SF漫画「スピリットサークル」全6巻―少年と少女を縛る輪廻の環

水上悟志さんのSF漫画「スピリットサークル」を読みました。2012年から2016年にかけて少年画報社「ヤングキングアワーズ」に連載。全6巻完結済みです。

水上作品にふれるのは「惑星のさみだれ」以来。「スピリットサークル」というタイトルがいいですね。SF心をくすぐられます。

スポンサーリンク

あらすじ

中学二年生の桶屋風太(おけや・ふうた)は、額に大きな傷のある転校生・石神鉱子(いしがみ・こうこ)の背後に「背後霊」の姿を見る。

風太は鉱子に好意を抱き、鉱子も友好的な態度を取るが、背後霊の姿に風太が気づいていることで風太を敵と認識。手に持つ円環「スピリットサークル」で風太を攻撃する。

気を失った風太は過去生(前世)で少年「フォン」として目覚め、やがて鉱子に似た神官と因縁をつくる。

そして現代に戻った風太に、鉱子は冷たく言い放つ。

「あんたには あと7回 死んでもらうわよ」

「スピリットサークル」感想

冒頭から少年と少女のバトルで始まる「スピリットサークル」。予備知識無しで読んだので最初は「バトル漫画なのかな?」と思っていたのですが、それは大きな勘違い。本格的なSFで嬉しい誤算。

過去生の因縁により風太を憎み、彼を付け狙う鉱子。彼女の敵意が理解できず、スピリットサークルの力で前世をたどる風太。7つの人生を体験することでやがて真実を知り、そして二人は―という図式。

この「過去生」がおもしろいんですよね。古代エジプト風だったり、江戸時代だったり、はたまた別次元の◯◯だったり。風太と鉱子だけでなく、現世での友人たちもそこかしこに登場(過去生として)し、「スピリットサークル」の世界が次第に形作られていく感じ。

なぜ風太と鉱子は戦うのか?戦いに決着は着くのか?が気になっていくのですが、途中で当然のように湧き上がる疑問が。「どこかで因縁を断ち切ればいいのでは?現世がそのチャンスではないのか?」

しかししかし、それができない理由もちゃんと用意されていて納得。そしてやがて迎える最終決戦。漫画によっては勢いだけで終わっちゃう作品もあるのですが、「スピリットサークル」はそうじゃない。

それまでに丁寧に築き上げてきた積み重ねが最終局面で収束・結実していく。楽しいことも、それ以上に辛いこともあった「生」の数々が脳裏に浮かぶ。風太と鉱子がたどった「過去生」に思いを馳せずにはいられない、そんな盛り上がりにゾクゾク。

そして特に重要でないと思ってサラリと流していた「アレ」が最後にガツン!と効いたあのシーン、してやられた感じでくやしい(笑)。全てを読み終えたあとは、良いSF漫画を読ませてもらった、という充実が残りました。満足。

というわけで水上悟志さんの漫画「スピリットサークル」の感想でした。全6巻という絶妙な巻数で、無駄なくまとまった感じの良SF漫画だと思います。オススメ。

漫画データ
タイトル:スピリットサークル (1) (ヤングキングコミックス)著者:水上悟志出版社:少年画報社発行日:2012-12-10
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする