フィジカルの壁を打ち破れ!漫画「さよならフットボール」全2巻

何か壁にぶつかった時、あなたはどうやってその壁を打ち破りますか?

「さよならフットボール」は、そんな自分ではどうしようもないその壁に、果敢に立ち向かう一人の女子サッカー選手を描いたスポーツ漫画。現在は新装版として全2巻が発売されています。


スポンサーリンク

あらすじ

主人公・恩田希(おんだのぞみ)は、男子サッカー部に所属する中学生。男子も一目置く努力家で、技巧派プレイヤーである彼女。しかし体力差が顕著になる年頃、フィジカルの弱さを理由にチームの監督は希の試合出場を認めない。

そんな希は幼少時に「舎弟」であった少年「ナメック」に再会。男らしく成長を遂げた彼は、他校のサッカー部キャプテンとなっていた。成り行きでナメックに挑発された希は新人戦での対決を決意する。

しかし監督の意向により結局試合に出られない希。そして彼女は試合に出るために「強行手段」を取ることを決意。果たして希は試合に出場し、ナメックに勝つことはできるのか―。

「さよならフットボール」感想

各種メディア化もされた人気の漫画「四月は君の嘘」作者・新川直司氏の描くサッカー漫画。野球やサッカーなど、小学生の間は男女混合で行われることの多い少年スポーツ。でも高学年~中学生ぐらいになると男女の体格差が露わになってきます。

主人公・恩田希はチームの誰もが認める優秀なプレーヤー。しかし男子サッカー部入部の条件が「(女子は)試合に出さない」。もちろんそれは体格差による危険性を考慮してのことなのですが。

「私にはたぶん時間がないんだよ」

スポ小で一緒だった男子達に体の大きさを追い越され、焦りを感じる彼女。自分だけがただ取り残されていく感覚。もどかしさが伝わります。

そしてナメックとの因縁の対決。なんとしても試合に出たい希は試合に強行出場(この過程もまたおもしろいのですが)。テクニックを発揮する彼女。しかしやはりフィジカルの壁に跳ね返されます。

やはり壁は打ち破れないのか?

ここからがこの「さよならフットボール」の最高潮。フィジカルに跳ね返され、そっれが故に「自分自身」を取り戻す。やがて試合を支配していく彼女。熱い展開、そして希の活躍に思わず手に汗握ります。

この「自分の殻をやぶった瞬間」の描き方が最高ですね。スポーツ漫画の醍醐味が存分に味わえます。小さいけれど、皆が信頼をよせる大きい背中。躍動する希の姿に惹きつけられること必至。

まとめ

以上、サッカー漫画「さよならフットボール」の感想でした。全2巻というコンパクトさながら、良い読後感を与えてくれる良作スポーツ漫画です。

「さよならフットボール」というちょっと意味深なタイトルもいいですね。学生時代に仲間たちと過ごす一瞬に漂う、ほのかな寂寥感。青春の1ページです。

そして恩田希の活躍はこれで終わらない!月刊少年マガジンにて連載の「さよなら私のクラマー」で彼女が帰ってきた!高校女子サッカーに舞台を移し、新たな仲間を得た希。彼女とチームの活躍が楽しみです。

漫画データ
タイトル:新装版 さよならフットボール(1) (月刊少年マガジンコミックス)著者:新川直司出版社:講談社発行日:2014-10-17
漫画データ
タイトル:さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)著者:新川直司出版社:講談社発行日:2016-08-17

続編「さよなら私のクラマー」感想はこちらからどうぞ!

サッカーの代表戦って燃えますよね。男子も女子も。特にワールドカップやオリンピック。特段のナショナリズムを持ち合わせているわけではありませんが...