのポリシーをもって鋭美にメガノクの作法をレクチャーする。ゲームへの没入感を高めるためにオートエイム(自動照準)をオフにしている鋭美を、「(プレイヤーとして)見習わねば!」なんて言ってしまう変な生真面目さがおもしろい。

そんな二人がメガノクで生き抜いていく様がコミカルなのですが、鋭美がゲームと現実世界の境界をあいまいに感じるような描写もあって…?ユニークさの裏側に横たわる薄ら寒さ。読んでいるこちらも「ハッ」とするような何かがあります。この「メガロポリス・ノックダウン」の魅力は、おもしろさと背徳感がないまぜになっているところにあるのかもしれません。次巻は秋発売予定とのこと。続きが楽しみです。

【追記】
「メガロポリス・ノックダウン」第二巻を読みました。感想はこちらからどうぞ。

田澤類さんの漫画「メガロポリス・ノックダウン」、完結巻となる2巻のレビューです。未成年お断りのオンラインゲームの世界に踏み込んだ女子小学生・鋭美。ゲーム実況者トラウト鈴木戦の決着、そして鋭美とマモルのコンビにも最期の時が…?

漫画データ
タイトル:メガロポリス・ノックダウン 1 (MFC)著者:田澤 類出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2017-01-23
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする