一色登希彦版「日本沈没」全15巻―圧倒的なスケールのSFヒューマン・ドラマ

一色登希彦さんの漫画「日本沈没」。1970年代に映画化、さいとう・たかを氏により漫画化もされた小松左京氏の原作SF小説を、2006年に再度コミカライズした作品です。

物理的な「沈没」という未曾有の事態に、日本全体が否応なしに巻き込まれていく迫力のSF・パニック作品。現在は全15巻が電子書籍版で刊行。Kindle Unlimitedの対象にもなっています(※記事作成現在)。

漫画版「日本沈没」感想

あらすじ・概要

東京・新宿の雑居ビル。その地下で突如、異常に熱が高まり、「ビル全体が地面に沈み、飲み込まれる」現象が発生。

ビル地下の居酒屋に居合わせた深海潜水艇パイロット・小野寺俊彦、東京消防庁ハイパーレスキュー・阿部玲子、地球物理学者・田所雄介の三人が力を合わせ、人々は辛くも難を逃れる。

しかし東京の一角で起こった「ビル消滅事件」は、これから日本全体を巻き込む、未曾有の災害の予兆に過ぎなかった…。

…以上が「日本沈没」の発端。これを契機に、

  • ダイナミックなレスキューシーン
  • スケールの大きい天変地異の描写
  • 緊迫感あふれる政治パート
  • 心揺さぶるヒューマン・ドラマ

といった多彩な観点から、文字通り「沈みゆく日本」が描かれていきます。

【ブックライブ】新規会員限定【全作品50%OFFクーポン】もらえます。

「日本沈没」への過酷な道のり

漫画「日本沈没」、まずレスキューシーンなど、局地的に描かれる場面場面の緊迫感がスゴイ。日本沈没の「始発点」となるビル消滅事件はじめ、物語の随所に登場する人命救助シーン。生と死が隣り合わせに存在する現場において、緊張感あふれる展開が連続。

またそれと対象的な、日本全体に関わるスケールの大きな部分の描写がものすごい!迫力。地震や津波などの天変地異から、日本の地下深くで進行する深海の大変動まで、人の手の届かない所で起こる絶望的な「日本沈没」への歩み。「面白い」と軽々しく言えない、そのリアルさが怖い

さらに政治的パートの描写にも大きな見どころが。「確実に大勢の人間が死ぬ」と判った時、果たして政治家はどのような判断を下すのか?逡巡し、多いに悩みながら、国のために「決断」をしなければならない、日本国総理の「政治家としての生き様」は必見。大局的な見地からの行動はやむなしと思いつつも、薄ら寒いものを感ぜずにはいられません。

そんな局地的・対極的な観点が目まぐるしく入れ替わりながら描かれる、「日本沈没」への道のり。確実に起こる破滅へのカウントダウンに、手に汗握ること必至。グイグイ引き込まれていきます。

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

迫真のヒューマン・ドラマ

そして物語の主役は災害ではなく、もちろん人間。その中心となるのは、人と関わりを持たない孤高の潜水艇パイロット・小野寺と、誇りを持ってレスキュー業務にあたる玲子。二人が幾度の交流を経てやがて心を通わせる、ヒューマン・ドラマが描かれていきます。

しかしその関係を揺らすのが、「日本沈没」という未曾有の災害。そして二人の仲を決定的に引き裂く出来事が。小野寺と阿部。心の絆で結ばれながら、運命に翻弄される一組の男女。果たして彼らがたどり着く場所は…?

国土を失うという「日本人としてのアイデンティティ」が揺らぐ、過酷なシチュエーション。その中で天変地異に翻弄されながらも、生に向かって歩みをやめない人々。その生き様、または死に様が、深く胸に突き刺さります。

圧倒的な迫力・緊迫感のある物語

なお本作についてフェアに書いておくと、日本沈没を阻止するために日本近海で◯◯を使うだろうか?という疑問や、原発に関する描写が無いなど、気になる点もいくつか。またラストに対しては賛否両論あるよう。

また漫画としては全15巻で完結していますが、最終ページには「第一部 完」とあり、続きの存在も知りたいところ。

「日本沈没」第一部のその後を描く「日本沈没 第二部」は、谷甲州氏による上下巻の小説が刊行されています。

ただ個人的にはラストも含め、全15巻の内容には満足しました。エンタメとしても災害に対する教訓としても、得るものが大きい漫画。特に序盤1・2巻は、一度読み出すと止まらない迫力・緊迫感が。一度「日本沈没」の世界に足を踏み入れると、きっとその圧倒的な魅力を感じていただけるでしょう。

まとめ

以上、一色登希彦版・漫画「日本沈没」全15巻のレビューでした。地震や数多くの災害に遭遇してきた日本に住む人間にとって、「面白い」の枠におさまらないリアルな漫画です。

現在は電子書籍版での刊行ということで、試し読みがしやすくなっています。さわりだけでも「日本沈没」の世界に触れてみてください。先が気になって仕方なくなる!はず。全15巻を揃えるのはちょっと…という方も、Kindle Unlimitedで全巻が読めるので(※2021年10月現在)、ぜひ一気読みしてみてください。

Amazon公式:Kindle Unlimited

一色登希彦さんの既刊はこちら
Kindle / ブックライブ

ブックライブで「日本沈没」1巻が無料、2~6巻が99円~!10/23まで

「日本沈没」原作小説

小松左京さんの原作小説「日本沈没」は、文藝春秋・角川・光文社などから刊行されています。

文藝春秋より刊行されている小説「日本沈没 決定版」電子版は、10月23日まで各電子書籍ストアでセール価格となっています。

小学館からは谷甲州さんによる第二部を含む、「日本沈没」上下巻・「日本沈没 第二部」上下巻が刊行されています。

※Kindle Unlimitedの対象作品は随時変更される場合があります。ご利用前に、読みたい本が対象になっているかどうかをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました