『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』―Vガンダム後の混沌世界を生きる”塵”たち

映画『機動戦士ガンダムF91』のその後の宇宙世紀を描く、長谷川裕一さんの『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズ。

木星帝国~ザンスカール帝国との戦いを経て、新章『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(ダスト)』全13巻へと突入。Vガンダム時代のさらに先、未知のガンダム世界が描かれます。

なお本シリーズから「クロスボーン」の英字表記が「CROSS BONE」から「CROSS BORN」へと変更。

宇宙海賊の物語から、新世代のクロスボーン・サーガへ移行したことを指し示しています。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』感想・レビュー

あらすじ

リガ・ミリティアVSザンスカール帝国の戦いから16年が経った、宇宙世紀0169年

地球連邦が弱体化、各コロニーの争いが激化し、宇宙世紀のゆるやかな終焉を予感させる混沌の時代へ。

その世界に抗うような「塵(DUST)」の一人、武装輸送団「無敵運送」を率いるアッシュ・キングは、盗賊団に襲われたコロニーで少女レオ・テイルを助ける。

メカニックの腕を持ち「争いの無い世界を作りたい」というレオを、無敵運送で雇うアッシュ。

新体制の仕事第一弾として、フリーの傭兵カグヤ・シラトリから依頼された「連邦の部隊『キュクロープス』による女性2千人輸送計画の妨害」に臨むことに。

激闘の末、アッシュはキュクロープスのリーダー・アーノルドを追い詰めるが、そこに謎の可変MSが割って入り―?

宇宙世紀「末期」のガンダム世界

ザンスカール紛争ののち、地球連邦軍が弱体化。同時に、各コロニーも長期の戦乱で疲弊。

「宇宙世紀がゆっくりと終わり始めている」というのが、『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(ダスト)』の世界観。

そこでは新型MSの開発が困難になり、整備の容易な旧機体やレプリカ、またはそれらのミキシングビルドが戦場の主流に。

またビーム兵器の維持も難しくなり、実体弾を使う武器が増加。必然的に装甲も厚くなりMSのサイズが大型化(というより18m級に回帰)、という兵器事情。

混沌とする宇宙世紀末期「未知のガンダム世界」が、『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(ダスト)』で描かれていきます。

主人公・アッシュの意外なルーツ

そんな時代の終わりに抗うかのように、各所で立ち上がる「塵(DUST)」たち。その一人が『無敵運送』社長のアッシュ

女好きが玉に瑕だが、男気あふれるナイス・ガイ。全く新しい登場人物…と思いきや、実はすでにクロスボーン・シリーズに登場済み

前作『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』で、ギロチンにかけられる寸前に主人公・フォントに救われた少年がいたのですが、その成長した姿がアッシュその人

そこから主人公を持ってくるか!と、意外すぎてニヤリ。本作が『ゴースト』と地続きの世界観であることを強く認識させます。

そのアッシュが搭乗するMS「アンカー」は、額にヒートカッターを持つ18m級の機体。シルエット的にはガンダムを彷彿とさせますが、「ガンダム」とは呼ばれていません。

しかしその内部には「F89」の刻印が。これはかつてのフォーミュラ計画を想起させるものですが、アンカーの正体は果たして?

6回使えて最大3,000円お得!
ebookjapan初回限定70%OFFクーポン

敵となるのは前作の主人公

そのアッシュの前に立ちふさがるのは、ティターンズの流れを汲む連邦キュクロープス。そして彼の命を救ったフォント

前作『ゴースト』で人類滅亡の危機を救うため、クロスボーン・ガンダムX1のパイロット・カーティスらと共に、ザンスカールのキゾ中将と戦ったメガネの主人公・フォント。

しかし『DUST』では、キュクロープスの黒い軍服に身を包む彼。自ら「幽霊(ゴースト)」を名乗り、伝説の機体「ファントム」でアッシュの前に立ち塞がります。

え?なんで?あんなに熱い主人公だったのに???…と思うところですが、フォントには自分なりの「目指すべき世界」があるよう。

彼を「兄ちゃん」と慕うアッシュと、それを跳ね除けるかのような厳しさを見せるフォント。新旧ふたりの主人公たちの交わりが、『DUST』の大きな見どころとなります。

新しいガンダム世界の構築へ

ゆるやかな崩壊へ向かっていく地球圏。その流れを食い止めようと、

  • 争いのない世界を作りたいと願うレオと、その気持ちに寄り添うアッシュ
  • 自身の理想の世界を、権力を利用しても作り上げようとするフォント
  • 自らの力の及ぶ限りで、より良い世界への礎を築こうと、地道な努力を続ける人々

など様々な思惑が交差し、絡み合っていく『DUST』世界。

その中でムーン・ムーンの末裔が絡んできたり、サイコガンダムが出てきたり、クロスボーンの過去作に登場した人物たちが活躍したり、これまでに見られない鬱展開があったり。

混沌とした雰囲気の中、物語中盤では「恐怖」で世界を独裁せんと目論む、新たなボス敵・首切り王が登場。

さらに9巻~終盤では、首切り王に狙われたコロニーを救うための「DUST計画」が描かれていきます。

これまでのガンダム世界の歴史を超えた、「CROSS BORN」の名に沿った新たな世界の構築は、その決着は…?

熱すぎる全13巻!

そんな『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』、クロスボーン・シリーズ最長となる全13巻で完結、大団円を迎えました。

振り返って見ると、ガンダム漫画としては非常にクセが強い本作

無印クロボン~ゴーストまでは、個性の強い長谷川裕一テイストが漂いながらも、あくまでも『機動戦士ガンダム』の延長上にある物語、と捉えることができました。

が、長谷川裕一オリジナルと言ってもよい『DUSTの世界観』は、キャラクター・MS・物語背景など、どれを取っても既存のガンダム作品から大きく外れるもの

正直取っ付きにくさもありますが、読むうちに「なるほど、こういうガンダムもアリかな」と思えてくるから不思議。

主人公VSライバル、軍VS軍の戦争が描かれて来たこれまでのシリーズとは、ひと味もふた味も違うスケールの大きいストーリーに、グイグイ引き込まれていきます。

特にガンダムの主人公らしからぬ熱血っぷりを見せるアッシュと、凶悪なラスボス・首切り王の最終決戦は、圧巻の大迫力。

むしろ「これは長谷川裕一で無いと描けないガンダムだわ!」と思わずにはいられない!

読むと思わず手に汗握ってしまう、「ガンダム漫画を超えた熱血ガンダム漫画」である『DUST』。ぜひその世界に触れてみてください。

きっと大きな「ワクワク」を感じることができるでしょう。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』まとめ

以上、長谷川裕一さんの『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』感想・レビューでした。

シリーズ最長となる13巻で完結した『DUST』。既存のガンダム作品では決して味わえない、手に汗握り過ぎる!ストーリーを味わってください。

シリーズ未読の方は、無印クロスボーン・ガンダムからどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました