「地底旅行」全4巻―地球の中心を目指す迫力の冒険譚

ジュール・ヴェルヌの同名小説をコミカライズした意欲作「地底旅行」。恐ろしくも魅力的な地底の冒険を見せてくれた漫画ですが、最終4巻で完結となりました。

上記書影は2巻。地の底の海で戦う古代生物たち。迫力あったなぁ。作者は倉薗紀彦さんで、掲載誌はコミックビームです。

スポンサーリンク

「地底旅行」全4巻レビュー

19世紀、地底への冒険

舞台は19世紀のドイツ。青年アクセルとその伯父・リーデンブロック教授は、十二世紀アイスランドの本の中からルーン文字で書かれた紙切れを見つける。

十六世紀の錬金術師、アルヌ・サクヌッセンムの手により書かれたそれには、地球の中心を目指す冒険者へのメッセージが記されていた。

秘密裏に探検に向かうことを決意したリーデンブロックにより、強引に探検に連れ出されたアクセル。二人は一路、アイスランドのスネッフェルス山へ。そこで二人は屈強にして寡黙な現地ガイド・ハンスを仲間に加える。


[ジュール・ヴェルヌ / 倉薗紀彦 著 KADOKAWA / エンターブレイン「地底旅行」1巻より引用]

装備を整えたリーデンブロック、アクセル、ハンスの三人は、スネッフェルス山の頂きに立ち、火口を降る。大穴の側でサクヌッセンムの爪痕を見つけ、そこが地球の中心への入り口だと確信するリーデンブロック達。

大穴の底へと歩みをはじめる三人。かくして帰還困難な、地球の中心を目指す旅が始まった…!

以上が「地底旅行」のスタート。以降アクセルの目を通して、リーデンブロックたち三人の地底冒険が描かれます。

小説の世界をコミカライズ

漫画「地底旅行」は、1864年に発表されたジュール・ヴェルヌの空想冒険小説を、大胆にもコミカライズした意欲的な作品。原作未読のため細かい差異は分かりませんが、楽しく読むことができました。

火口から地下に降り、そして海抜0メートルのさらに下へ。頭上に大西洋が広がるという不思議な空間を、ただひたすら歩くリーデンブロック一行。

途中、二人とはぐれて暗闇の中で一人恐怖と戦うアクセル。通信機器も何も無い時代。知恵と勇気だけを頼りにピンチを切り抜けると、一行の前には広大な地底の海が


[ジュール・ヴェルヌ / 倉薗紀彦 著 KADOKAWA / エンターブレイン「地底旅行」2巻より引用]

筏を作り海の向こうを目指すアクセル達。見渡す限り何もない航海の先にあるものは…。

といった感じで展開される冒険の数々。とにかく希望と絶望の繰り返し。人間はアクセル達3人以外は存在しない世界。常に独特の緊張感がつきまといます。

スケールの大きな空想世界の迫力

その中でも惹きつけられるのは、地下世界に広がる広大な空間。もちろんこれは19世紀に描かれた空想の世界ですが、それだけに現代世界では見ることのできない冒険の舞台があります。

作者・倉薗紀彦さんの実直な線が産み出す、秘境の風景。現実にはありえない不思議な世界、そして感じるのは人間の小ささと虚無。「これは絶対助からんやろ…」感があってゾクゾクします。

登場人物はほぼ男子

この「地底旅行」が特異なのは、基本的な登場人物が三人のみで、しかも皆男性であること。カワイイ女の子の登場がヒットに繋がる近年の漫画界において、その剛毅さに惚れた(笑)。

リーデンブロックの義娘にしてアクセルの恋人であるグラウベンという女性がいるのですが、出てくるのはほぼ序盤のみ。

安易に地上の様子も描かなかったところに、地下世界の雰囲気を大事にした徹底ぶりがうかがえます。

物語を支える魅力的なキャラクター

そんな物語を創り上げるのは、個性豊かなキャラクター。


[ジュール・ヴェルヌ / 倉薗紀彦 著 KADOKAWA / エンターブレイン「地底旅行」1巻より引用]

学者でありながら無骨で逞しく、傲岸不遜で変人、しかし飽くなき冒険心と探究心を持つリーデンブロック教授。「教授」という肩書らしからぬ、破天荒な行動力に目を引きつけられます。

そしてもう一人、無口で無表情だが、強い意思と着実な実行力を兼ね備えた大男・ハンス。無謀とも言える冒険ですが、静かで圧倒的な雰囲気を持つハンスの存在が、不思議な説得力を与えています。

地上世界に生還できるのか?

帰還の難しい、地球の中心を目指す旅を続ける一行。幾度もの危機・絶望を乗り越え、辿り着いた先にあったものは…?

最終4巻はスピード感あふれる展開。迫力のある、最後の冒険が繰り広げられます。

果たしてリーデンブロック一行は、再び地上に戻ることができるのか?結末はぜひ本編でお楽しみください。

異色の冒険漫画

というわけで漫画「地底旅行」全4巻、近年の漫画界においては稀有とも言える特異な漫画。通して読むと、よく完結させたなぁ、というのが正直な感想です。

しかしその内容は実に魅力的。宇宙でもない、異次元でもない、かつて人々の空想の中にあったであろう、地下世界への大冒険へ導いてくれました。まだまだ世界には冒険がある!と感じることしきり。

リーデンブロック教授の飽くなき探究心と強い意志が、読み手の心に熱い気持ちを残しててくれる。冒険心あふれたおもしろい漫画です。

地底旅行 1 (ビームコミックス)著者:倉薗 紀彦出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2016-03-25

コメント